« 日本の『生ぬるい』新型コロナ対応がうまくいっている不思議 | トップページ | 『大阪モデル』も『阪大ワクチン』も、『大阪都』への入り口 »

オゾンガスで新型コロナを無害化確認:始まった日本の逆襲

2020年05月16日
(オゾンガスで新型コロナを無害化確認:始まった日本の逆襲)


https://www.sankei.com/west/news/200515/wst2005150031-n1.html


・見てろ、賢い日本の逆襲だ。最大の到達点は『コロナ特効薬』と『コロナワクチン』だが、特効薬の方は「アメリカとドイツの連合軍に花を持たせる」としても『阪大ワクチン』は絶対の日本発で、世界に貢献しなければならない。そのハシリがこの <オゾンガスで新型コロナを無害化確認> ではあるまいか?


・基本は『アルコール消毒』としても、病院内や診察室、病棟に〔絶えず清浄な空気が流れている〕ってのは、何とも気分の良い話だ。


・産経WEST から、記事を以下。


・「【オゾンガスで新型コロナを無害化確認 奈良県医大、世界初】産経WEST 2020.5.15 22:00」


・「『奈良県立医科大学』(同県橿原市)などは15日、<新型コロナウイルスがオゾンガスによって無害化する> ことを世界で初めて確認したと発表した。<将来的に病棟や診察室での活用> が期待できるという」


・「今回の実験では、密閉された容器の中で新型コロナウイルスに規定の濃度のオゾンガスを約1時間噴霧。その結果、感染力を持ったウイルスが最大で1万分の1にまで減少することが確認された。今後は病室などの臨床現場に近い環境で、効果があるかどうか検証する必要があるという」


・「オゾンガスはすでに〔ノロウイルス〕や〔重症急性呼吸器症候群(SARS)〕に効果があることが確認されており、医療現場や救急車に発生機が導入されている」


・「同大感染症センターの〔笠原敬センター長〕は『オゾンガスは生成に原材料がいらず、残留毒性もないので現場にもメリットはある』と説明」


・「一方で『消毒はアルコールなどによるふき取りが基本』で、オゾンガスはあくまで補助的に使うもの。それだけで消毒が完了するわけではない』と強調した」・・・

« 日本の『生ぬるい』新型コロナ対応がうまくいっている不思議 | トップページ | 『大阪モデル』も『阪大ワクチン』も、『大阪都』への入り口 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の『生ぬるい』新型コロナ対応がうまくいっている不思議 | トップページ | 『大阪モデル』も『阪大ワクチン』も、『大阪都』への入り口 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト