« イタリア映画音楽の巨匠、モリコーネ氏死去 | トップページ | 東京都知事選、野党共闘失敗の本質 »

コロナは想定より遠くまで飛ぶ。「空気感染」か?

2020年07月07日(入院前日)
(コロナは想定より遠くまで飛ぶ。「空気感染」か?)


https://news.livedoor.com/topics/detail/18533698/


・今、コロナの感染源は『唾液微粒飛沫』とされているから、「こちらから唾液を飛ばさないよう」『マスク励行』であるし、テレビ画面でも『安全距離』を確保して、ニュース番組でも画面一杯にせいぜい3人である。


・しっかしま、「空気感染もアリ」だったら、一昔前の『労咳(ろうがい)の病=結核』とオンナジではないか? 人の集まる所には、「相当量の空気清浄機」と「オゾン発生器」の設置を義務付ける必要性が出て来た。明日からの私の入院は4人部屋。


・「大部屋で宜しいですか」のドクターの問いかけに「ベッドが大きいのなら個室で」と返事したが「いやぁ、ベッドはオンナジです」との答えだったので「じゃぁ大部屋で」と答えてしまったが、今後の入院病棟は大部屋でも〔カーテン仕切り〕ではなく、〔天井からの間仕切り〕と〔間仕切り毎の小さな空気清浄機とオゾン発生器の設置〕が必須になるのではないか?


・何せ今回の入院には間に合わない話だ。運否天賦に身を委ねて、行って来るしかないが。


・ライブドアトピックス から、朝日新聞デジタル の記事を以下。


・「【『コロナ空気感染する』 専門家239人、WHOに書簡】朝日新聞デジタル 2020年7月7日 11時49分」


・「新型コロナウイルスは <飛沫(ひまつ)感染で想定されるより遠くまで到達> しており、より厳密な対策が必要だとする公開書簡を6日、日本を含む各国の専門家239人が出した」


・「専門家は『空気感染の一種だ』とし、これを認めていない世界保健機関(WHO)にガイドラインの改定を求めた。屋内の換気を良くしたり、人が密集する場所は避けたりするよう促している」


・「英医学誌『臨床感染症学』に掲載された。WHOは新型コロナウイルスは、せきやくしゃみなどの飛沫(ひまつ)感染か、ウイルスがついたものの表面を触り、鼻や口から取り込まれる<接触感染> が主要な感染経路としている。ウイルスが空気中を漂い感染する『空気感染』については、病院での気管挿管時などをのぞき、確認されていないとの立場を取っている」


・「一方、書簡を出したウイルス学や環境工学の専門家は、飛沫が微細になると長く空気中を漂い、遠くまで運ばれると指摘。<中国のレストランで離れたテーブル同士の客が感染した事例> などは空気感染が疑われるとして『予防的な措置が取られるべきだ』と主張した」・・・


(解説)あぁ気になる!『奈良県立医科大学』の〔オゾン発生器の活用実験〕、その後どうなったんだろうか?

« イタリア映画音楽の巨匠、モリコーネ氏死去 | トップページ | 東京都知事選、野党共闘失敗の本質 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリア映画音楽の巨匠、モリコーネ氏死去 | トップページ | 東京都知事選、野党共闘失敗の本質 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト