« 景気予測に〔新宿の母〕か? | トップページ | 何だ、貰いっ放しの『真水』は10兆円程度か? »

シャープに見る『マスクファッション』時代の到来)

2020年05月28日
(シャープに見る『マスクファッション』時代の到来)


https://www.sankei.com/premium/news/200528/prm2005280004-n1.html


・ガキの頃、お金持ちの爺様の『冬のファッション』は〔貂(テン)襟のマント〕に〔シャッポ〕(耳隠し型も)、そして〔烏天狗風のオーバーマスク〕だった。勿論内側には不織布なんて無い時代だから、〈アベノマスク風〉のガーゼマスクをしていた。


・私は『コロナ禍』が、世界のファッションに『マスクファッション』という新しいジャンルを創出したと思っている。夏は今のような「パンツ一丁で外歩き」しているような恰好は止むを得ないが、冬には必ず『オーバーマスク』が出て来ると思う。


・間抜けの代表のような〈アベノマスク〉は未だ手元に届かないが、結局夏は〈不織布・使い捨て〉が主流になるだろう。しかも〈シャープ〉か〈アイリス〉か〈ユニクロ〉か。今のように仕方なく〔支那製〕を着用していても、日本の監視社会は段々〔白い目〕で診るようになり、〈国産〉か〈欧米のブランド品〉に移行していくのではなかろうか?


・特に『オーバーマスク』の冬ともなれば、懐かしいバブル期の〈モラビト〉や〈サンローラン〉が出てきても不思議は無い。アグレッシヴ思考はいいが、ここまで書くと怒られるか?


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【シャープのマスクは『プレミアム』 市場価格下落でも人気維持】産経ニュース 2020.5.28 08:00」


。「新型コロナウイルスの感染拡大を受け、シャープが液晶工場で生産するマスクの販売が好調だ。マスクは一時に比べて品不足が解消され、商店街などでは安価で販売され始めている。それらと比べるとシャープのマスクは割高ともいえるが、抽選ではこれまでに778万件超の応募があり、発売当初は電子商取引(EC)サイトにアクセスが集中してIoT(人とモノのインターネット)家電の操作に影響が出る一幕もあった。質の高さに加え、<マスク生産にいち早く参入>したことや、社名が入る『プレミアム感』も人気の秘訣のようだ。(山本考志)」


■「107年の歴史で最大のヒット」


・「シャープは4月27日にマスクの抽選販売を始めて以降、現在は〔毎週水曜日に抽選販売〕を実施し、サイトで購入希望者を募集している。5月20日の第4回販売には新たに32万人超の応募があり、応募総数は778万7472人に達した」


・「一方、国内では高騰していたマスクの販売価格が落ち着き始めている。インターネット通販では4月上旬に1箱(50枚入り)4千円前後で販売されていたが、5月上旬ごろからは2千円前後のものが目立つ。全国マスク工業会は『ドラッグストアなどに商品が行き渡り始め、ネット通販や異業種による店頭販売の商品で値崩れが起きているのではないか』とみる」


・「このような状況のなか、シャープのマスクは〔1箱3938円(税・送料込み)-のため割高になりつつある。それでも当選倍率は毎回100倍以上。5月3日には同社の公式ツイッターが『家電メーカーのシャープ、107年の歴史で最大のヒット商品がマスクになってしまいそう』と自虐的にツイートするほどの人気ぶりだ」


■「肌ざわり、見た目ともよし」


・「高い倍率を突破して当選した人からの評判も良好で、SNS(会員制交流サイト)ではシャープの社名が印刷されることに『かっこいい』との評価が多く、『特別なマスク』として所有欲をそそられるようだ」


・「マスクを購入した奈良市の男性会社員(45)は『肌触りが心地よく見た目のフォルム(形状)もすばらしい』と絶賛。付け心地の良さから家族で取り合いになったといい、『せっかく届いたのに家族に独占され、自分は安価な海外製のマスクを着けざるを得ない』と嘆く」


・「人気の秘訣についてシャープの広報担当者は『国内生産の安心感に加え、自宅に届くまでの期間が短いことも評価されている』と分析。1日当たりの生産量50万枚の目標に向け、さらなる生産態勢の増強を急いでいる」


■IoT家電の遠隔操作に支障も


・「シャープのマスク生産への新規参入は異例のスピードで実行された。政府の要請を受けた直後の2月下旬にマスク生産を決断。中小型液晶ディスプレーを生産する三重工場(三重県多気町)のクリーンルームに製造ラインを設置し、3月24日に生産を始めると同31日には出荷を開始した。同社の〔戴正呉会長兼社長〕は社内向けのメッセージで『極めて速いスピードで異業種分野において生産を立ち上げた一例だ』と胸を張った」


・「<マスク不足の解消に一役買った心意気に注目が集まった> こともあり、一般向けの販売では騒動も。当初は先着順としてECサイトで発売したところ、購入希望者からのアクセスが殺到し、接続しにくい状態になった。この影響で同社のIoT家電でスマートフォンなどからの遠隔操作が利用できない事態が発生。販売方式を抽選に変更した」


・「同社は昨年10月に家電などのIoT化を進める事業部を分社化し、IoT家電と連携させたクラウドサービス事業の強化を目指しているだけに、マスクの人気ぶりが思わぬ形で本業にみそをつけることとなった。それでも、令和2年3月期連結決算が減収減益になるなど業績が好調とはいえないシャープにとって、マスク参入が企業イメージの向上につながったことは間違いない」・・・

« 景気予測に〔新宿の母〕か? | トップページ | 何だ、貰いっ放しの『真水』は10兆円程度か? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 景気予測に〔新宿の母〕か? | トップページ | 何だ、貰いっ放しの『真水』は10兆円程度か? »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト