« 何だ、貰いっ放しの『真水』は10兆円程度か? | トップページ | 緊急事態宣言の解除後に見えてくる《小池吉村連合》の目 »

失業者130万人時代へ

2020年05月28日
(失業者130万人時代へ)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200528-00000009-ykf-soci


・私はサラリーマン生活17年間で、一番「馬鹿を見た」のは『失業保険(雇用保険)』だ。本当に〔失業〕したのは『59歳で社長業を辞めた(58歳で末期がん)時』だったのだが、経営者は対象外とのことでパー助になった。


・金返せ!と言いたいが、高額報酬で年金積み立てもガポガポ払いながら、60歳キッカリで逝ってしまわれた恩人のことを思えば、我慢我慢だ。しっかしま、失業保険を貰いながら「足らず米」だけ補填して、これまで通り社員を働かせている実例は嫌と言うほど見て来たので、『失業者130万人時代へ』と言われても、思いは複雑だ。


・それと『コロナ』だけが注目されているが、国民病としては相変わらず『がん死』の方が圧倒的だ。明日29日。高校時代の親友が腹腔鏡手術で『腎臓』を1個取るが、時候の挨拶も無しに「おい!」「お前はなぁ」と言える幼馴染にはホント、頑張って欲しい。これ以上、ダチを喪うのは勘弁だ。


・YAHOOニュース から、「国債の他にも、政府が日銀に1万円札を刷らせる方法」を、夕刊フジ の記事から以下。


・「【失業者130万人救済へ『コロナ債』発行を! 『200兆円』以外にもある経済対策…専門家が提言】夕刊フジ 5/28(木) 16:56配信」


・「経済復活の道のりは険しい。新型コロナウイルスの緊急事態宣言を全面解除した〔安倍晋三首相〕は、27日に閣議決定する『2020年度第2次補正予算案の事業規模』が1次補正と合わせて200兆円超となると表明した。ただ、戦後最悪の恐慌状態で大量失業や倒産を阻止するには、まだできることは多い。専門家は『コロナ債』の発行や『無担保マイナス金利融資』などを提言する」



・「『オールジャパンで圧倒的な量の資金を投入し、日本企業の資金繰りを全面的に支える』と安倍首相は明言した。2次補正には、業績が悪化している企業への12兆円規模の資本支援策のほか、新型コロナの影響で売り上げが急減している中小企業を対象に、1カ月当たり50万円を上限に家賃の3分の2までを半年分補助する『特別家賃支援給付金』を導入」


・「個人事業主にも最大月25万円を給付する。複数店舗を所有する企業は給付上限額を100万円、個人は50万円に引き上げる例外措置を設け、給付額は半年で最大600万円となる」


・「1次、2次の総額で130兆円を超える資金繰り支援額を一刻も早く実施する必要がある。帝国データバンクは2020年の企業倒産件数が7年ぶりに1万件を突破すると予測。休廃業・解散も2万5000件に達すると見込んでいる」


・「〔第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏〕は、『民間エコノミストのコンセンサス通り、2020年の国内総生産(GDP)が25兆円以上減ると仮定した場合、失業者数は08年のリーマン・ショック後の113万人を上回る130万人超となる計算で、下方修正されれば、さらに増えることになる』と分析」


・「『需要不足は20年4~6月時点で40兆円以上、21年度末の時点で20兆円以上と考えられ、最低でも <真水20兆円以上の財政出動> が必要になるだろう』と強調する」


・「財政投融資や民間投資も含む事業規模は4月に決定した1次補正で117兆円。2次補正との合計は200兆円を超え、安倍首相は『GDPの4割に上る、空前絶後の規模、世界最大の対策』と強調する」


・「〔上武大教授の田中秀臣氏〕は、『支払いを減らす政策だけでなく、手元のお金を増やす政策が必要だ。感染期に毎月5万円を給付するか、<10万円の給付金を再度実施> すべきだ』と語る。企業の資金繰り支援について田中氏はこんなアイデアを出す。


〈『無担保マイナス金利』の貸し出し制度を導入すべきだ。日銀が金融機関に実質的に補助金を与え る形になるため、積極的に貸し出すようになる。雇用調整助成金は手続きが面倒になるため、政府 が『コロナ債』を発行して日銀が買い取るなどして基金を立ち上げ、手続きを簡略化するのも重要 だ〉


〔政権の一丁目一番地〕である経済政策で真価を発揮するしかない」・・・

« 何だ、貰いっ放しの『真水』は10兆円程度か? | トップページ | 緊急事態宣言の解除後に見えてくる《小池吉村連合》の目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何だ、貰いっ放しの『真水』は10兆円程度か? | トップページ | 緊急事態宣言の解除後に見えてくる《小池吉村連合》の目 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト