« 女が売春を覚えたらオシメェだ!:売春・大学新1年生 | トップページ | 累進課税の罠:75歳年金受給の「詐欺」 »

尖閣では支那に追跡され、東シナ海では海自の護衛艦が体当たりされ

2020年05月30日
(尖閣では支那に追跡され、東シナ海では海自の護衛艦が体当たりされ)


https://trc.taboola.com/sankeidigital-sankei/log/3/click?pi=%2Fpolitics%2Fnews%2F200331%2Fplt2003310045-n1.html&ri=36c42159b72c704d7ee6203d4ce90742&sd=v2_e9cdb54f77513973f93b3842dbb31033_1fc7d230-07e2-49a0-aaa8-24ce41ad80f1-tuct516ec8d_1590823623_1590824887_CIi3jgYQ9qZBGNfJtaSmLiADKAMwbziWrQtAm7kLSNnq1gNQwvYXWABg6QForemVlLvTlsa3AQ&ui=1fc7d230-07e2-49a0-aaa8-24ce41ad80f1-tuct516ec8d&it=text&ii=4565541959951144376&pt=text&li=rbox-t2v&sig=24a6b051ab2fdf855c0e5a38d199ccafdaad7525e223&url=https%3A%2F%2Fwww.sankei.com%2Fpolitics%2Fnews%2F200511%2Fplt2005110029-n1.html&vi=1590824887511&r=25<i=deflated&ppb=CLsE&cpb=EhIyMDIwMDUyOC02LVJFTEVBU0UY6yEgnP__________ASoZaGsudGFib29sYXN5bmRpY2F0aW9uLmNvbTIId2F0ZXI2NzA4gPCocECWrQtIm7kLUNnq1gNYwvYXYwj_DhDXFRgYZGMI0gMQ4AYYCGRjCOr__________wEQ6v__________ARgWZGMI9AcQ5gwYDmQ


・ま、日本と言う『ユルパン国家』は、この一触即発状態でも〔山本防衛副大臣〕が自身の『フェイスブック』に熱中していたことで分ろうというものだ。〔支那海軍〕は海洋進出に没頭している。〔南シナ海〕の相手は、陸戦では兎も角、海鮮ではカラッキシの『ベトナム』と、「バナナ買ってやらんぞ」と言えばヘーコラの『フィリピン』である。


・尖閣と日本西南の島々は、自縄自縛で「戦争はしません、自衛隊も専守防衛です!」と宣言している『日本相手』だから〔実効支配してしまえば〕勝ちなのである。東シナ海は、実質はもう〔支那の海〕である。当時の民主党政権の〔鳩山ルーピィ〕なんざ、「日本列島は、日本人だけのモノではない!」などと狂的な発言までしている。


・支那の「挑発」は当然の戦術であるし、日本は『立憲民主党』が国会で睨みを利かせているので。「遺憾である」「甚だ遺憾である」「極めて遺憾である」の『遺憾三段活用』と、空しい『抗議』だけしか言えない。


・これじゃ「クーニャン、ライライ!」と言っているようなものだ。今回に限らず、これからの日本は領海侵犯の支那漁船は〈逆に追いかけまわしてゴツンとやる〉か、支那が巡洋艦クラスの公船を出して来たら、日本も潜水艦を2隻ばかり出して恫喝すべきである。


・以下2記事だが、どっちも産経ニュース である。


・「【追跡で中国報道官『騒ぎ起こすな』 日本に責任転嫁】産経ニュース 2020.5.11 18:39」


・「【北京=西見由章】尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に侵入した <中国海警局の船が日本漁船を追尾した問題> で、〔中国外務省の趙立堅報道官〕は11日、『海上保安庁の巡視船』が現場で漁船の安全を確保したことについて『違法な妨害を行った』と非難し、『日本は釣魚島(尖閣諸島の中国側名称)の問題において新たな騒ぎを起こさないよう希望する』と述べて責任を日本側に転嫁した」


・「趙氏は、外交ルートを通じて日本側に『厳正な申し入れ』を行ったことを明らかにした上で『中日両国は力を集中して(新型コロナウイルスの)感染症と戦うべきだ』と発言した」


・「趙氏は『中国の領海で違法操業』している日本漁船を発見した中国海警局の船が『法に基づいて追尾・監視』したと主張。『釣魚島の海域を巡航することは中国側の固有の権利だ』と強調した」・・・続いて女性報道官。


・「【護衛艦と漁船の衝突で中国側が『懸念』表明 『中国近海、安全に影響』】産経ニュース 2020.3.31 22:15」


・「東シナ海の公海上で海上自衛隊の護衛艦『しまかぜ』と中国籍の漁船が衝突した事故で、〔中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官〕は31日、日本側に懸念を表明したことを明らかにした。事故が発生した海域は浙江省沖の『中国の近海』であり、『自衛隊の艦艇が関係海域で活動し、中国船舶の航行の安全に影響を与えた』としている。(北京 西見由章)」・・・

« 女が売春を覚えたらオシメェだ!:売春・大学新1年生 | トップページ | 累進課税の罠:75歳年金受給の「詐欺」 »

コメント

日本も本気になって領土を守らないととんでもないことになりそうです。 第二次大戦が終り、世界の領土分取り合戦も一段落かと思われました。 しかしながら、民主主義国家間ではそのような暗黙の了解の元、経済活動でしのぎを削ってきましたが、おっとどっこい共産国家は虎視眈々と領土拡大を画策して来たようです。 米国が睨みを効かせている間は何とかその野望も小規模の範囲で抑えられてきましたが、その力が相対的に弱くなった今、弱小国はまずは自衛の手段を講じると共に、友好国との連携を強固にして外敵に備える必要があります。
コロナ対策は勿論大切ですが、それにも増して自国防衛が大切なのは言を俟ちません。 何故、国会でこのことについての議論が活発に行われないのか不思議でなりません。  冴えちゃん

冴えちゃん様、

コメント、有難うございました。結局〔安倍ちゃん〕は、憲法改正も出来ずに終わることになります。
『岸さんの孫』と『吉田さんの孫』が〔総理〕・〔副総理〕を務めながら、情けない話です。カミさん
含めて馬鹿過ぎましたね。年がら年中野党からスキャンダラスな追及を受け、とても憲法改正
どころではなかったのだろうと。

〔トランプ(共和党)〕が勝ってナンボの日米安保です。支那のカネに塗れた〔バイデン(民主党)〕が
勝てば、沖縄米軍はグアムや豪州のダーウィンに去り、尖閣どころか南西諸島、沖縄本島まで
支那が奪います。沖縄も支那の工作資金ズブズブですから、島民はかえって喜ぶのかと。

あとで気が付く寝ションベンになりますが、結局日本の南西最前線は〔徳之島〕〔奄美大島〕に
なるのでしょう。コンクリートのトーチカで、島全体を地下都市にする位の防衛センスが無ければ、
最前線にはなれません。闘牛にカネ賭けて遊んでいるセンスじゃねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女が売春を覚えたらオシメェだ!:売春・大学新1年生 | トップページ | 累進課税の罠:75歳年金受給の「詐欺」 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト