« いよいよ支離滅裂になって来た〔文在寅〕 | トップページ | 『慰安婦は売春婦』ハーバード大教授の論文が大波紋 »

ファイザーワクチンは救世主か?

2021年02月25日
(ファイザーワクチンは救世主か?)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210225-13382707-bloom_st-bus_all


・これは〔ドナルド・トランプ氏〕の大功績ではなかろうか?彼は大統領選の最中(さなか)に新型コロナに感染し、「何としてでも早期回復」の必要があった。それこそアメリカの叡智(ドイツの助けも有ったが)が結集されたのが《ワープ・スピード作戦》で、投入された予算は〔1兆円規模〕だったそうな。


・その1発目の『ファイザーワクチン』が〈コロナ禍終息もたらす可能性〉の大傑作だったら、他社ワクチンの立場は無いだろう。特に日本の後発ワクチンには大打撃ではないか?


・只でさえ「リスキーだから、開発に取り組みたくない」製薬会社にして見たら、「やっぱりな!」感が強かろう。しっかしま、日本としては『国産ワクチンを持つ』ことは、安全保障上も必須要件だ。『アンジェス(阪大)ワクチン』も『塩野義ワクチン』も、『武田ワクチン』も『第一三共ワクチン』も、『ファイザーワクチン』を抜けるか?


・YAHOOニュース から、ブルームバーグ の記事を以下。


・「【ファイザー製ワクチン、コロナ禍終息もたらす可能性-研究】ブルームバーグ 2/25(木) 9:36配信」


・「(ブルームバーグ): 〔米ファイザー〕と〔独ビオンテック〕が共同開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの圧倒的な有効性が〈イスラエル〉で約120万人を対象とした調査で示された」


・「この結果は、<ワクチン接種でコロナ禍が終息する可能性を示唆している> と公衆衛生の専門家は指摘した」


・「昨年12月20日から今年2月1日までにワクチンを接種した59万6618人を対象にそれぞれ未接種者と比較した調査で、


〈2回のワクチンを接種した人の94%に感染症発症を予防する効果〉


が示された。その約4分の1は60歳以上だった。〔イスラエルのクラリット研究所〕と〔米ハーバード大学〕のチームによる調査結果が米医学誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)』に24日掲載された」


。「〔ニューサウスウェールズ大学(シドニー)のライナ・マッキンタイア教授〕(バイオセキュリティー)は


〈集団免疫が可能になるかもしれないと期待を与えるようなワクチンだ〉


と語る。イスラエルで示されたような有効性の水準なら、<人口の約60-70%にワクチンを投与> することで感染や発症、死亡を十分防げるはずだとの見方を示した。同教授は今回の研究には関与していない」


・「2回のワクチン接種を受けた人は、70歳以上の高齢者層でもより若い層と同様の予防効果が得られた。〈高血圧〉や〈糖尿病〉など他の疾患を3つ以上抱える人では効果がやや低下しかねない兆候があるものの、2回目の接種から7日後の予防効果は89%だった。大部分の人については、初回接種から2-3週間後の著しい有効性が既に示されている」


・「報告書の共著者で、〔ボストン小児病院とハーバード大の予測医学グループのディレクター、ベン・レイス氏〕は〈現実の世界でのワクチン有効性を測ることができる〉と述べた」・・・

« いよいよ支離滅裂になって来た〔文在寅〕 | トップページ | 『慰安婦は売春婦』ハーバード大教授の論文が大波紋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ支離滅裂になって来た〔文在寅〕 | トップページ | 『慰安婦は売春婦』ハーバード大教授の論文が大波紋 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト