« よくも言ったぜ隣国『南』、「日本は今こそ我が国に学び、支援を乞うべきだ!」 | トップページ | 亀井ゲタオ君、久々に語る!:「真水は200兆でも300兆でも」 »

〔キヤノンの映像技術〕無しでは【2019年ラグビーW杯】は無かった!

2020年05月29日
(〔キヤノンの映像技術〕無しでは【2019年ラグビーW杯】は無かった!)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20200529/0001.html


・この[浪速風]は「何を惚けたこと」言っているのか!我らはつい昨年(2019年)、日本で開催された【ラグビーW杯】で、凄まじいばかりの『キヤノンの映像技術』を堪能したばかりではないか?


・100台を超えるカメラが、あらゆる角度でその〔格闘技〕と〔スピード〕を捉えてくれていた。それは揉み合うラガーたちの中に、「まるで自分も居る」ような感覚を持たせてくれた。そしてそれは、〔映像技術の進化と今後〕を暗示してくれるモノだった。


・『俄かラグビーファン』の増殖に、あの『映像技術』は大いに役立った。それはMLB(メジャー)にもNPB(日本プロ野球)にも言えることだ。無観客試合が続くなら、「キヤノンに相談する」くらいの柔軟な頭をトップ達は持つべきだ。それは〔大相撲〕にも言える。


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風] リモートでも堪能できるアイデアに期待】産経スペシャル 2020.5.29」


・「プロ野球の開幕が〔6月19日〕に決まった。待ち望んでいたファンは多いだろう。日本野球機構の公式ソング『Dream Park~野球場へゆこう~』に、こんな歌詞がある。『100マイルのストレート 星にとどくホームラン 風のように走って グラブは踊る』。そんな、ワクワクする試合が増えればいい」


・「▼〔スポーツノンフィクション作家、山際淳司さん〕は短編コラム【スタジアムからの贈り物】にこう記した。『スポーツの感動は、第一義的には、ライブにある。その瞬間の、肉体の躍動、あざやかなパフォーマンス、信じがたい逆転劇…。こういったものは、その場で時間を共有していないと味わいがたい』。だから、ファンは球場に足を運ぶのである」


・「▼しかし、今季は当面、無観客。ただ、コラムが発表された約30年前には想像できなかった技術も誕生している。リモートでも、試合の魅力を堪能する方法はあるはず。ユニークなアイデアに期待したい」・・・

« よくも言ったぜ隣国『南』、「日本は今こそ我が国に学び、支援を乞うべきだ!」 | トップページ | 亀井ゲタオ君、久々に語る!:「真水は200兆でも300兆でも」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« よくも言ったぜ隣国『南』、「日本は今こそ我が国に学び、支援を乞うべきだ!」 | トップページ | 亀井ゲタオ君、久々に語る!:「真水は200兆でも300兆でも」 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト