« 2/14に肝細胞がんの手術が出来た私は強運? | トップページ | 給料が減らない役人や国会議員が考えることの限界:30万円給付 »

マスク騒動に品性が見える

2020年04月09日
(マスク騒動に品性が見える)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20200409/0001.html


・たしかボロ儲け県議は静岡人だった。これはこの〔お嬢さん〕のお蔭で、「その品性において」山梨人が静岡人に大勝ちしたのだろう。お嬢さん、何度見てもカワユイね!


・ただ〔孫氏〕も〔三木谷氏〕も、成功者として「カッコいい」なぁ、羨ましいよ。ただ「金持ちはみな、そうすべきだ!」はビンボー人の僻みだぜ。カネはどう使おうが、その人の勝手。「そうあるべきだ」は、口が裂けても言ってはイケナイ!


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風] 『何か自分にできること』マスク騒動に品性が見える】産経スペシャル 2020.4.9」


・「マスク騒動に〔人の品性〕が見える。先日、お年玉貯金から8万円を材料代にあて、手作りのマスク600枚余りを山梨県に寄付した甲府市の女子中学生が話題になった。同じ頃、大量のマスクをネット販売し888万円を売り上げた県議がいたが、1枚の価値が随分違う」


・「▼シャープが2月末にマスク製造を発表したとき『今から?』と思ったのはこちらの見通しが甘かった。ついにトヨタ自動車もマスク(医療用フェイスシールド)を作るという。マスクの話題を聞かない日はない」


・「▼その中でソフトバンクの〔孫正義氏〕がマスク100万枚を個人調達し、配るそうだ。楽天の〔三木谷浩史氏〕は、個人所有するホテルを大阪府に無償提供するらしい」


・「こんなときだからこそ『何か自分にできることを』と思うのが社会の中で生きる人間というものだろう。思い出したのは昨年正月、お年玉1億円を大盤振る舞いした人がいたことだ。今こそ、そのお金を使ってくれればよかったのに」・・・


《山梨県の長崎幸太郎知事(右)に手作りのマスクを贈る滝本妃さん=県庁(渡辺浩撮影)》

Photo_20200409223501

« 2/14に肝細胞がんの手術が出来た私は強運? | トップページ | 給料が減らない役人や国会議員が考えることの限界:30万円給付 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2/14に肝細胞がんの手術が出来た私は強運? | トップページ | 給料が減らない役人や国会議員が考えることの限界:30万円給付 »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト