« ほれ見ろ、何にも『クギ差し』になってない! | トップページ | 遠のいた秋口の早期衆院解散、残るは11月解散、12月投開票 »

支那が『多国主義』だと? 習近平の嘘吐き野郎め!

2020年09月24日
(支那が『多国主義』だと? 習近平の嘘吐き野郎め!)


https://www.sankei.com/column/news/200924/clm2009240002-n1.html


・「呼吸するように嘘を言う」のは、いつの間にか『北』や『南』のコリアンの専売特許のようになっているが、所詮は〔小中華〕である。本家本元は〔支那人〕〔チャイニーズ〕である。政治評論家の〔藤井厳喜氏〕は一貫して〔チャイナ〕と言っているが、シンタロさんの〔支那〕ほどの度胸は無いようだ。


・日本のマスコミは腑抜けだ。せめて〔産経新聞〕くらいは?と期待していたが、〔中国〕と書かないと〔北京〕に支局も置けないのだろう。この記事でも「〔トランプ米大統領〕は新型ウイルスを『中国ウイルス』と呼び、『疫病を世界に拡散させた。責任を取らせなければならない』と述べた」・・・などと書いているが、トランプは正確に『チャイナウィルス』と言っているのだろう、違和感が有る。


・元々歴史を学べば、広大な大陸を初めて統一したのは〔秦の始皇帝〕であり、その〔秦〕をどう読んだのか多言語国家だから知らないが、インドでは〔チナ〕と呼んで、それが〔china〕になった説で私らは育った。だから世界的には〔チャイナ〕が正しく、支那に弱みの有る国だけが〔中国〕などと言っているのだ。


・さぁその〔習近平〕、遣りたい放題・言いたい放題だ。支那が『多国主義』とは正に鉄面皮、香港の『一国二制度』の国際公約も我慢ならなかった『一国主義』の代表ではないか? イケスカネェ国だが、アメリカは〔ロシア〕と仲良くするしか無いな。軍事大国1位と2位だけの理由だが。ただ経済的に困窮しているロシアは、アメリカの支援に転ぶと思うよ。


・産経ニュース・[主張](社説) から、記事を以下。


・「【[主張] 習氏の国連演説 『多国主義』に騙されるな】産経ニュース 2020.9.24 05:00」


・「国連総会の一般討論演説は22日、米中首脳が新型コロナウイルスをめぐり、ビデオ演説で互いに相手を非難するなど、対立の構図が際立った。〔トランプ米大統領〕は新型ウイルスを『中国ウイルス』と呼び、『疫病を世界に拡散させた。責任を取らせなければならない』と述べた」


・「中国の〔習近平国家主席〕は新型ウイルスに関して『政治問題化し、汚名を着せることを拒否する』と反発し、『中国は感染症との戦いにおける国際協力に積極的に関与していく』と強調した。<新型ウイルスへの初動対応では中国政府の情報隠蔽(いんぺい)、情報公開の遅滞が世界的流行に至らせたとの重大な疑念> がある。トランプ氏が国連の場で改めて問題提起したのはもっともである」


・「トランプ氏は『中国と、事実上その支配下にある〈世界保健機関(WHO)〉が、ヒトからヒトへの感染の証拠はない、症状がない人からは感染しないと虚偽の宣言をした』とも指摘した。警戒すべきは『米国第一』のトランプ政権に対抗するため、中国が今年創設75周年を迎える国連を舞台に『多国間主義』を前面に出し、自らをその擁護者と位置づけ始めたことだ」


・「前日に開催された75周年記念の高官級会合にも習氏がビデオ演説で登場し、中国は『一貫して多国間主義の実践者』であり、『国際法を基盤とする国際秩序を守る』と表明した。だが、<そもそも中国こそが『一国主義』であり、国際ルールを無視し、現状を変更している存在>なのだ」


・「香港の『一国二制度』の国際公約の反故(ほご)や、ハーグの仲裁裁判所の裁定を無視する『南シナ海の実効支配』がその証左である」


・「中国はトランプ米政権同様、新型ウイルスへの初動対応に疑念を呈した〔オーストラリア〕に、貿易などでの報復で応じた。まず独立調査を受け入れるのが筋である。記念会合で、〔グテレス国連事務総長〕は気候変動なども念頭に


〈多国間の問題は多いが、多国間の解決策は不足している〉


と嘆いた。一方で、トランプ米政権は『米国第一』を貫く。多国間主義の言葉は心地よく響くだろうが、騙(だま)されてはならない」


・「中国は途上国に援助をつぎ込み『親中』国を増やしてきた。やりもせぬ多国間主義を掲げ、国連そのものを親中にしようとする取り組みは、阻止すべきである」・・・

« ほれ見ろ、何にも『クギ差し』になってない! | トップページ | 遠のいた秋口の早期衆院解散、残るは11月解散、12月投開票 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ほれ見ろ、何にも『クギ差し』になってない! | トップページ | 遠のいた秋口の早期衆院解散、残るは11月解散、12月投開票 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト