« 『こんぴらさん』、神社本庁を離脱 | トップページ | コロナで未だ『死者ゼロ』のベトナム、感染爆発なしのアフリカ »

結論:「バイデンの方がヤバイ」ぜ

2020年06月13日
(結論:「バイデンの方がヤバイ」ぜ)


https://news.google.com/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8yMzc5MjQ3ZjMzNmY1OTgzMzAyNzgzZGQ3NjhhNDI0ZTg2YmMxN2Iy0gEA?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・長いが、『本日一番のお勉強』ではなかろうか。しかも〔花田紀凱氏〕折り紙付きの『ニューズウィーク日本版』の記事であり、私が知る限り〈初めての〉トランプ賛歌である。


・ズバリ言えば、「トランプは常に抑制的で、内向的であった」「内向的だったがゆえに、オバマで壊滅的になっていた『米軍の立て直し』に注力した」・・・


・今、大統領にバイデンがなれば、「正義の太刀は有る」ということだ。トランプだから米議会内の『ネオコン・タカ派』を抑えて来られた。さぁバイデンになったらどうなるか? 私が敢えて2回引用している言葉が象徴的だ。「正しさは常に平和とともにあるわけではない」・・・


・GOOGLEニュース から、ニューズウィーク日本版・渡瀬裕哉氏 の記事を以下。


・「【トランプvsバイデン、どちらが世界に戦争をもたらす可能性があるのか】ニューズウィーク日本版・渡瀬裕哉 6/12(金) 18:06配信」


■正しさは常に平和とともにあるわけではない


・「〔バイデン元副大統領〕が政権を担うことになるとどうなるだろうか・・・2016年〔トランプ大統領〕が当選直後には〈第三次世界大戦が起きる〉という全く根も葉もない与太話がメディアを賑わせていたことを思い出す。それらの中には〈トランプ大統領は狂人であり、精神疾患を患っている〉という話まで飛び出るトンデモ説も存在していた」


・「実際のトランプ政権の外交・安全保障政策は、トランプ大統領の派手な言動とは裏腹に極めて『抑制的かつ非介入的』なものであった。筆者は毎年のように共和党保守派の年次総会であるCPAC(Conservative Political Action Conference)に出席しているが、そのイベント内の講演やシンポジウムで語られる内容もトランプ政権誕生以来従来よりも内向的なものになったように感じる」


■トランプ政権はほとんど戦争に繋がる行動をしていない


・「トランプ政権は、対外介入に極めて抑制的であることと同時に、紛争拡大を防ぐために最低限の武力行使を行うことは躊躇わない傾向がある。そして、〔ジョージ・W・ブッシュ〕から続く中東・アフガンにおける泥沼の戦争から現実に脱却する政治姿勢を強く持っている点も特徴だ」


・「中東ではISISの掃討をほぼ完了し、シリア駐留米軍の兵力は撤退させつつある。アフガンではタリバンとの和平合意を推進しており、今年の一般教書演説のハイライトにはアフガンからの帰還兵をゲストに招いた」


・「イランには強硬な態度を示しつつも、今年1月の〔革命防衛隊のソレイマニ氏暗殺〕については米・イラン間で抑制の効いた攻防が演出された。トランプ政権の中東からの米軍撤退姿勢は同地域への軍事介入を主導してきたネオコン勢力との鋭い対立を生み出しており、同タカ派の〔マクマスター安全保障担当補佐官〕は更迭されている」


・「東アジアではトランプ大統領は〔北朝鮮の金正恩〕と会談。米朝会談以後、金正恩は核実験とICBM実験を停止しており、北朝鮮の挑発的な軍事行動は抑制されている。そして、CVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)を強く主張する〔ボルトン〕はやはり安全保障担当補佐官の立場から追放されている」


・「中国との覇権争いはエスカレーションを継続しているものの、米国における対中最強硬派は『連邦議会議員ら』であって実はホワイトハウスではない。むしろ、トランプ政権は議会の強硬論が盛り上がる中で米中貿易交渉をまとめてきた経緯がある。米中交渉の最後の土壇場でトランプ政権から交渉上の障害となっていた対中最強硬派の〔ランドール・シュライバー国防次官補〕が辞任している」


・「ロシアに融和的な姿勢を示しつつも現実にはNATO向けの軍事費を拡大し、新しい安全保障の枠組みを作るように努力している。また、ベネズエラ等の権威主義政権と中ロの関係を断つようにしており、中米諸国と不法移民の移動を制限することで連携している。そして、米国の軍事費は直近4年間で増加しており、<実質的に機能不全に陥りかけた米海軍>を立て直し、軍事力を誇示する修正主義勢力への抑止を図っている」


・「つまり、トランプ政権はほとんど戦争に繋がる行動をしていないどころか、実際には自国に対して強硬な姿勢を示す敵対勢力との間で、『力の担保』を持った上で、キーパーソンの更迭も辞さず、柔軟で粘り強い対話を行っている」


・「トランプ大統領のように、『独裁者・権威主義者と対話・交渉する』ことで、力の現実の中で妥協点を見出していくことは、人権問題などの観点から極めて問題があるアプローチだろう。世界の自由主義社会のリーダーたる米国にとっては戦争・紛争の惨事を避けるための苦渋の選択だったように思う」


■ 正しさは常に平和とともにあるわけではない


・「一方、バイデン元副大統領が政権を担うことになればどうなるだろうか。選挙戦を通じてバイデンの外交・安全保障政策はいまだ全体像が見えてこない。ただし、バイデン元副大統領自身がForeign Affairsに寄稿した論文を読む限り、筆者は一抹の不安を感じざるを得ない」


・「同論文の中でバイデン氏は就任1年目に(1)政府腐敗との闘い、(2)権威主義からの防衛、(3)自国及び外国での人権の促進という3つのコミットメントを引き出す民主国家のためのグローバルサミットの開催を明言している」


・「筆者はその趣旨に何ら異論はない。そして、バイデン元大統領が述べているように、日本を含めた同盟国とその取り組みを進めていくことは政治的に正しい方向性だろう。しかし、正しさは常に平和とともにあるわけではない」


・「バイデン元副大統領はトランプ政権が軍事費を増加させることで再建した米軍をどのように運用するのだろうか。トランプ政権下で干されていたネオコン勢力が復活し、価値観による外交・安全保障を復活させた場合、その正しさは新たな戦渦を生み出す可能性が存在している。我々日本人はその戦渦がもたされる場所が中東ではなく東アジア・東南アジアになることも十分に想定するべきだろう」


・「トランプ政権は良かれ悪しかれ戦争や紛争を巻き起こすほど十分な軍事力や外交力を持つことはできなかった。しかし、仮にバイデン政権が誕生した場合、<それらを作り出すだけの軍事力は既に回復> しており、それらを正当化する『政治的な正しさ』も存在している」


・「もちろん戦時大統領以外は『戦争』を明言する大統領候補者は存在しない。筆者はバイデン元副大統領、そして民主党が持つ同盟国と歩調を合わせた敵対国への非妥協的なアプローチは、敵対国との偶発的な衝突を発生させるのではないかと危惧している。バイデン政権下において、戦争や紛争による惨事を回避するために、我々が何をできるかを真剣に考えるべきだろう」・・・


« 『こんぴらさん』、神社本庁を離脱 | トップページ | コロナで未だ『死者ゼロ』のベトナム、感染爆発なしのアフリカ »

コメント

なんともひさしぶりにブログを開けてお名前を拝見しました、ご記事はまだ拝読していません。お元気そうで、
何よりです。

寅どしより様、

コメント、有難うございました。失礼ながら旅立たれたのだ!と勝手に
思い込んで、東京の方に向かって手を合わせていました。

お元気で94歳とは!私の広島在住の先輩の母上は103歳、東京の
親友の父上は100歳迄街医を続けられ、103歳(104歳だったか)
まで長命されました。恐らくそのパターンなんでしょうね。

時々気が向いたらブログをお書きください。Amebaブログの方には
早速コメントメールしておきましたが、正直私も2年観ていませんでした
ので、はて届いたのやら届かなかったのやら?です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『こんぴらさん』、神社本庁を離脱 | トップページ | コロナで未だ『死者ゼロ』のベトナム、感染爆発なしのアフリカ »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト