« コロナ禍に有効な手立てを打つための議論は、コロナ禍が収まるまではしない | トップページ | 自民党政調副会長の「補足ってか言い訳」インタビュー »

新型コロナ対応で解任の米空母艦長、下船時に乗組員から喝采

2020年04月04日
(新型コロナ対応で解任の米空母艦長、下船時に乗組員から喝采)


https://news.livedoor.com/topics/detail/18070259/


・米海軍上層部は、艦長が「マスコミにリーク」していたことで面子を失って〔解任〕したのだろうが、艦長は「そうでもしないと海軍上層部は動かない」ことを肌身で知っていたのだろう。


・米海軍空母:『セオドア・ルーズベルト』は巨艦で、5000人が乗れるという。作戦時の乗組員数は知らないが、ま、4000人は超えていたのだろう。〔137人が陽性反応〕ということは、軽く4000人に届く状況だったのではないか。


・そんな空母は日本には無いが、〔護衛艦〕〔潜水艦〕など <少人数でも逃げ場がない> 乗組員は恐怖だろなぁ。それこそ〔週に2回〕でも、PCR検査が必要ではないのか。


・ライブドアニュース から、CNN.co.jp の記事を以下。


・「【新型コロナ対応で解任の米空母艦長、下船時に乗組員から喝采】CNN.co.jp 2020年4月4日 11時54分」


・「(CNN)米空母『セオドア・ルーズベルト』の艦長が船内での新型コロナウイルス感染拡大について警鐘を鳴らした後に解任された件で、空母を去る艦長に乗組員から拍手喝采が上がったことが分かった」


・「CNNが入手した映像には、集まった大勢の乗組員が拍手や名前の連呼で〔ブレット・クロジャー艦長〕を盛大に送り出す様子が映っている。クロジャー氏は『稚拙な判断』を理由に解任されたが、乗組員からは感謝されていることが明らかに見て取れる。〔モドリー海軍長官代行〕は2日、クロジャー氏について、自身の指示で〔スチュワート・ベイカー空母打撃群司令官〕によって解任されたと発表していた」


・「クロジャー氏は解任の数日前、乗組員の命を救うためには決然たる行動が必要だと海軍上層部に訴える書簡を作成。米国の国防当局者3人がCNNに確認したところによると、書簡には『我々は戦争状態になく、水兵らは死ぬ必要がない。直ちに行動を起こさなくては、我が軍の最も信頼のおける資源である水兵を適切に保護できなくなる』と記述されている」


・「これに対しモドリー氏は、クロジャー氏が懸念を提起したこと自体は正しいとする一方、同氏が『極めて稚拙な判断』を示し、自身の懸念を記した書簡を20~30人と広範囲に送付したことで混乱を招いたと指摘した」


・「書簡の内容は〔米紙サンフランシスコ・クロニクル〕に掲載された。モドリー氏は同紙で初めて書簡を見て驚いたとしながらも、メディアへのリークがあったかについて情報は持っておらず、解任理由でもないと説明。ウイルスの感染拡大という対応困難な局面で、プロとしての行動が最も求められる時にそれができなくなるまで状況の進行を許したことが要因だと語った」


・「米国防当局者が3日午前にCNNに明かしたところによると、セオドア・ルーズベルトではこれまで乗組員137人が新型コロナウイルスの陽性反応を示したという。これは米軍全体の感染者の10%以上に当たる」


・「民主党の上院議員のグループは、国防総省の監察官代行に対し、同空母での感染拡大の報告に対する海軍の対応とクロジャー艦長の解任決定について正式に調査をするように要請した」・・・


《米海軍の原子力空母セオドア・ルーズベルト》

Photo_20200404170201

« コロナ禍に有効な手立てを打つための議論は、コロナ禍が収まるまではしない | トップページ | 自民党政調副会長の「補足ってか言い訳」インタビュー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍に有効な手立てを打つための議論は、コロナ禍が収まるまではしない | トップページ | 自民党政調副会長の「補足ってか言い訳」インタビュー »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト