« 山田真貴子内閣広報官:呑み会を断らない女性? | トップページ | 日本へのワクチンの供給が遅れている本当の理由 »

調達困難だから、1回だけ論:ワクチン

2021年02月25日
(調達困難だから、1回だけ論:ワクチン)


https://news.google.com/articles/CAIiED8_FEOA_7qF5eVCifbtJG4qGQgEKhAIACoHCAowltHeCjCnpdYBMKOPoQM?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・アメリカには2大保健機関がある。


〈NIH:アメリカ国立衛生研究所〉 と
〈CDC:アメリカ疾病予防管理センター〉


である。二重チェック体制が完璧である。〔米ファイザーワクチン〕は、2回接種(3週間置いて)でNIHとCDCで決まっている。日本もその体制を採っている筈だ。


・ところが〈イスラエル〉が「1回接種だけでも65~85%の効果アリ」と言い出したら、「待ってましたと目に涙」が〔ガースー政権〕である。シミッタレで『国産ワクチン』の早期開発に失敗しているから〈外国頼り〉なのだ。馬鹿野郎め!学術的に決められた通りにやらんかい!〔田村〕は正論!


・GOOGLEニュース から、時事コム の記事を以下。


・「【新型コロナワクチン、1回接種『難しい』 田村厚労相】時事コム 2021年02月24日10時24分」


・「〔田村憲久厚生労働相〕は24日の閣議後記者会見で、『米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン』の〈1回接種〉を認めるべきだとの意見について、


〈2回打ちで薬事承認している。1回打ちを予防接種法にのっとってやるのは、制度上は難しいと今の時点では思う〉


との認識を示した。1回接種によって発症予防効果が十分に出たとの確定的なデータがないことを理由に挙げた」


■自民、〈1回接種〉容認も ワクチン供給遅れ見越し


・「ワクチンをめぐっては、世界的に需要が高まり、国内への供給遅れが懸念されている。医療従事者向けに <先行接種が始まったファイザーのワクチンは、原則3週間の間隔を空けて2回打つ必要がある>。一方、1回接種で発症率が85%減ったとの海外事例も報告された」・・・

« 山田真貴子内閣広報官:呑み会を断らない女性? | トップページ | 日本へのワクチンの供給が遅れている本当の理由 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山田真貴子内閣広報官:呑み会を断らない女性? | トップページ | 日本へのワクチンの供給が遅れている本当の理由 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト