« 『南』のコロナは制圧したのか出来なかったのか? | トップページ | 『南』の元慰安婦支援団体の“内ゲバ” ゆがんだ真実や背景に迫るか »

いいではないか:「国民の民度が違う」

2020年06月06日
(いいではないか:「国民の民度が違う」)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200606/0001.html


・ま、〔麻生ミゾーユ〕の口の利き方が「偉そう」なのは、実家を一周すると倒れてしまうほどの富裕層のボンだから諦めているが、〔敬語すら無い外国人記者〕には、よく分からなかったのではないか? むしろ〔蓮舫〕あたりの反撃やら、左系新聞の記事の方がアッタマに来る。


・ちっとは〔針小棒大〕を誇るコリアンでも見習ったがエエ。記事中〔牽強付会〕なる、78歳の私も知らない言葉が出て来るが、「自分の都合のいいように、強引に理屈をこじつけること」だそうだ。だったら「こじつけ(故事付け)」で良いではないか? 無理に難しくするこたぁない!


・産経スペシャル・【[産経抄]6月6日】 から、記事を以下・


・「【[産経抄]6月6日】産経スペシャル 2020.6.6」


・「日本人が日本の特長を誇ることが、まるで恥ずかしいよくないことのように非難されるのも、戦後の悪弊だろう。〔麻生太郎財務相〕は4日の国会で、新型コロナウイルス感染症による死者が、欧米主要国に比べ日本で極端に少ない理由についてこう述べた。『国民の民度が違う』」


・「▼ロックダウン(都市封鎖)など欧米が実施した強制的な措置は、法制上取れないにもかかわらず、自粛要請や呼びかけが奏功した『謎』に関し、外国から問い合わせがきた際に答えた言葉だという。これに早速、『立憲民主党』の〔蓮舫副代表〕がツイッターでかみついた。『貴方はどれだけ偉いのでしょう、麻生大臣』」


・「▼国民の文化程度の高さに自信を示すことが、どうして麻生氏自身が偉いという話になるのか文脈が分からない。蓮舫氏は『国籍を問わずコロナ感染症で亡くなった方、そのご家族のお気持ちに寄り添わず…』とも批判していたが、〔牽強付会+に過ぎよう」


・「▼麻生発言に関しては、予想通り数紙が5日付朝刊で批判的に取り上げていた。


〈他の国をおとしめることになりかねない発言だ〉(朝日)、
〈波紋を広げる可能性がある〉(毎日)


韓国のように自国のコロナ対応を自賛して日本を見下す国は、特に問題視しないにもかかわらず」


・「▼5日付小紙朝刊の国際面では、〔三井美奈記者〕が緩みが目立つ『フランス』の今を報告していた。ルールに抵抗する国民性から、政府は問答無用の法律で押し付けるしかないのだという。記事は『国のかたちはさまざまだ』と締めくくる」


・「▼各国それぞれだからこそ、日本も日本流のやり方に自信を持っていい。ところが、日本が他国より劣っていたり、失敗して叱られたりしていないと落ち着かない奇病が、一部で重篤化している」・・・(解説:それを「自虐」と言う)

« 『南』のコロナは制圧したのか出来なかったのか? | トップページ | 『南』の元慰安婦支援団体の“内ゲバ” ゆがんだ真実や背景に迫るか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『南』のコロナは制圧したのか出来なかったのか? | トップページ | 『南』の元慰安婦支援団体の“内ゲバ” ゆがんだ真実や背景に迫るか »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト