« マイナンバーに振込先や個人情報を紐付け | トップページ | 富士フイルム、新型コロナ肺炎を〔AI診断〕 »

豪州の『対支強硬路線』、良いではないか?

2020年05月18日
(豪州の『対支強硬路線』、良いではないか?)


https://www.sankei.com/world/news/200518/wor2005180011-n1.html


・私は余りにも〔支那〕ベッタリだった豪州政権に〔アメリカ〕が心底怒り、〔豪ターンブル政権〕が支那に『掌返し』してからの〔豪支関係のギクシャク〕だと思う。


・アメリカの〔海兵隊〕が常駐している豪州北部の要衝;『ダーウィン港』を、支那企業:『嵐橋集団』に99年間も賃借すれば、鷹揚なアメリカでも裏から「殺すぞ!」位の脅しはかけていたと思う。(2016年)


・南シナ海に出撃するにも、『ダーウィン港』は正に要衝だが、もう〔海兵隊〕の動きは支那にダダ洩れである。おまけに昨年、豪州島嶼になる〔ソロモン諸島〕も〔キリバス〕も、支那に抑えられた。私は日本が〔米英仏独加〕に根回しして、「支那から1兆円近くも借金したイタリアは信用出来ない。この際G7から出て行って貰い、代わって豪州に参加して貰おう」と言うべきだと思う。


・〔米英仏日独加豪〕による新しい〔G7〕、良いではないか。豪州の『対支強硬路線』、アメリカだけでなく〔G7〕として応援すべきである。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【豪州、コロナ対応で中国に強気 報復でも調査要求堅持】産経ニュース 2020.5.18 17:09」


・「【シンガポール=森浩】新型コロナウイルスの対応をめぐり、オーストラリアと中国の対立が深まっている。発生源などに関する独立した調査を求める〔豪州〕に対し、中国は牛肉の輸入制限など“報復”を実施したが、中国への警戒を近年高める豪州で〔モリソン政権〕は強気姿勢を堅持している」


・「対立の引き金は、4月中旬以降相次いだ豪州閣僚による『独立した調査』の要求だ。新型コロナの発生と流行の経緯を第三者が調査することを求めるもので、モリソン首相自身も『再発を防止するために必要だ』との見解を述べた。調査には『世界保健機関(WHO』)の加盟国が協力すべきだと訴えており、20カ国・地域(G20)首脳に文書を送って独立調査への支持を求めている」


・「豪州にとって中国は <輸出額の約30%を占める最大の貿易相手> だが、近年は不信感を募らせてきた。豪州が伝統的に影響力を持つ南太平洋の島嶼(とうしょ)国に、中国は経済力をテコに勢力を拡大させている。〔ソロモン諸島〕と〔キリバス〕は昨年9月、〔台湾〕と断交して中国と国交を結んだ。豪州は中国が島嶼国を軍事拠点化することを懸念し、神経をとがらせている」


・「国内では中国による複数の工作活動疑惑も浮上した。2017年には中国人富豪による野党陣営への政治献金が大規模スキャンダルに発展した。昨年暮れには、中国の情報機関が豪州総選挙(昨年5月実施)に中国系の高級車販売業の男性を出馬させようとしていたことが判明。男性は豪保安情報機構(ASIO)に相談後、ホテルで死亡しているのが見つかった」


・「こうした事態を受け、国民の反中意識は高まりを見せている。地元シンクタンクの昨年の調査によると、中国が『国際社会で責任ある行動を取る』と肯定的な見解を示した人は32%に留まり、18年の52%から急落した。豪州はこれまで重要な同盟国である〔米国〕と、最大の貿易相手国である〔中国〕の間でバランスを取ってきたが、中国の内政干渉ともいえる動きで、警戒感が強まっている格好だ」


・「中国は豪州への事実上の対抗措置として、今月12日付で食肉輸入を部分的に停止した。豪州産大麦に高関税を掛ける可能性も取り沙汰されている。豪州では地方政府や農業関係者から経済的影響を懸念する声が上がる。だが、モリソン政権は『感染者家族は透明性のある方法での答えを求めている』(ダットン内相)として、独立調査を求める動きを崩しておらず、中国との対立解消の見通しも不透明だ」・・・

« マイナンバーに振込先や個人情報を紐付け | トップページ | 富士フイルム、新型コロナ肺炎を〔AI診断〕 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マイナンバーに振込先や個人情報を紐付け | トップページ | 富士フイルム、新型コロナ肺炎を〔AI診断〕 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト