« 今日にも総理大臣から『緊急事態宣言発令』:暮らしはどう変わる? | トップページ | 早急に『アメリカ型国民皆保険制度』の検討をブチ上げないと »

ドイツ政府が『アビガン』購入決定 数百万錠、重症者に投与

2020年04月07日
(ドイツ政府が『アビガン』購入決定 数百万錠、重症者に投与)


https://www.sankei.com/life/news/200407/lif2004070073-n1.html


・足元を見ての「ボッタクリ」は国家の品性を汚すが、〔菅官房長官〕が言っていた「引き合いが来ている30か国以上に無償提供」はおかしい。資本主義の根幹が立ち行かなくなる。


・私は「新聞記者の間違い」だと思っている。「テストに必要な一定量は無償提供」なのはアタリマエだが、購入決定されれば〔商売〕だ。商品としての対価を頂戴するのは当然だ。ドイツが数百万錠欲しがっている。いい商売しなはれや!


・『ジョンソン&ジョンソン』の治療薬は、治験が9月だ。半年間は「日本の『アビガン』が代替薬として〔世界の命〕を支えるのだ。これで「20兆円ほど」稼いだらどうか?


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【ドイツ政府が『アビガン』購入決定 数百万錠、重症者に投与】産経ニュース 2020.4.7 13:00」


・「ドイツ保健省は2日、同国政府が新型コロナウイルス感染症の治療薬として、日本で開発されたインフルエンザ薬『アビガン』の購入手続きに入ると明らかにした。ドイツメディアによると、数百万錠単位になるとみられ、重症者に投与する方針という。ドイツの専門家は治療効果が期待できると述べた」


・「アビガンは富士フイルム傘下の製薬会社『富士フイルム富山化学』(東京)が開発した。中国の研究で肺炎患者の症状が改善したとの報告があり、日本でも臨床試験が進んでいる」


。「報道によると、死者が激増する〔イタリア北部ロンバルディア州〕などでも臨床試験が行われているほか、インドネシア政府も多数を発注した。(共同)」・・・


《新型インフルエンザ治療薬「アビガン」(富士フイルム富山化学提供)》

Photo_20200407140101

« 今日にも総理大臣から『緊急事態宣言発令』:暮らしはどう変わる? | トップページ | 早急に『アメリカ型国民皆保険制度』の検討をブチ上げないと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日にも総理大臣から『緊急事態宣言発令』:暮らしはどう変わる? | トップページ | 早急に『アメリカ型国民皆保険制度』の検討をブチ上げないと »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト