« 日本のコロナ対策『奇妙な成功』 | トップページ | 日本の『生ぬるい』新型コロナ対応がうまくいっている不思議 »

日本だけ『習近平主席訪日』でいいのか

2020年05月15日
(日本だけ『習近平主席訪日』でいいのか)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00000008-nshaberu-int


・〔青山繁晴氏〕は私より10歳若いが、今年68歳。論客であるし愛国者であるし話に筋が通っている。50代ならば〔自民党内の若手のリーダーとして、是非脱党(脱藩)し、維新と連携し国民民主と連合する〔志士〕として動いて欲しいのだが、残念ながら『参議院も一期だけ』の論客で終わるだろう。


・日本も、もう『安倍4選』は無いし、「〔習近平〕を国賓で招く」などの馬鹿は二度と現れまい。そんなことをしたら、自民党は必ずぶっ壊れる。〔天網恢恢疎にして漏らさず〕である。「お天道様はお見通し」ってことだ。支那も知ってか知らずか、尖閣を攻めまくって、火事場泥棒に忙しい。


・青山氏は「一党独裁の共産党と、支那の民衆は分けて考えるべき」と言っているが、〔それが政治家をやってしまった証拠〕だ。私なんざ78歳だが、「支那も支那人も一緒!」という考えだ。『蝙蝠のスープ』なんか飲みゃがって!気持ちの悪い!


・YAHOOニュース から、ニッポン放送 の記事を以下。


・「【欧米が反中国へ向かうなか、日本だけ『習近平主席訪日』でいいのか】ニッポン放送 5/15(金) 17:40配信」


・「ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』(5月15日放送)に〔自由民主党参議院議員の青山繁晴〕が出演。欧米が反中国に向かうなか、今後の日本と中国との関係について解説した」


■トランプ大統領が中国との断交の可能性を示す


・「14日放送の『Fox Business』のインタビューのなかで〔トランプ大統領〕は、武漢発祥である新型コロナウイルスに関して、中国の対応に不安を示し、周主席とは『現時点で話をしたくない』と強調し、中国との断交の可能性を示した。


〈(青山):Foxはトランプ大統領の味方なので、強気な発言をして盛り上げたいというトランプ大統 領一流のところはあると思います。しかし、断交というのは100%の喧嘩状態になることです。それ を一旦示した上で、関税の引き上げをまたやると思いますし、本当は禁じ手だけれども中国が買っ たアメリカの国債を償還しない、つまり借金を返さないということもあり得ます〉

〈中国は国際裁判に応じないと思いますが、少なくともアメリカは損害賠償請求を必ずします。その ときに、日本はどうするのかということです〉・・・


■欧米が反中国に向かうなか、習近平国家主席の訪日予定を進めていいのか


〈(青山):トランプ大統領が極端なことをしているのを、日本の外務省は何となく理解している雰 囲気を漂わせていますが、よく考えてください。ヨーロッパも中国は損害賠償をしなければいけな いという方向に動いています〉

〈ヨーロッパで唯一、中国に協力して来たイタリアも、やはり間違いだったのではないかと再考して います。日本だけが寂として声もなく、習近平国家主席の訪日も延期しただけです。そんなことで 武漢熱後の世界を、日本がリーダーシップを持って歩むことができるのでしょうか〉

〈日本ではいままで語られたことがないけれども、日本国内の中国の資産、あるいは中国が日本の国 債をどれほど買っているのか。そういうところまで検証を始めてみるべきだということを、14日に 行われた自由民主党の外交部会である正副部会長会議で申し上げました〉

〈今後、中国とどうフェアに向き合うべきか。あくまでも独裁に対して向かい合うのであって、中国 の人々も私たちと同じ民衆ですから、そこを間違えずに向かい合うことが大事だと思っています〉 ・・・

« 日本のコロナ対策『奇妙な成功』 | トップページ | 日本の『生ぬるい』新型コロナ対応がうまくいっている不思議 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本のコロナ対策『奇妙な成功』 | トップページ | 日本の『生ぬるい』新型コロナ対応がうまくいっている不思議 »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト