« 『阪大ワクチン』は、〔安価で量産に向いている〕が念頭 | トップページ | 森田健作エエゾ!・幕張メッセ活用案:コロナ »

営業続けるパチンコ店 休業に踏み切れないワケとは…

2020年04月23日
(営業続けるパチンコ店 休業に踏み切れないワケとは…)


https://news.google.com/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vbWFpbmljaGkuanAvYXJ0aWNsZXMvMjAyMDA0MjIvazAwLzAwbS8wNDAvMTc3MDAwY9IBPWh0dHBzOi8vbWFpbmljaGkuanAvYXJ0aWNsZXMvMjAyMDA0MjIvazAwLzAwbS8wNDAvMTc3MDAwYy5hbXA?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・東京五輪を目前にしていた日本は、『コロナ戦争』の不意打ちを喰らい、誰の目にも〔初動遅れ〕の失態を晒し続けている。『逆転大ホームラン』を『阪大DNAワクチンの開発成功と量産化』に頼るしかない現状だ。


・パチンコ業界の〔横着〕は、日本の敗戦直後、日本津々浦々の『駅前ゾーン』『駅裏一帯』を強奪して〔我が物〕にした在日コリアンの「日本の弱みに付け込む」行為に似ている。そういう時に〔異民族の顔〕が出る。特に日本には、『統治されていた逆恨み感情』が強い。


・特に『コロナ戦争』では隣国『南』の動きは早く、世界トップクラスだった!と称賛しても良い。トップだったろう〔台湾〕も、2位だったと言って良い〔隣国『南』〕も、共に『日本の統治下』にあったのだが、〔支那〕と〔『北』〕の侵攻に対し『常在戦場の緊張感を持ち続けて来た』両国の、体制の勝利とも言えよう。


・『プロ野球開幕戦』が台湾・『南』の順に始まるのも、「コロナを抑え込んだ自信の表れ」だと思う。台湾はそれでも「日本への恩義を忘れない」国だが、南は今、「日本逆差別」の風潮喚起の只中だ。『パチンコ業界』が素直に〔日本側の要請〕に従う筈も無い。全ては『命令と補償』ではなく、『要請と損失一部補填』とした天下の悪法:『改正新型インフルエンザ等対策特別措置法』にある!


・GOOGLEニュース から、毎日新聞 の記事を以下。


・「【営業続けるパチンコ店 業界団体も苦悩する休業に踏み切れないワケとは…】毎日新聞 2020年4月22日 18時51分(最終更新 4月23日 01時27分)」


・「『緊急事態宣言』を受けた兵庫県による休業要請の対象とされながら、一部のパチンコ店が営業を続けている。県内では22日現在、64店が営業しており、オープン前には行列もできている。業界団体はクラスター(感染者集団)の発生やイメージダウンを防ごうと、電話や文書で休業をお願いするものの、応じない事業者も少なくない。県は実名公表も視野に入れるが、閉められないホール側の事情もある」


・「『お金をいただいておいてなんですが』。〔井戸敏三知事〕は20日に県庁内の一室でこう切り出した。相手は『県遊技業協同組合』(神戸市中央区、加盟383店)の幹部たち。新型コロナウイルス対策の寄付金300万円を手渡すために訪れたのだが、その場で井戸知事から『休業の要請をぜひともお願いします』と頼まれたのだった。井戸知事の表情は穏やかだったが、組合幹部らは『放っておけない』と緊張感を強めた」


・「パチンコ店の開業などで許認可権を持つ県警からは『要請はしづらい』と言われ、県としては組合が頼みの綱だ。組合は緊急事態宣言が発令された7日と、休業要請に応じた事業者へ最高で100万円を出す県の支援金制度が発表された17日、加盟店に文書で休業を要請した。それでも、非加盟の1店を含む64店が営業を続ける」


・「井戸知事から“直談判”を受けた形となった組合は21日、早速動いた。営業を続ける店舗に休業を強く訴える文書を再び出し、電話でも『万が一、クラスターが発生したらどうするのか』と事業主に説得を重ねた。その結果、25日にはオープンを続ける加盟店数は49にまで減る見込みだ。しかし目標とする全店休業には至っていない」


■1日売り上げ1000万円も「居酒屋とは比べものにならない」


・「休業に踏み切れない事情もある。組合によると、<家賃や人件費などの固定費がネック> だという。事業者によっては、街中の広いホールと多くの従業員を抱え、家賃だけでも月1000万円を超えることもある。売り上げが1日1000万円にも達することもあるといい、『動く金額が居酒屋とは比べものにならない』(業界関係者)という」


・「休業に応じて国や県から公金をもらっても『焼け石に水』というわけだ。店内を消毒するなど感染予防の対策を講じているという。組合の〔甚田郁雄専務理事〕は『このままでは業界全体が世間からバッシングを浴びてしまう。『苦しいのはどこも一緒だ』と呼びかけてはいるが、目の前の生活もあり、足並みをそろえるのは難しい』と嘆く。業界関係者からは『情けない話だが、店を一律に閉じるには強制力に頼るしかないのではないか』と漏らす」


■依存症の心配も


・「パチンコ店の利用者を心配する声も出ている。かつて自らがギャンブル依存症に苦しみ、現在は依存症の人や家族を支援する一般財団法人『ワンネスグループ』(本部・沖縄県)の〔三宅隆之共同代表〕は『感染リスクがあると分かっていながら『やることがない』という表向きの理由だけで店に行く人は、依存的な要素がある。そういう行動に気づけるのは周囲の人だけ。とがめるのではなく、『健康が害されるかもしれないから心配だ』とメッセージを送り、本人の行動が変わるように仕向けてほしい』と呼び掛ける」


・「井戸知事は21日の記者会見で『(休業)要請に応えられているのは当たり前のこと』との認識を示した。その上で今週中にも、営業を続ける店舗について、『改正新型インフルエンザ等対策特別措置法45条2項』の適用について判断し、店名を公表する考えを表明した。通報が寄せられる県のコールセンターの電話は鳴り続けている。【藤顕一郎】」・・・

« 『阪大ワクチン』は、〔安価で量産に向いている〕が念頭 | トップページ | 森田健作エエゾ!・幕張メッセ活用案:コロナ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『阪大ワクチン』は、〔安価で量産に向いている〕が念頭 | トップページ | 森田健作エエゾ!・幕張メッセ活用案:コロナ »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト