« 世紀の歌 心の歌 【東京ブギウギ】 | トップページ | 「まだ選手村宿泊施設の買主と話が纏まらないので」と正直に言え! »

志村ーっ、後ろ後ろ!

2020年04月01日
(志村ーっ、後ろ後ろ!)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20200401/0001.html


・さすがに『あきれたボーイズ』は兄貴らの世代だが、私は『川田晴久とダイナブラザーズ』からだ。〈♪地球の上に 朝が来る その裏側は夜だろう〉 が真空管ラジオから流れると、一言一句漏らすまいと正座して聞いていた。


・今や〔歌神・美空ひばり〕の歌唱にも強い影響を与えていたとAIが立証しているんだから、〔川田〕は天才だったのだろう。で、次は〔坂本九〕を盛り立てていた『ダニー飯田とパラダイスキング』に嵌った。【九ちゃんのズンタタッタ】なんざいい。私の青春期の歌の師匠:〔原クン〕が抜群に上手かった。以下。

〈ズンタタッタ ズンタタッタ ズンタタッタズン
 あ聞いてくれ 聞いてくれ 話さなきゃいられねぇんだ
 素晴らしいんだ 素敵なのさ
 丘の上の 白い家(うち)の あの娘(こ)は素敵なんだ
 17歳なのさ〉

“それが何だ それがどうした それが何だよ”

〈あ聞いちゃいけないよ僕はね 僕は彼女が 好きになったのさ〉

“ヤハハの ヤハハの ヤハハのハ”


・・・天才・青島幸男の詞や曲は、やがて『ハナ肇とクレージーキャッツ』に繋がって行く。


〈“私だけが 貴方の妻 丈夫で長持ち 致します”
 
 てなこと言われてその気になって 女房にしたのが大間違い
 炊事洗濯 まるで駄目 食べることだけ三人前
 一言小言を言ったらば プイと出たきり ハイそれまでよ

 “ふざけやがってふざけやがってふざけやがって この野郎!”


・〔ハナ〕が頓死し、〔エータロー〕が逝き、〔植木〕も意外と短命で〔谷啓〕も後を追い、〔センリ〕も逝って、今は〔犬塚〕だけか?しっかしま、クレージーの衰退にオーバーラップを書けるように『ザ・ドリフターズ』が出て来た。


・〔荒井注〕が「体力的にもたない」と抜けて、〔坊や〕(グループの付き人・若い衆)だった〔志村けん〕が加盟した。今じゃ伝説になっている〔長い長い毎日のミィ-ティング〕にも耐えて、〔志村〕はいつの間にか〔加藤茶〕の相手を張る看板スターになって行った。


・舞台のメンバーと客席の子供らはいつも一体化していた。〈ババンババンバンバ宿題やったか ババンババンバンバ歯みがけよ〉と、子供らはみんなドリフの一員だったのだ。だからこの記事の「志村ーっ、後ろ後ろ!」なんざ、滅茶滅茶懐かしい。


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風]志村ーっ、後ろ後ろ】産経スペシャル 2020.4.1」


・「大人から見ると下品な悪ふざけに過ぎず、子供の教育上よろしくない-。〔志村けんさん〕の芸は、おおむねそんな風にみられてきた。しかし、実は研究熱心で丁寧に笑いを作っていたという。好んで聴く落語家は、学究肌で知られる〔二代目桂枝雀さん〕だったとも。相通じる部分があったのだろう」


・「▼枝雀さんによると、笑いは『緊張の緩和』で起きる。また、古典落語の下げは、聞き手がそんなアホなと突っ込みたくなる『ドンデン』『へん』、なるほどとうなってしまう『謎解き』『合わせ』の計4つに分類できるという(ちくま文庫「らくごDE枝雀」)」


・「▼舞台後方から迫る幽霊。だが志村さんは気付かず、客席の子供たちが『志村ーっ、後ろ、後ろ』と大声を上げる。緊張が徐々に高まり、志村さんが幽霊と鉢合わせして腰を抜かしたところで爆笑。冷めた見方をすれば、計算尽くのマンネリだ。でも放送されたら、また笑ってしまうんだろうな。もう大人なのに」・・・

« 世紀の歌 心の歌 【東京ブギウギ】 | トップページ | 「まだ選手村宿泊施設の買主と話が纏まらないので」と正直に言え! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世紀の歌 心の歌 【東京ブギウギ】 | トップページ | 「まだ選手村宿泊施設の買主と話が纏まらないので」と正直に言え! »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト