« コロナを契機に日本を大掃除せよ | トップページ | かかりつけ医も無責任) »

国民激怒で支持率急落“安倍首相以外なら誰でもいい”

2020年06月03日
(国民激怒で支持率急落“安倍首相以外なら誰でもいい”)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200602-00000047-sasahi-pol


・田原のオッチャンはボケが進行している。以前は「頭が悪いから」とすっ呆けて、コメンテータらに「視聴者が分るまでシツコク」食い下がるのが〔芸風〕だったが、最近は自身がホントに理解出来ないようなのだ。たまにコメンテータの名前も出て来ない。


・だから〔総一朗クン〕の主張は〔櫻井よしこ〕さんのように素直には聞けないが、ここに至っては「安倍以外なら誰でも良い」には素直に賛同してしてしまう。昨日の『ワンポイントリリーフ』で『公明党の山口代表を担ぎ出す』って話も、〔自民党ならサもありなん〕と思えてしまう。


・ただこのドサクサに紛れて、『立憲民主党』と『国民民主党』の合流はイケンぞ!それこそ「カレーの中にクソを混ぜるような」ものだ。自民党は裏から何本でも手を回し、「『国民民主党』こそ、自民党の将来の連立与党の代表的候補」として、繋ぎ止めておくべきだ。


・YAHOOニュース から、週刊朝日 の記事を以下。


・「【田原総一朗 『国民激怒で支持率急落“安倍首相以外なら誰でもいい”』】〈週刊朝日〉 6/
3(水) 7:00配信」


・「[田原総一朗(たはら・そういちろう)〕/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める『朝まで生テレビ!』は放送30年を超えた。『トランプ大統領で『戦後』は終わる』(角川新書)など著書多数 (c)朝日新聞社」


・「安倍内閣の支持率が急落している。ジャーナリストの田原総一朗氏は、『これまでも国民の多くは決して満足していたわけではない』と指摘し、今回は、〔黒川弘務前東京高検検事長〕のスキャンダルで不満が爆発した結果だと分析する」


*  *  *


・「5月24日に毎日新聞が報じた世論調査によると、安倍内閣の支持率は〔27%〕で、6日に行った調査の〔40%〕から急落した。なお、不支持率は〔64%〕で、前回の〔45%〕から19ポイント跳ね上がった。さらに、25日に朝日新聞が全国世論調査の数字を報じたが、安倍内閣の支持率は〔29%〕で、16、17日に行った調査の33%から4ポイント落ち、何よりも、2012年12月に第2次安倍政権が発足して以後、初めて支持率が〔30%を割った〕のである。そして不支持率は〔52%と、5割を上回った〕。前回は47%であった」


・「国民の多くが、本気で安倍内閣、というよりも安倍首相に怒っている。はっきり言えば、国民の多くが安倍首相は辞めるべきだ、と主張しているのである」


・「〔森友・加計疑惑〕、〔桜を見る会〕、そして〔河井克行前法相夫妻のスキャンダル〕など、第2次安倍内閣が発足して以降、数々のスキャンダルが露呈している。森友事件では、決裁文書の改ざんを強いられた財務局職員が自殺し、怒りの遺書が公開された。桜を見る会でも、税金の私物化がはっきりしている。それでも安倍内閣の支持率は30%を割ることがなく、時間がたつと40%台に回復していたのである」


・「国民の多くは、決して安倍内閣に満足していたのではない。強い不満を抱いていても、野党が弱すぎて、野党による政権に現実感を持てなかったのだ。その要因は、野党各党が、具体的な政権構想を持っていなかったからである。第2次安倍政権になってから、衆参の国会議員選挙が5回行われているが、いずれも安倍自民党が勝っている」


・「実は、選挙のたびに、私は野党各党の代表たちに、『あなた方は、アベノミクスの批判ばかり強調しているが、国民はアベノミクスの批判など聞きたくはない。あなた方が政権を握ったら、どういう経済政策を行うのか。それを具体的に示すべきだ』と強く求めたのだが、具体的な経済政策はいまだに示されないままである。これでは、国民は野党に投票する気持ちになれないはずである」


・「そして、かつての自民党ならば、森友・加計疑惑が生じたときに、実力者の誰か、いや何人もが、『安倍首相、それは間違っている』と忠告し、それを無視すれば、首相を辞任すべきだ、という声が強まっていたはずである。ところが、いずれの疑惑、そして桜を見る会という税金の私物化に対しても、自民党の国会議員からは、まったく声が出なかった。<どの議員もが安倍首相のイエスマン> になってしまっているのである」


・だが、黒川弘務前東京高検検事長のスキャンダルで、国民の多くが、安倍首相に怒りを爆発させた。安倍首相も森法相も、黒川氏の定年を延長させたとき、他に替えの利かない人物のように言い切った。明らかに <憲法を無視した違法人事> を、である」


・「しかし、賭けマージャンが露呈すると、あっさりと辞任を認めた。となると、1月の定年延長は、一部のマスメディアが報じたように、黒川氏を検事総長にすることで、さまざまなスキャンダルでの安倍首相に対する起訴を回避させようとした、としか捉えられなくなる。それがわかり、国民の怒りが爆発したわけだ」


・「国民の多くは、極端に言えば、<安倍首相以外ならば誰が首相になってもよい>、とさえ考え始めている。 ※週刊朝日  2020年6月12日号」・・・

« コロナを契機に日本を大掃除せよ | トップページ | かかりつけ医も無責任) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナを契機に日本を大掃除せよ | トップページ | かかりつけ医も無責任) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト