« 『南』の元慰安婦支援団体の“内ゲバ” ゆがんだ真実や背景に迫るか | トップページ | 『おともだち内閣』の末路 »

元産経新聞記者・阿部雅美:「めぐみさん、お父さんは精魂尽くしました」

2020年06月06日
(元産経新聞記者・阿部雅美:「めぐみさん、お父さんは精魂尽くしました」)


https://www.sankei.com/world/news/200606/wor2006060023-n1.html


・『旧社会党』は、野党第1党として国会議席の1/3も持っていた。2/3の自民党はこの社会党と馴れ合い政治に明け暮れていた。世に言う『55年体制』である。


・その社会党の罪は重い。頑として〔北朝鮮による拉致〕を認めなかったのだ。馴れ合いの自民党政権も、〔産経によるスクープ〕を無視した。その折の『産経新聞記者』による投稿記事である。タイトルからして泣ける。


・産経ニュース から、「泣ける記事」 を以下。


・「【めぐみさん、お父さんは精魂尽くしました 元産経新聞記者・阿部雅美】産経ニュース 2020.6.6 18:00」


■北朝鮮による日本人拉致事件を発掘し、横田めぐみさん拉致疑惑を初報した〔元産経新聞記者、阿部雅美氏〕がめぐみさんの父親、滋さんの訃報に接し、本紙に寄稿した。



・「新潟の町から忽然(こつぜん)と消えた13歳の愛娘(まなむすめ)捜しは、手がかりなく20年目を迎えていた。1997(平成9)年1月21日。定年退職後、自適の日々を送る〔滋さん〕に電話の相手は告げた。『お宅のお嬢さんが北朝鮮で生きているという情報が入りました』」


・「〔北朝鮮〕、〔拉致〕-そんなことがあるのだろうか。にわかには信じ難かった。頭が混乱したと〔妻、早紀江さん〕も述懐している。同様の情報を得た記者(私)は横田家を訪ねた。真偽定かではなかったが、闇に差した一条の光に、その夜の滋さんは積年の思いが堰(せき)を切ったように饒舌(じょうぜつ)だった。『一日として忘れたことはありません』」


・「黄ばんだ新潟日報紙、人捜しの手配書をテーブルに広げ、現場周辺の地図を描きながら、直前まで少女失踪の事実さえ知らなかった私に『あの日』を分刻みで再現した。『記事になるんですか』。そう問われた。裏付け取材次第だった」


・「私には古傷があった。遡(さかのぼ)ること17年-新米記者だった1980(昭和55)年に〔北朝鮮による男女4組の拉致疑惑・拉致未遂事件〕を大々的に初報したが、<産経の荒唐無稽な虚報、捏造(ねつぞう)>として葬られた。以来、この非道な犯罪は事実上、日本社会に存在しなかった。そこへ今度は、まさかの女子中学生。情報確認に慎重を期し、紙面掲載した」


《20年前、13歳少女拉致 北朝鮮亡命工作員証言 新潟の失踪事件と酷似》(97年2月3日付朝刊1面)


・「少女Aではなく、〔横田めぐみ〕、と実名で報じた。名前公表による影響を危惧した家族の中で滋さんだけが実名派だった。危険なことはあるかもしれないが、本名を公開して世論に訴えるほうがいい-後に聞いた言葉に救われた」


・「程なく『被害者家族会の代表』に就いた滋さんを間近に見てきた。街頭署名活動、全国1400カ所への講演行脚、被害者家族の結束を図りながらのメディア対応…。<めぐみさんの『死亡』宣告>、<孫の出現>、<被害者5人の帰国>と続いた激変の中、人前で父親の心情を吐露することの少なかった滋さんがもらした一言が忘れられない」


〈なんで助けてくれないの、といつもめぐみに責められているような気がしましてね〉


・「小泉訪朝の2002(平成14)年9月17日、北朝鮮側の説明をうのみにした政府から『死亡』を告げられた滋さんは記者会見の席で言葉を詰まらせた。代わった早紀江さんは『めぐみは濃厚な足跡を残した』と気丈に話したが、滋さんの足跡もまた、濃く、厚かった」


・「最後の入院直前の一昨年春、ご自宅で久しぶりにお会いした。2時間余、早紀江さんの傍らで一語も発しなかったが、目には力が宿り、すがすがしい笑みさえ見せた。〈満足いく結果が得られなかった無念さはあるが、親にできることは全てやり尽くした〉、そんな充足感ゆえではないだろうか。重い荷を負って妻と実直に歩んだ過酷な、そして見事な生涯だった。天国に召された今、改めてそう思う」


・「めぐみさんに伝えたい。お父さんは、あなたと拉致被害者全員を助けようと身を削り精魂尽くしました。お母さん、弟の拓也さん、哲也さんが遺志を継いでくれますよ。合掌」・・・


◇ 阿部雅美(あべ・まさみ) 1972年、産経新聞社入社。社会部、整理部、文化部、シンガポール特派員などを経て東京、大阪本社社会部長、サンケイスポーツ編集局長、東京本社編集局長、常務取締役、産経デジタル社長を歴任。97年、「北朝鮮による日本人拉致疑惑 17年を隔てた2件のスクープ『アベック連続蒸発』→『横田めぐみさん』」で新聞協会賞を受賞。


《元産経新聞記者の阿部雅美さん(右)と対談した横田滋さん(左)、早紀江さん夫妻=平成30年3月、川崎市川崎区(宮崎瑞穂撮影)》

Photo_20200606201101

« 『南』の元慰安婦支援団体の“内ゲバ” ゆがんだ真実や背景に迫るか | トップページ | 『おともだち内閣』の末路 »

コメント

ず~と以前に同じような話をしたかも知れませんが、重い話ですのでもう一度書かせてください。
あれはこの拉致事件が公になる前の話ですので50年位前だったかと思います。日本海側を兵庫県から鳥取・島根に向けドライブしていた折、海岸線のところどころに「スパイに注意」という立札が立っていました。その時は何を今さらスパイかと思っていましたが、拉致事件が報道された時はゾッとするものを感じました。まかり間違えば、私自身拉致されていた可能性もあるのです。このような立札を立てていたと言うことは、公になる前から政府又は地方の役人の中に拉致のことを知っていた人物が居たかも知れません。密かに調査していたかどうかは分かりませんが、このことを早く報道すれば、被害が少しでも抑えられたかも・・・・・・。 冴えちゃん

冴えちゃん様、

コメント、有難うございました。新潟海岸ドライブの話もクッキリ覚えて
いますよ。何度でも構いません、何故〔冴えちゃん〕の名乗りなのかも。
感動話ですよ。

そう言えば貴兄が絶妙の挿絵入りで送ってくださり、夕陽丘高校から
早稲田に行かれた〔広島の先輩〕が、懐かしさのあまり訪ねられた
チンチン電車駅。今、私が大阪市立大学病院前から日本橋へ向かう
帰りのタクシーで毎回通ります。今度は6/16(火)です。

先日投稿した「いてまえ!殺いてまえ!」の先輩との想い出話。彼は
〔住吉高校〕から明治でした。体育会の会長だったので、後輩には
プロレスラーの坂口征二とか、もっと後の星野仙一とかが居たようです。

戴いたコメント、全て55年体制で互いに堕落した〔社会党〕と〔自民党〕
の怠慢です。当時は社会党が「デマだ!」と斬り捨て、自民党もこれに
媚びを売ってた訳です。今更〔小泉純一郎〕は頑張ったのだと分かります。
ホント、あれから18年、誰も何もしませんもんね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『南』の元慰安婦支援団体の“内ゲバ” ゆがんだ真実や背景に迫るか | トップページ | 『おともだち内閣』の末路 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト