« 「親日派の墓暴き」が法制化へ:取引する日本企業は恥ずかしくないのか? | トップページ | 河野太郎は左遷、来年9月の総裁選から消すためだ! »

『立憲民主』とか『国民民主』とか:一定数の〈不満分子〉のウケ皿の役目

2020年09月16日
(『立憲民主』とか『国民民主』とか:一定数の〈不満分子〉のウケ皿の役目)


https://www.sankei.com/column/news/200916/clm2009160002-n1.html


・アカ新聞・アカテレビ・アカ学者らに騙され、日本国民は『民主党』に〈政権交代〉を託したことがある。結果、「政治のパフォーマンス」に振り回された3年3カ月だった。あの頃〔習近平〕が支那の国家主席だったら、尖閣は取られていただろう。


・しっかしま国民も『民主党政治』に懲りているので、立憲民主に国民民主の大多数が合流して「150人の野党第1党」をこさえても、今度は〔枝野〕や〔小沢〕の口車には乗らない。


・じゃぁ何で野党が存在するのか? 私は図体がデカく口も達者だったので、ガキの頃、児童会長や生徒会長を務めた。中学の時なんざ、中2の2学期・3学期、中3の1学期・2学期と、安倍ちゃんに負けない長期政権も担った。その経験から言わせて貰うと、〔『不満分子』は必ず一定数居る〕と言うことだ。


・不満分子じゃなくっても、ある程度以上の規模の企業の労働組合は、全員加入の『ユニオンショップ制』である。私は「加入するもしないも、個人の勝手」だと今も思っているが、(サラリーマン時代も管理職だったので、私自身は労働組合には無縁で、よく知らない)現実はアもスも無いらしい。


・〔国民の一定数は不満分子〕だと思えば腹も立たないが、数が多いのは『税金の無駄』である。私は〔参院無用論者〕であるし、野党第1党も数が多過ぎれば「見果てぬ夢を見たがる」ものだ。菅内閣は早急に『給付金』をばら撒き、遅くても10月には「解散総選挙」に打って出た方が良い。


・産経ニュース・[主張](社説) から、記事を以下。


・「【[主張] 2つの結党大会 いったい何が変わったか】産経ニュース 2020.9.16 05:00」


■結党大会といわれても何が新しくなったのか分からない。


・「国民民主党の大半を事実上吸収して再スタートした『立憲民主党』と、合流を拒んだ議員で結成した『国民民主党』のことだ。党名を変えても中身が変わらなければ同じことだが、党名すら変わらないままの結党大会だ」

・「〔枝野幸男代表〕を中心とした立民はどう生まれ変わるのか。これを具体的に行動で示していくのが野党第一党の責任だろう。枝野氏はあいさつで〈困難と挫折、教訓を生かし、未来に対する責任を果たしていきたい〉と述べた。大会では〈立憲主義と熟議を重んじ、人間の命と暮らしを守る〉とする基本理念や〈原発ゼロ社会を一日も早く実現する〉などの綱領も承認された」


・「人事では幹事長に合流前の〔福山哲郎幹事長〕をそのまま起用し、党内からも『あまりに新味がない』との不満が聞こえる。風通しが悪いと批判された、かつての党運営に対する反省も感じられない」


・「新組織に何より求めたかったのは『現実的な安全保障政策』だった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題にどう取り組み、尖閣諸島周辺海域や南シナ海で傍若無人に振る舞う中国とどう向き合うのか」


・「旧民主党時代、日米同盟の抑止力を高める安全保障法制を『戦争法案』と呼ぶなど、共産党とともに反対運動を展開したのは記憶に新しい。巨大与党に対抗するためとはいえ、共闘優先で政府、与党を批判するだけでは有権者の支持も広がるまい」


・「政権担当能力をアピールするのなら、日本人の生命や安全に責任を負う安保政策の披瀝(ひれき)が不可欠である。これを示さぬまま政権を担うことができると考えているとすれば、無責任が過ぎる。枝野氏は官房長官という政権中枢で国政を担った経験がある。新型コロナ対応や公文書管理のあり方など、国会論戦は是々非々でやればよい。その上で有権者のために必要な政策を堂々と掲げるべきである」


・「『国民』も分かりづらい。<衆院は立民と共同会派、参院は別会派> だ。国会対策上の理由とはいえ支持者も混乱するだろう。両党とも本気で政権与党を目指すなら、まず日本をどうしたいのか、国家のグランドデザインを示すべきだ」・・・


(解説)そんなもん、頭の隅っこにも無い。ホントは〔痰壺〕と言ってもいいのだが、コチトラの品位も有るので〔国民の、一定数の〈不満分子〉のウケ皿の役目〕と。

« 「親日派の墓暴き」が法制化へ:取引する日本企業は恥ずかしくないのか? | トップページ | 河野太郎は左遷、来年9月の総裁選から消すためだ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「親日派の墓暴き」が法制化へ:取引する日本企業は恥ずかしくないのか? | トップページ | 河野太郎は左遷、来年9月の総裁選から消すためだ! »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト