« 矢張り英オックスフォード大も:コロナワクチン治験 | トップページ | 『3密』条件は日本独自のもので甘すぎる »

ドイツでも『コロナワクチン』の治験開始!

2020年04月25日
(ドイツでも『コロナワクチン』の治験開始!)


https://news.google.com/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vbmV3cy50YnMuY28uanAvbmV3c2V5ZS90YnNfbmV3c2V5ZTM5NjI4NjcuaHRtbNIBAA?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・うぅん、「日本から初期症状治療薬(代行?)の『アビガン』を大量購入した」裏事情が分かって来たぞ! ①PCR検査を加速させ、➁初期・中期患者の症状を『アビガン』で抑えさせ、③変異して重篤になったら「『ナントカ』と『ナントカ』の併用」で治療薬としながら、一気に『ワクチン開発』に突っ走るのだろう。


・それに引き換え「日本はどうした?」・・・〈アベノマスク全回収で、検品後、再配布〉だそうな? 私は大阪に住んでいるので 「阪大DNAワクチン先行」の噂話ばかりだが、影も形も見えないではないか?


・GOOGLEニュース から、TBS の記事を以下。


・「【ワクチン開発加速、ドイツが臨床試験へ】TBS 2020/04/23」


・「新型コロナウイルスのワクチン開発が加速していますが、ドイツでは初めてとなる臨床試験が認可されました」


・「これは、ドイツのバイオ医薬ベンチャー企業『ビオンテック』が開発するワクチンで、今月中にも <18歳から55歳までの200人> に対し試験を行うとしています。試験はその後、『感染の危険性が高い人』にも対象を広げて行われる予定です」


・「ビオンテックは <アメリカの『製薬大手ファイザー』と共同で4種類のワクチンを開発していて、認可が下り次第、アメリカでも臨床試験が開始される見込みです」


・「新型コロナウイルスには有効なワクチンがまだなく、世界中で開発が加速していて、臨床段階に入ったのは、〔アメリカ〕や〔中国〕、〔イギリス〕に次いで世界4例目となります。試験結果は6月末か7月初めに出る予定で、ワクチンのおおよその効果が判断できるとされています」・・・

« 矢張り英オックスフォード大も:コロナワクチン治験 | トップページ | 『3密』条件は日本独自のもので甘すぎる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 矢張り英オックスフォード大も:コロナワクチン治験 | トップページ | 『3密』条件は日本独自のもので甘すぎる »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト