« マスク騒動に品性が見える | トップページ | やっぱり大阪、何か有る?と思ってたが:医療用マスクや防護服の在庫ゼロ! »

給料が減らない役人や国会議員が考えることの限界:30万円給付

2020年04月09日
(給料が減らない役人や国会議員が考えることの限界:30万円給付)


https://news.livedoor.com/topics/detail/18097132/


・橋下ハッチャク氏の、


〈給料が減らない役人や国会議員が考えることの限界〉
〈彼ら彼女らの給料を半減したら、自分事としてやっと血の通った制度を作るだろう〉


の見解には大いに同意する。


・私みたく、「『コロナ禍』の死者より、もう始まっている大恐慌の(自殺する)死者の方が圧倒的に多いだろう」と心配しているブロガーとしては、ハッチャク氏には悪いが「全て〔国民一律@10万円の緊急バラマキ〕が済んでからの話」だと思う。


・各家庭が〔倅の代〕までかかって返済できるカネは、やっぱり〔500万円〕を限度としておけば良いのではないか?国は先ず〔消費の落ち込みをブロック〕するために〔国民一律@10万円の緊急バラマキ〕を迅速にやり(何のためのマイナンバーなのか?)、次が「無担保・無利息で500万円貸すよ」で良いではないか? 商売の資金なら、また別の話だ。


・ま、このご時世に、どの議員からも〔@100万円から500万円を集めて緊急ファンドを作る〕という提案が無いのは見事なものだ。〔孫氏〕も〔三木谷氏〕も賢いから、自分を先生と呼ばせたりしないが、何故か〔公僕〕であるべき議員は、互いをテレビ中継のカメラの前で〔先生〕と呼び合っている。


・滑稽だ!。ヒラ議員は互いに◯◯議員、相手に党の役職があればソレを冠にしてやる。大体そのあたりから正さなきゃ、日本は終わりだぜ!


・ライブドアトピックス から、デイリースポーツ の記事を以下。


・「【橋下氏 30万円給付制度に苦言『給料が減らない役人や国会議員が考えることの限界』】デイリースポーツ 2020年4月9日 20時7分」


・「元大阪市長で弁護士の〔橋下徹氏〕が9日、ツイッターを更新。新型コロナウイルス感染拡大に伴って所得が減った世帯に現金30万円を給付するという政府の緊急経済対策に対し、『給料がびた一文減らない役人や国会議員が考えることの限界』と苦言を呈した」


・「橋下氏は『現金30万円給付制度。僕が、知事・市長のときに、役人がこんな複雑な制度を持ってきたら『こんなん分からへんわ!』と突き返しただろう』と切り出し、『給料がびた一文減らない役人や国会議員が考えることの限界だ。<彼ら彼女らの給料を半減したら> 自分事としてやっと血の通った制度を作るだろう』と指摘した」


・「その上で、同氏は『ただし僕は給付には反対。各家庭に必要な額を借りてもらうことを柱にすべきという持論。1回30万円じゃ足りない家庭が多いだろう』と対案を示した」


・「さらに『だからといって無制限に渡すわけにはいかず、そこは返済することを前提に、各家庭に考えてもらう。ただし返済は収入に応じて返せる分だけ返すとなど工夫すべき』と提案した」・・・

« マスク騒動に品性が見える | トップページ | やっぱり大阪、何か有る?と思ってたが:医療用マスクや防護服の在庫ゼロ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マスク騒動に品性が見える | トップページ | やっぱり大阪、何か有る?と思ってたが:医療用マスクや防護服の在庫ゼロ! »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト