住まい・インテリア

クソ高いので、未だにLEDは使ってないが

2012年06月14日
(クソ高いので、未だにLEDは使ってないが)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120614-OYT1T01002.htm

・何だかLEDを使わないと国賊!のように言われる昨今なので、私とてそれはもう早いうちに電気屋に行きましたわサ!ところが電気屋もセールストークが出来てない。「電気代がゼンゼン違います!」の一点張り。で飾ってあるLEDを見てみると、直感で「何だか暗いなぁ」って感じ。値段もバカ高いので購入を止め、未だに懐かしい蛍光灯を使っている。(風呂場なんか、なんと昔懐かしい100ワット白熱球ですぞ!)

・で、やっぱり私の直感どおり、LED電球は大チョンボをしていたという読売のhttpを。

・「消費者庁は14日、『白熱電球60ワット相当』などと表示したLED(発光ダイオード)電球が表示よりも暗いとして、販売元の業者12社に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。製品の大半が半分程度の明るさで、(解説:話半分ってのは、詐欺ではないのか?)中には3分の1以下の光量しかない製品もあったという」

・「同庁は『ワットは消費電力の単位で、LED電球を選ぶ際は、光量の単位のルーメンを基準に選んでほしい』と呼びかけている。違反が見つかったのは、12社が2009年9月以降に販売した54種類のLED電球。違反した製品の売上高は計約8億円に上る。白熱電球60ワット型の明るさは810ルーメンだが、中には250ルーメンしかない製品もあったという」・・・

・ほらほら、電気屋のオッサンが自信無さそうに捲くし立てていたのには、こうした背景が有ったのだ。それでこの12社ってのは、まさか東芝とかパナソニックではなくて、家電量販店のことなんだろうが、それにしても長年「ワット」に慣れて来た身にとって、「ルーメン(ラーメンじゃない!)」とか「ルックス(チャンネェの見た目じゃない)」とか、いまいちピンと来ないのでネット上をフラフラしていたら、沼津の小林幹夫さんって方の解りやすい解説が有ったのでご紹介。

http://mbp-shizuoka.com/denkiya/column/1952/

・「蛍光ランプは何ワット、電球も何ワット、LED電球は何ルーメン、明るさは750ルックス・・・私たちには当たり前の「単位」。みなさんには、よくわかりませんよね。なんのこっちゃですよね。最低限、ワット(W)、ルーメン(lm)、ルックス(lx)は知っておきたいです」

・「ワット(w)は、明るさの単位ではありません、消費電力の単位です。テレビ100w
冷蔵庫60w、なんかと同じです。ルーメン(lm)は、光束といい、光源(ランプなど)から出てくる光の量のことです。ルックス(lx)は、照度といい、ランプ等から出てきた光がある面に(例えば作業する机の面)どのくらい注いでいるかを表しています」

・「LED電球はワットではなく、光束ルーメンで売っていますので、白熱電球との対比です。電球20w相当=170 lm、電球40w相当=325 lm、電球60w相当=485 lm、電球80w相当=810 lm、電球100w相当=1520 lm・・・以上は、白熱電球口金E26との比較です。小さいクリプトン電球は少し違います。以上の基準で購入されるといいです」・・・

・とすると、パソコン部屋も寝部屋も810ルーメンLED電球、風呂場は1520ルーメンLED電球ってことか?ま、参考にはなったが、省エネエアコンと同じで、①あと頑張っても20年生きるとして、②買い換えないほうが結局は得なのではないか?と爺は思ってしまうぞえ?LED電球、たかが電球のくせに高すぎると思われません?

眼下の敵(災難)

2010年4月19日

・とうとう背中へ来た!背中がパンパンに張って寝返りが打てない激痛だから、1年数ヶ月ぶりに近所のマッサージ院へ通う羽目となった。原因は一つしか無い。今年早々から活躍し始めた階下のオンバァだ。以前のブログには書いていたが、ココログでは初めてなので経緯をカンタンに。

・63歳からの生来初めての公団住まいは約4年間、「今まで何で持ち家に拘ったんだろ?」と思わせるほど快適なものだった。古い公団ゆえ樹木も大きく、すぐ南に広がる淀川堤からの風も心地良い。「フム、終の棲家として悪くないワイ」などと嘯(うそぶ)いて居たものだ。そこへ、大人しい娘さんに替わり、アラセブンのオンバァの登場で有る。

・或る深夜、傍若無人のラジオの大音響で起こされた。私は元々大男で肥満ゆえ、腰が悪いのである。だから53歳で0.1tを超えてから14年、仰向いて寝ていると①無呼吸症候群になる、②腰が痛くなる、という理由から、横寝専門で器用に夜中中寝返りを打って心地良い位置をキープして来たものだ。そこへ枕を突き上げるラジオ音である。

・オンバァ本人にも掛け合った。しかしどう見ても変なオンバァである。完璧に攻撃性老人性痴〇症が窺える。公団事務所なんざ逃げの一手で、『ナントカの蓋』にもならない。淀川堤を深夜走るオートバイの音が高層階に反響しているのに、「超音波攻撃で命を狙われている!!」と、深夜110番相手に喚きたてる声が突き上がって来るのだ。

・おまけにオンバァはその階下からの『超音波攻撃』だと思い込み、何かでゴンゴンゴンゴンと床を叩くようになった。その音が上がって来る。その階下は私の飲み友達で、イイひとが出来て民間アパートを借りて帰っていない。超音波攻撃はおろか、テレビのスイッチも入れていないのだ。

・年を重ねると、美味い酒かっくらってパッタリ寝ることだけが贅沢になる。それが枕に耳を付けられないのだ。昼間寝ているんだろう?夜中中パタパタと活動して、喚いて床をゴンゴン叩く!毎晩それをやられて御覧なさいな、コチトラ胸の上で手を組んでいないだけで、死んだ人のように真直ぐ上向いてしか寝られなくなっちまった!

・結果、寝返りを打つ時悲鳴を上げるほど背中が張ってしまった。マッサージ師二人が「えげつない!パンチが効きすぎてます!」と驚嘆するほど、パンパンに張っているのである。オイオイ!キチ〇イババァめ、テメェが超音波攻撃で死ぬのは構わんけんど、オイラを道連れにするのだけは勘弁してくれろ!

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト