« 労働組合の言いなり:文在寅政権 | トップページ | 〔須田のオジキ〕の解説だから聞こう:支那の尖閣侵入 »

コロナに「アビガンとフサンの併用が有効」か:東大が発表

2020年07月06日(入院前々日)
(コロナに「アビガンとフサンの併用が有効」か:東大が発表)


https://www.sankei.com/life/news/200706/lif2007060022-n1.html


・東大は3月に「すい炎治療用の〔ナファモスタット(フサン)〕がコロナに有効」と発表している。私も2つ記事投降している。それに「〔アビガン〕との併用」と来た。やっぱり「厚労省の認可」より人命救急だ!


・アビガンの富士フィルムは、既に「インドの製薬会社と提携」を発表し、「厚労省へのツラ当て」をした。しっかしまだ、厚労省は認可しない。「安全性」一辺倒である。〔安倍ちゃん〕のバックアップが、却って官僚を頑なにしたようだ。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【アビガンとフサン併用、重症患者に有効か 東大が発表】産経ニュース 2020.7.6 17:43」


・「新型コロナウイルスの治療薬候補である新型インフルエンザ治療薬『アビガン』と膵炎(すいえん)治療薬『フサン』の併用が <重症患者に有効である可能性を確認した> と東京大の研究チームが6日、発表した」


・「4月から集中治療室(ICU)で人工呼吸器や人工心肺装置『ECMO(エクモ)』の治療を受けるなどした <36~75歳の重症患者11人> に、併用して投与。1人は死亡したが10人は回復し、半月ほどで人工呼吸器が不要になり、一部は既に退院した」


・「ICUでの治療が必要となった患者の死亡率は、海外では30~50%に達するとの論文がある。今回は科学的な手法に基づく厳密な評価ではないが、作用メカニズムが異なるアビガンとフサンの併用は有効な可能性があるとしている」


・「同大は5月に併用の臨床研究を開始。アビガンは単独での効果を調べる治験も行われているが、有効性は確認されていない」


・「アビガンはウイルスの増殖を抑える働きがある。フサンは細胞内への侵入を抑えるほか、重症化の一因とされる血栓の発生も防ぐと期待されている」・・・

« 労働組合の言いなり:文在寅政権 | トップページ | 〔須田のオジキ〕の解説だから聞こう:支那の尖閣侵入 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 労働組合の言いなり:文在寅政権 | トップページ | 〔須田のオジキ〕の解説だから聞こう:支那の尖閣侵入 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト