ウェブログ・ココログ関連

『大阪の妹』四十九日

2018年08月16日
(『大阪の妹』四十九日)


・私は.「関西人ではない」ので、「『四十九日』とは、故人が亡くなった日から数えて49日目=8月16日がその日」だと信じて来た。6/29日の『大阪の妹の衝撃死』からホント長かった。前回投稿したように、「涙と酒の海にポッカリ浮かんでいる」ような、虚ろだが辛い日々だった。


・しっかしま、夕方腹が減って、「うぅん、ほぼ出前専門のような『あの寿司屋』なら、お盆の15日もやっているのではないか?」と狙いをつけて出掛けてみたら、大正解だった。お盆に「子や孫が来るお宅」では、出前寿司が『おもてなし』だろうと読んだ次第だ。


・「おう!お盆にやっている食い物屋は、大阪風来坊にとって『神か仏』だぜ!」と大将らを喜ばせ、「チャイナ産・冷凍うなぎ」候の『うな重』を食った。不味かったが、『じゃがいもサラダ』と『ビール』と『そのうな重』で、腹は満ちた。勿論此処も、亡くなった『大阪の妹』の紹介で、数え切れないほど二人で通った。


・その帰り、「マスターの所へ行ってやるか」と思ったが、信号が『赤』に変った。この信号は長い。右折して大通りの歩道を自転車で走りながら、同じ通りなので「6/29の昼、反対側の歩道を反対側の『大橋』にひたすら向かう『大阪の妹』の幻」を観てしまった。


・気がついたら「慣れた交差点」だった。信号を左折して渡ったら、『大阪の妹』の団地前に行く道だった。慌てて1本目の四つ角を左折して右折。『マスターの店の行灯』が遠くに見えるのを確認して自転車を漕いだ。危うくまた、『死神の罠』に嵌るところだった。


・マスターの所へ着くと客は『いつもの散髪屋の大将』独り。この人は【村田英雄】ばかり20曲は唄う。「しゃぁない!」と定席に座ると、マスターが「惜しい!今まで『ママ』がそこに座ってた、遅い!」と言う。今体調不良で私も心配している『ご近所の鉄板焼き屋』の美人女将のことだ。


・「だったら、携帯に電話して来いよな!」と内心忸怩としていたが、京都人のマスターの追い討ち。「四十九日は、前日を1としますやろ?今日があの子の四十九日だから、『ママ』も顔を出してくれましたねん」・・・女将は「四十九日で転生したら、あの子は『花』になればいい」と言ってくれた人だ・・・ナヌ、知らんぞ!


・そうしたら、私に「姐さんは60歳で死んでたかも知れん。68歳まで生きた姐さんの最晩年は、兄さん(私のこと)で笑いに包まれて幸せだったと思う」・・・と言ってくれた『マスターの想い人』も登場。更にマスターから『出禁』になっている『おっさん(71歳)と彼女(67歳)』まで現れ、マスターも「四十九日だからいいか?」という度量。あと『止めた散髪屋夫婦とその愛人婆』など、ワケが分からん客ら。


・特にその『出禁彼女』には「ワンワン」と泣かれて、私は「関西風カウントだなぁ」と思いながら、その「優しい心根」に貰い泣き。戻りの自転車で、「違うと思うけんど、帰ったら記事にしなきゃ」と、その流れで今キーボードを操作している。


・日付が変わって『8月16日』、私の四十九日カウントの日だ。『大阪の妹』の転生は、「二人が慣れ親しんだ『公団バス停背後の大きな桜』の一輪」であることを私は望んでいる。毎年、若葉に覆われ、「兄さんは今年も元気なんだ!」と開花して、その後青葉で私を元気付けてくれればいい。 私の望み通りの「『大阪の妹』の転生であって欲しい」と願う。


・因みにこの「病んだ日本」では、毎日「100人強」の自殺者が出ているという。これはもう『戦争状態』なのだと断言していい。しかもその「死にたい!」という脳のスイッチは、「何が原因なのか」さっぱり解らないままの状態なのだ。


・あの日あの時、「パニックで手首や頚動脈を切る!」という私の臆病判断が、マスターの「合鍵で鍵を開けるよ!」というのを制止した痛恨を、私は残り少ない人生、背負って行くことになった。


昨日久々に『546PV』:ページビュー達成!

2018年03月09日
(昨日久々に『546PV』:ページビュー達成!)


・毎日ブログを書いていると、読者の皆様の動向が分かって来るが、


(1)毎日6~7記事書いて、PV(ページビュー)は300~360ほど。
(2)PVが400を越えることは稀である。


と、達観して書いている。ただ7日(水)はPVが490で、UU(ユニークユーザー=個別訪問者)が172だった。中々の成績であるが、今は「確定申告書類の作成中」の合間合間に投稿しているので、昨8日(木)なんざ6記事の投稿だった。

・ところがである。結果は(1)PV=546、(2)UU=181 であった。「181人の個別訪問者が、大体一人『3記事』を目通ししてくださったことになる。何にせよPVが500を越えるのは稀で、半年振りか?


・読者は圧倒的に20歳代が多い。昨8日なんざ、『67%』が20代である。これを「75歳の老ブロガーが、若者を啓蒙している」と捉えるのか、「『織伊友作の時事巷談』は、オトナにはウケない」と捉えるか、判断が分かれるところである。


《昨8日のPV年代別グラフ》


Gurahu


先ずは150万PV達成の御礼!!

2017年10月04日
(先ずは150万PV達成の御礼!!)


・9月29日の深夜ってより9月30日を跨いでいたか?私のPCが昇天した。1ヶ月ほど前から、WIN-10の立ち上がりが段々悪くなり、この1週間は立ち上げに1時間から1時間20分、右手人差し指が突き指になるほどHPパソコンの押し込みボタンをオン・オフしていた。


・ココログ=【織伊友作の時事巷談】のPV(ページビュー)カウンターは149万8000件を越えており、「こりゃ、150万達成の瞬間は見られんなぁ」と落ち込んだ。


・身分相応に『中古機』とは言え、WIN-7機(デスクトップ=本体だけ)は50000円はする。「10月13日の年金振込み日まで、テレビ爺を続けるか?」と、9月30日だけゴロゴロしていたが、テレビは『血の抗争』と言ってよい野党の『仁義なき戦い』を伝えている。ブロガーとしての血が騒ぐ。


・恥を忍んで昔の友人=〔愛知県の中古PCと提案ショップ社長〕の携帯に電話して相談した。彼は快く「請求書払い」受けてくれて、「信頼出来る担当者」まで紹介してくれた。そして本日10月4日・午後3時にPC本体が届いた。「飛べない鳥=キウイ」のようになっていた私の『ブロガー復活!』である。


・ところが「幸せ」はそんなに簡単にやって来ない。NECがPCを製作していた最終章のPCだから、小型でWIN-7の立ち上がりもスムーズ!ところが私愛用の『三菱17インチ・モニター』が真っ暗なままなのだ。携帯で担当者と長電話し、「何だ!モニターの電源が抜けていた!」などのフェイントも有ったが、結局15年も頑張ってくれたモニターも昇天していたのだ!


・今、殆ど使っていなかった『e-yama15インチ・モニター』で記事を書いている。「三菱の19インチ・モニターでも、8000円くらいですよ」と担当者は言ってくれるが、ドッコイその前に、『office2013パーソナル』を買わなければならない。PCやモニターが壊れると、1円も稼げなかったブロガー爺は大変なのだ。


・そんなことで、ココログ=【織伊友作の時事巷談】のPVが「150万達成!」という事実は、本日確認できた。2010年4月4日の『大阪の丼モノ』から始まって7年6ヶ月。投稿した記事数=11000件余。150万PV÷7.5年÷365日=548PV/日なのだ。


・これも偏に「読者の皆様」のお陰である。しっかしま、派手派手しく「150万PV!」「150万PV!」とイラストレータで絵を描く気にはなれない。最初の何年間、よくコメントを下さった方々(内容から、明らかに私の先輩諸氏)もパッタリ音沙汰がない。次々と旅立たれたのだろう。


・シンミリと、何故かもの悲しい『150万PV達成』の2017年10月04日である。

今日は外出で、ブログが疎かになります

2016年04月18日
(今日は外出で、ブログが疎かになります)


・昨年12月8日(火)に、全員が新卒入社した外資系コンピュータ販社の4人が集い、時間も忘れて大騒ぎした。私が28、29歳と大阪に居た時、お世話になった愉快な先輩方だ。


・外資のことゆえ、恐らく一番後輩の私だけが『ゴールド(金)バッヂ』だったと思うが、爺になればそんなこたぁ今や昔。1.広島から2期生、2.京都から3期生、3.大阪南西部の岬町・深日(ふけ)から4期生、4.そして私が5期生、要は私が「パシリ」なのである。


・今から天神橋筋の、日本一長いアーケード街まで出掛け、丁度「天5」辺りの【春駒・南店】で安くて美味い寿司を腹一杯食って来ます。


・ブログの本格投稿は、夜9時過ぎ頃からになりますので悪しからず。

今日はブログを書けませんでした

2016年04月05日
(今日はブログを書けませんでした)


・ったく釣られてwin10にしてから碌なことが無い。73歳にもなって「先を見た」私が馬鹿だったのだろう。日課にしているココログは「win8.1までの対応」だと後で知ったから、読者の皆様に、1.小文字だけの蠅か蚊のような迫力の無いブログをお届けするのは情けないし、2.第一「画像の挿入が出来ない」ってのは致命傷である。


・YouTubeに代表される「画像の現代」に、クソガキの頃の国語の教科書のようなノッペラボーのブログを「サラリーマン集団」の@ニフティに身を委ねている訳には行かない。だから当然私は「win7」へのグレードダウンを試みたのだ。結果は「文字入力が出来ない!」という報復を喰らった。文字入力無しでは「ブロガー」として生きて行けない。だから泣く泣くwin10に戻した。


・しっかしま、@ニフティの「win10への対応」は、全く期待出来ない。「夏頃なのか?」「秋なのか?」は貴方任せである。だから私は、GOOGLE記事を読み漁り、「稀に文字入力が出来なくなる解決法」も探し当て、イチかバチかの「再びのwin7へのグレードダウン」を本日昼前に試みたのである。


・結果は無残や!「win10のパワーアップ、コンピュータの初期化」を喰らったのである。マイクロソフトが目の敵にしている「ADOBE社」の、1.イラストレータや、2.フォトショップが消されることは覚悟していたが(プログラムCDを持っている)、まさか「Out Look」までやられるとは想像していなかった。


・winXPサポート終了時、一生懸命「メール履歴のバックアップ」をしたが、読めないファイルになって未だ読んでいない。しっかしま、「結構人気者のこの爺」にとって、1.それからのメール履歴うん?千通は諦めるとしても、まさか「メールボックス=アドレス帳」まで消されるとは思わなかった。


・73歳になって、「こんなに焦ったこと」は無い。毎月、私の生存証明として、1.新卒入社の会社の諸兄、2.何となく繋がりが有る諸姉、3.幼馴染やお客様など、170人チョイに『蘊蓄(うんちく)メール』をしている私である。「メールアドレス帳」が消えては、精神的に路頭に迷う。


・即刻律儀な方々に「ToやCcそのままの私からのメール」の返信を頼んだ。その宛先から「右クリック」すればメアドが知れたのだ。ところが「個人プライバシー」なのか、win10では単に「名簿に過ぎなかった」のである。律儀な方にはお礼の返信をしたが、正直「途方に暮れた」今日である。


・ところが僅かに生き残った「受信メール」の中から、その殆どが「復活出来る」目途が立った。win10にアップグレードする前だったか、「そのまんま返信してくださった方々」が役に立ったのである。その返信には、生々しく「宛先名とメアド」がクッキリ残されていた。


・本日は勝手ながら、そんなことで「社会的関心」を持つ余裕もない、「ドナルド・トランプ」状態だった私である。明日は何とか「メールアドレス帳」復元に全力投入してみようと思う。そんなことで、本日は「ブログが書けません」でした、スミマセン。明日は3,4件は書こうと思っています。重ねてスミマセンでした。

お蔭様で100万PV達成!

2015年04月15日
(お蔭様で100万PV達成!)

Photo_2


・友人がコンサルタントをしていたご縁で、〔プロチュア〕なるサイトでブロガーとしての訓練はしておりました。1.可能な限り毎日投稿すること、2.戴いたコメントには(英文はご勘弁、罵詈雑言は削除)必ず返信すること、3.短くても自分の見解(診立て)は示すこと、4.立ち位置(旗幟=因みに私は「保守」です)は鮮明にすることetc.を学びました。


・その〔プロチュア〕が閉鎖され、〔ココログ〕という名称は好きではなかったのですが、@niftyがプロバイダーだったご縁で、その〔ココログ〕に初めて投稿したのが「2010年04月04日」、『大阪の丼モノ』という他愛も無い話でした。(因みに大阪は他郷人の私からすれば変わっていて、ドンブリは「丼」ではなく、「丼ぶり」と皆書かれています。ある店でそれを言ったらキョトンとして、「でも丼だけではドンですやろ?」と言った大将の顔が忘れられません)


・「5年と11日」かかりましたが、読者の皆様のお陰です。(PVとは「ページビュー」のことで、閲覧だとお思い下さい)私の投稿記事が「100万回閲覧された」ということです。ひとつの目標であったこと、区切りであったことが達成出来て、感謝感激です。


・2008年5月の「4次がんバトル」から今日まで、丁度私の「がんの寛解期」だったのでしょう。せっせと投稿することが出来ましたが、『3がん4バトル』で天も勘弁して下さるのかと思いきや、この4月20日入院、4月28日退院予定の「5次がんバトル」に出征します。2000年11月の「1次バトル」からもう14年半近く、「がんバトル」をやっています。その「20日入院」までに、何とか100万PV達成を!という思いも強く有りました。


・生還する積もりですが(アチコチの行きつけには、「前の歩道を俺が匍匐前進して通って行ったら、『死んだ!』と思ってくれ」と言いふらしてあります)、生還後の「自宅療養?」の合間に、【がんの貴方へ 腹が据わる山頭火の句集(仮題)】の執筆を本格的に始めます。2008年の「3次・4次バトル」の折、私に添ってくれた『村上護氏編 山頭火句集』の入門編も兼ねています。その「山頭火研究の第一人者」であった村上護氏(私と同年)が、2013年06月29日に逝ってしまわれたことも、何か私に「使命感」を下さったような気がしております。


・勿論『織伊友作の時事巷談』は続けますが、ペースダウンすることは否めません。「次は200万PV」などと大それた思いはありませんが、コツコツと書いて1PVずつ、また積んで行こうと思っておりますので、末永いお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。先ずは100万PV達成の御礼まで!有難うございました。


・Ps;腹を括って5次バトルに出征する「折れない心」を作ってくれた〔3がん4バトル〕の闘病記:【生還へのフォアボール】を、宜しかったらお読み下さい。338Pの厚く、熱い本です。

Photo_3

明けましておめでとうございます

2014年01月01日
(明けましておめでとうございます)

Photo

・読者の皆様、新年明けましておめでとうございます。昨年は弊ブログに親しんで戴きまして有難うございました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

・昨年はこの能天気な私も、1.大阪の酷暑と、2.いい加減な薬の服用が祟って、「死んでいく時ってのは、こんな気分なのか?」と思うほどの体調不良を、生来初めて経験致しました。

・幸い近所のクリニックのドクターのお蔭で助けて戴きましたが、1.酒呑童子の再来か?という私も、がん闘病以外初の禁酒と、2.毎日の点滴のお世話になりました。

・入院点滴は、長期の場合は左鎖骨下に「点滴注ぎ口」のIVHを、短期の場合でも手首にIVHを作りますが、毎日の注射針を刺しての点滴は大変でした。36回が終わり、37回目には私の体(血管)が拒否反応を示して、どうしても針を刺させませんでしたので、私からドクターに、「命を救って戴いて有難うございました。これでヨシとしましょう」と終了をお願いしました。

・禁酒は、死んだ人の転生する「49日」と同じ日数でした。「よっしゃ!これで転生した!」と、年末の美酒に酔い痴れる毎日でした。

・しっかしま、昨夜も小さなスーパーに買出しに行き、自転車を停めて突いた左膝が抜けて踏ん張れず、自転車もろとも思い切り転倒しました。元スポーツマンの本能で頭は打ちませんでしたが、庇った首の右側の筋肉と、打った左のケツが痛いこと痛いこと!

・若さにまかせて、山寺の急階段をうさぎ跳びで上がったり、無理に無理を重ねた体が、年齢を知らせています。12月06日から再開した酒の美味さに、心は若い頃に戻ろうとしておりますが、年が改まった今年こそは、(今まで不似合いだと設けたことが無かった)「休肝日」なるものを設けて、老残の美酒を楽しもうと思っております。

・本年も、【織伊友作の時事巷談】と【織伊友作のがん患者への応援歌】にお付き合いくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

これって、おかしくね?:ココログのアクセス解析

2013年12月13日
(これって、おかしくね?:ココログのアクセス解析)

Photo

・2013年12月13日、午後9時現在で、1.【織伊友作の時事巷談】=614,308アクセス、2.【織伊友作のがん患者への応援歌】=71,182アクセス、合計では685,490アクセスと、〔@nifty・ココログ〕さんにはお世話になっているので、もう「毎度お馴染み」になってしまっている「トラブル」には目を瞑って、ココログを続けている私である。

・正直、「別のサイトに乗り換えようか?」と思わなかったと言えば嘘になる。一時、「これまでの累計アクセスカウントはゼロになる」という通達が垣間見られた時には、「よっし!ゼロになるなら心機一転!」も考えた。しっかしま、「ココログスタッフ」の頑張りで、「累計カウンター継続」が発表された以上、乗り換えるのは非情だ。

・でも読者の皆様には、掲示の円グラフをご覧戴きたい。左の〔年代別〕で、1.30代=40.6%、40代=38.2%とあるのには、「パソコンからのページビューが圧倒的」なことから頷ける。

・では右の〔性別〕はどうか?1.男=2.4%、2.女=97.6%にどう思われるか?私はクソガキアイドルではなく、71歳の老人である。しかも、多分に書き方も過激であるし、口調も伝法である。特に【織伊友作の時事巷談】は、女性には少し敬遠される「政治話」が殆どである。

・「推測」との但し書きはあるが、この「男=2.4%、女=97.6%」の分析に対し、残念ながら私はキャーキャー喜ぶミーハーではない。正直、信用出来ないし、胡散臭い思いで一杯である。当然、このまま「ココログスタッフ」宛にメールを入れておくが・・・

無礼なコメントは削除

2013年06月28日
(無礼なコメントは削除)

・ブロガーってのは、1円にもならないことは周知の事実。だから「喧嘩を売られる筋合い」はないし、「無礼なコメント」にイチイチ丁寧に対応する必要はない。

・反論コメントも、衆目に値するのなら掲載もするが、言葉使いも文法も知らないようなものは「削除」することにしている。ブロガーの唯一の特権である。削除された方は悪しからず!

私事ながら、本日は私の父の祥月命日

2013年05月11日
(私事ながら、本日は私の父の祥月命日)

・今日は、1983年に88歳で逝った私の父(生まれは日清戦争戦勝の、明治28年である)の祥月命日である。逝って30年の彼方である。懐かしい父の思い出を、拙著:【生還へのフォアボール】の22Pと159Pから。

・「1・3:酒、たばこ、美食の果てに・・・私の酒は、日本酒から始まった。木製で、中が銅板(アカ)貼りの氷の冷蔵庫が、金持ちの家の象徴だったような昭和二十~三十年代、庶民である私の家に冷蔵庫など有ろう筈もなく、ビールは冷やさなければ呑めないため、今でいうシャンパンのような高級酒だった」

・「電話も普及していなかったから、遠来の客は玄関先に突然ヌッと現れ、『呉(くれ)(大日本帝国海軍・広島の軍港)でお世話になりました山上一等水兵であります! 織伊上等兵曹殿はご在宅でしょうか?!』などと大音声で名乗る」

・「『おう、おるぞ! 上がれ上がれ!』」奥から父の嬉しそうな声。母は来客に挨拶し、すり抜けるように八百屋篭(やおやかご)を片手に酒屋に走る。そうして冷えたビール(当時は大瓶)を二本だけ買って、息せき切って帰ってくる。このビールで来客と父は乾杯し、美味そうにチビチビと(現代のように決してガブ呑みなどしない!)平らげたあと、延々と燗(かん)のつけられた日本酒が酌み交わされて行くのである」

・「当時のならいとして、酒呑みの家には日本酒・一升瓶数本のストックは当然であり、私は、高校三年生の頃にはもういっぱしの酒豪であった。正月三が日、父・長兄・次兄と私の男四人で、日本酒を一斗(十升)平らげる『酒呑童子(しゅてんどうじ)の館』のような環境で、『鬼の末裔』である私は育って行ったのである」・・・

・「8・1・2:私四十一歳の本厄では父が・・・二〇〇二年は私の還暦・人生最大厄の年だから、『私の厄除けに、間違っても病床にある紋太センパイだけは連れて行かないでくれ』と、【閻魔の遣い】に日夜祈っていたものだ。何故なら私は、満四十一歳の男の本厄時に、私を愛育してくれ、最大の理解者であった父を計ったかのように喪っていたからだ。(もっとも享年・八十八だったから、『天寿全う』とも言えるだろうが・・)

・「人は弱いものである。宇宙飛行士が天(あま)駆ける現代社会に居ながらも、平安時代から伝わる陰陽道の厄年にも配慮して生きている。厄年は満で、男=二十四・四十一・六十歳、女=十八・三十二・三十六歳とされているが、最近では男女とも満六十歳を人生の最大厄と捉える向きも多く、信心の浅い私もそれを否定はしない・・」

・「話を、父を喪った『男の本厄時』に戻そう。1・3 酒、たばこ、美食の果てに・・・仕事先から夕方、C社G支店の席に戻ると、『お父さんが亡くなられたと、さっきお義姉さんから電話でした』と。胸がザワッと波立って震えたが、気丈に振舞って早退の届けを出し支店を出た」

・「永久(とわ)の眠りについた父の待つ家までは、支店からタクシーで二十分もあれば帰れるのだが、私は方向違いにタクシーを走らせていた。旗屋に海軍旗(旭日旗)の大判を買いに走っていたのだ」

・「右系組織が街宣車用に買い占めていて、三軒目でようやく海軍旗の大判を二枚手に入れた私は、父のもとに向った。タクシーの中で、自転車の荷台に乗せられた幼い私から、頼もしく大きく見えた父の背中を、懐かしく思い浮かべながら涙に暮れた」

・「遺影は父が一番輝いていた時であろう若き海軍上等兵曹(曹長)時代のものにし、棺(ひつぎ)は、買い求めた鮮やかな紅白の海軍旗で覆(おお)って送り出してやった。何の名誉職も務めなかった父だったが、兄二人の関連やC社とO社の縁(ゆかり)の方々の供花で、町内が埋まりそうな華やかな葬儀となり、『ハイカラ海軍さん』らしい旅立ちとなった」

・「そして買い求めたもう一枚の大判海軍旗は、中小企業丸を操舵する船長である私の机の背景に飾られ、父の分身として長らく私に声援を送ってくれることになる」・・・

・種田山頭火の、「たんぽぽちるやしきりにおもふ母の死のこと」ではないが、朝寝坊の私も流石に今日は早起きし、眠い頭で一日中「父の思い出」に浸っている。

・法事のセレモニーは、立派な兄二人が果たしてくれているはずだ。大阪風来坊の私は、「今日一日中父のことを思い」「あとでどこかで軽い陰膳を作って貰い、父と一緒に呑む」だけである。父上、本厄の私の身代わりとなってくださって、本当に有難うございました。(織伊友作のがん患者への応援歌にも同時掲載)

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト