« 新たな「ナスカの地上絵」発見 | トップページ | 北朝鮮の武器輸出の実態暴露するドキュメンタリー公開 »

〔吉田茂〕と〔東大総長〕の論争

2020年10月18日
(〔吉田茂〕と〔東大総長〕の論争)


https://www.sankei.com/column/news/201018/clm2010180006-n1.html


・〈バカヤロー解散〉は記憶に有るが、私も未だ小学2年生、〈曲学阿世(あせい)の徒〉の罵りは難し過ぎて記憶にない。理解不能だったのだろう。


・敗戦の一番辛い頃、〔吉田茂首相〕はホントに頑張ってくれた。ガキ心にその記憶が有るので、その孫である〔麻生ミゾーユ〕が何故か憎めないのだと思う。この[日曜に書く]は出来の良い論説である。右脚の浮腫みが酷く、右指も痛いので「今日はココまで」としよう。


・産経ニュース・[日曜に書く] から、記事を以下。


・「【[日曜に書く]論説委員・河村直哉 学術会議の変わらない戦後】産経ニュース 2020.10.18 15:00」


・「戦後史で <政治家と学者の対立> というと、昭和25年5月、首相の座にいた〔吉田茂〕が〔東大総長・南原(なんばら)繁〕に放った『曲学阿世(あせい)の徒』という言葉を思い出す」


■現実と理念


・「公平に見て吉田発言は暴言に類する。<曲学阿世とは真理を曲げて世におもねること> だが、南原はそれほど軽薄ではない」


・「一方で吉田のいらだちも分かる。日本は敗戦後の占領下にあった。世界では〈自由主義〉と〈共産主義〉の対立が激化していた。<自由諸国といわゆる単独講和を結ぶ> か、<共産陣営を含んだ全面講和か> が議論されていた」


・「南原は全面講和を主張し、単独講和に向かう政府を批判していた。南原だけではない。知識人グループは『平和問題談話会』を作り、全面講和を求める声明を雑誌【世界】(25年3月号)に載せた。政治学の〔丸山真男〕ら、進歩的知識人と呼ばれる人が名を連ねている。声明は『憲法の平和的精神』を守る限り、『進んで二つの世界(自由・共産両陣営)の調和を図る』べしとした」


・「吉田は現実に即した政治家だった。自由陣営に入ることは日本にとって現実的な選択だった。吉田は南原の全面講和を『学者の空論』とも批判し、南原は『弾圧』と反発した」


・「談話会は【世界】の同年12月号にも『三たび平和について』という論文を載せた。憲法の精神を肯定し、〈自国または他国による武装に安全保障を託するような考え方こそ、却(かえ)って安易な楽観論である〉とした」


■戦争への反動


・「これは戦後日本に長く流布した、〈非武装による平和という現実離れした理念〉である。現実論と、空論とはいわぬまでも一種の理念論の対立を、『吉田-南原』のやりとりに見ることができる。共産主義国のその後を思えば吉田の選択が正しかった」


・「理念論の背景には戦争への反動がある。そのころ南原はこう述べている。〈新憲法は擁護されなければならない。(略)国家主義と、軍国主義とを清算し、新しく国際社会の名誉ある一員として、日本の生きゆく道は、これよりほかにはないからである〉(「人間と政治」)」


・「『三たび-』の先のくだりは丸山による。丸山は別のところで、戦後の知識人が戦争について『悔恨共同体』を形成したと振り返った。それゆえ広範な知識人に、『反戦の旗を守りぬいた』共産党への『同伴者的追随の態度』がはぐくまれた、とも(「後衛の位置から」)」


・「〔マルクス〕と〔レーニン〕による共産主義思想は、実際は単なる『反戦』などではない。しかし丸山の記述から、戦後間もない日本で、平和憲法の擁護と、容共的な全面講和論が同時並行で起こった事情が読み取れる。戦争への反動は左傾した思潮となり、戦後日本を長く覆った。憲法改正が議論されていた昭和33年、進歩的知識人らは憲法問題研究会を作り、護憲勢力を形成した」


■国益を損ねる


・「共産主義や憲法議論を離れたところでも、いまなおこの反動が残っているのを感じる。会員候補の任命問題で〈日本学術会議〉が注目されている。任命方法の変更について政府による説明はあるべきだが、根っこのところを考えたい」・・・

« 新たな「ナスカの地上絵」発見 | トップページ | 北朝鮮の武器輸出の実態暴露するドキュメンタリー公開 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新たな「ナスカの地上絵」発見 | トップページ | 北朝鮮の武器輸出の実態暴露するドキュメンタリー公開 »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト