« 全国の世帯に布製マスクを2枚ずつ配布する・・・安倍ちゃん正気か? | トップページ | 私は「トランプ再選は『危うし』」と読む »

『コクサン』の基盤整備へ大賛成!:新潟でアビガン原料の生産再開へ

2020年04月02日
(『コクサン』の基盤整備へ大賛成!:新潟でアビガン原料の生産再開へ)


https://www.sankei.com/economy/news/200402/ecn2004020036-n1.html


・渦中だが、「安ければ生産拠点を海外へ」一辺倒の考えの危うさを、今回のコロナ騒動の『マスク不足』から日本・日本人は学ばなければならない。「一定量は国産で」の考えは、『食糧』にも繋がる話だが、長くなるのでこの記事は「コロナ」だけに絞る。


・どうやら今回のコロナワクチンは、日本ではなくアメリカの『ジョンソン&ジョンソン』に軍配が上がったようだ。早ければ9月にも治験を終え、続いて世界に向けての量産体制に入るという。来年に延期した【2020東京五輪&パラ五輪】の実施の鍵も握る話であるから頑張って欲しい。


・しっかしま、『コクサン』でカバー出来るモノは国産で・・・という基盤整備は「大切」ってより「命綱」ではあるまいか?「自国で出来るモノは自国で」「国が支援体制を常に持つ」という基本に立ち返れば、この「新潟でアビガン原料の生産再開へ」は、或る意味ビッグニュースである。


・仏教用語を借りてジョークを書くが、「〔他力本願〕と〔自力本願〕の絶妙なバランス感覚」こそ政治の基本姿勢である。【アベノマスク】の情けなさをベースに、記事をお読み戴きたい。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【新潟でアビガン原料の生産再開へ】産経ニュース 2020.4.2 17:30」


・「『デンカ』は2日、新型コロナウイルス感染症に効果が期待される新型インフルエンザ治療薬『アビガン』の原料〔マロン酸ジエチル〕の生産を5月から新潟県糸魚川市の工場で再開すると発表した」


・「デンカは国内で唯一マロン酸ジエチルを生産していたが、海外勢との競争激化などで事業継続が難しくなり2017年に撤退していた」


・「しかし新型コロナの感染拡大を受けて、日本政府から『国内での一貫した供給体制を構築するため国産の原料を使用したい』との要請があり再開を決めた」


・「糸魚川市の工場には当時の生産設備が残っている。デンカは設備の点検や修理を行い、他製品の生産ラインから人員を移すなど再稼働に向けた準備を進める。生産開始は来月下旬になる見通し」


・「アビガンは『富士フイルムホールディングス(HD)』傘下の製薬会社『富士フイルム富山化学』が開発。新型コロナ感染症の患者を対象した臨床試験(治験)も始まり、生産体制の強化を急いでいる」・・・


« 全国の世帯に布製マスクを2枚ずつ配布する・・・安倍ちゃん正気か? | トップページ | 私は「トランプ再選は『危うし』」と読む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全国の世帯に布製マスクを2枚ずつ配布する・・・安倍ちゃん正気か? | トップページ | 私は「トランプ再選は『危うし』」と読む »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト