« またコロコロ変わるから、「今日の所は」 | トップページ | 日本からの『報復ブーメラン』で韓国経済は大ピンチへ! »

横田さん死去:「遅すぎる、国のありようが問われている」 社会部長・中村将

2020年06月06日
(横田さん死去:「遅すぎる、国のありようが問われている」 社会部長・中村将)


https://www.sankei.com/world/news/200605/wor2006050032-n1.html


・昨日は〈気の毒過ぎて〉、ブログ投稿も出来なかった。〔横田 滋さん〕ご自身が『日銀のエリート』で、聡明で美人の妻と可愛いお子らに囲まれて、幸せを絵に描いたようなご家族だったのだろう。


・「人攫い」という、現代では考えられないような非人道的なことを、『北』建国の父である〔金日成〕(私はこ奴の指示だと今でも思っている)の倅・〔金正日〕によって特務機関が次々と新潟の浜辺から日本人を攫った。


・当時の〔社会党〕は強力で、ギリのチョンまで「『北』による拉致」を認めなかった。『拉致被害者家族会』は、そんな日本社会の「偏見」の中、孤立無援で懸命に活動を続けて来たのだ。


・考えてみれば〔安倍晋三〕という男、未だ〔官房副長官〕という若い時代に〔小泉純一郎首相〕に随行して『北』へ乗り込み、①〔金正日〕に拉致を認めさせると同時に謝罪させ、➁被害者5人を奪還して〔名〕を売った。


・その〔安倍〕が長期政権を担うことになったのだから、『拉致被害者家族会』の期待は弥が上にも高まったのは当然だ。しかし〔安倍〕を筆頭に国会議員は[日本海を表す]ブルーリボンを胸に付けるだけで、結局誰も、何もしなかったのだ。


・「国民の生命と財産を守る」のが『国が国たる所以』だ。それが出来ないのなら。国民にも『納税の義務』も『勤労の義務』も『順法の義務』も無くなり、単に無法者集団に成り果てる。私は米軍の特殊部隊の助けを借りて、自衛隊の特殊部隊が潜行して被害者を救出する機会はいくらでも有ったと思っている。全てがあの『クソ憲法』の制約だといまいましく思う。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【『遅すぎる、国のありようが問われている』 社会部長・中村将 横田さん死去】産経ニュース 2020.6.5 19:36」


・「〔安倍晋三政権〕は、拉致問題の解決、すなわち被害者の奪還を国政の最優先課題に掲げてきたはずではなかったのか。間に合わなかった。非は北朝鮮側にある。だが、平成14年10月に〔蓮池薫さん〕(62)ら5人の被害者が帰国して以降、進展がほぼない中でこの時を迎えてしまった」


・「5日、〔横田滋さん〕が87歳で亡くなった。『遅すぎる』。他界した滋さんの妻、〔早紀江さん〕(84)は何度もそう口にしてきた。拉致被害者家族会の初代代表を務めた滋さんと、早紀江さんは救出運動のシンボルだった」


・「北朝鮮による拉致を多くの国民が信じなかったころから各地の街頭に立ち、13歳で連れ去られた愛娘(まなむすめ)の救出を声をからして訴えた。最初は冷めた視線を送っていた人々も <悲壮感ただよう真剣な父の姿> に心打たれ、世論が政治を動かした」


・「それでも〔めぐみさん〕との再会は最期までかなわなかった。87年の人生、42年間娘を探し、待ち続ける苦悩は想像を絶する」


・「滋さんの思いを受け止め、わがこととして、拉致問題の解決に取り組んだ政治家や官僚はどれだけいるのだろうか。幕引きを図ろうとする北朝鮮の思惑通りに事が進むのを、ただ見届けるだけでいいのか」


・「とてもそうは思えないが、早紀江さんは『私たちはどこにでもいる日本の普通のおじいさんとおばあさん』と表現してきた。普通の家族に降りかかった事件。だからこそ思う。国のありようが問われている、と。(社会部長 中村将)」・・・


《北朝鮮・日本人拉致事件関連 横田めぐみさんの娘、キム・ヘギョン(キム・ウンギョン)さんの写真を公開した横田めぐみさんの両親、父、横田滋さん、母、早紀江さん=2002年10月、衆院第2議員会館》

Photo_20200606084301

« またコロコロ変わるから、「今日の所は」 | トップページ | 日本からの『報復ブーメラン』で韓国経済は大ピンチへ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« またコロコロ変わるから、「今日の所は」 | トップページ | 日本からの『報復ブーメラン』で韓国経済は大ピンチへ! »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト