« WHOテドロス氏 事務局長の任に堪えない 更迭せよ | トップページ | 米は『南』の提案を拒否=米韓防衛費分担金交渉 »

日本の〔野党〕はゴキブリ以下だ!

2020年04月11日
(日本の〔野党〕はゴキブリ以下だ!)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200411/0001.html


・今の日本の〔政府与党〕は、『馬鹿の隊列』を超え、いよいよ『百鬼夜行』の体(てい)を見せている。国民にとって〔唖然〕〔呆然〕〔愕然〕の連発である。そしてこの『百鬼夜行』の揚げ足を取ることに専念している〔野党〕は、最早ゴキブリに伍している。いや、高禄を食んでいる分、ゴキブリより性質(たち)が悪い。


・どんな場面でも〔対案〕を持たない「思考能力停止」の彼らだ。今回の国難=『コロナ禍』に対して為す術(すべ)も有ろう筈も無い。せめて〔丸山穂高議員〕のように、「内部告発」「茶化し」でもやってくれた方が、国民の為になる。


・産経スペシャル から、【[産経抄]4月11日】 の記事を以下。


・「【[産経抄]4月11日】産経スペシャル 2020.4.11」


・「新型コロナウイルスの感染拡大は、<国権の最高機関であり立法機関である国会の機能すら麻痺(まひ)> させかねない。憲法56条は『総議員の三分の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない』と定める。議員の間に感染者や濃厚接触者が広がれば、あっという間に国会は停止する」


・「▼さすがに危機感を覚えたのだろう。これまで憲法改正論議に消極的に見えた『公明党』の〔北側一雄憲法調査会長〕は9日、こう明言した。『感染症の拡大がどう展開していくか分からない。(緊急事態に関する)憲法上の規定を議論するのはとても大事だ』」


・「▼ところが、『立憲民主党』など野党の多くは『不要とは言わないが不急だ』などと言葉遊びではぐらかして憲法審査会開催に応じない。『本当に事態が深刻になったときにはもう議論なんてできない』(与党の憲法審幹事)にもかかわらずである」


・「▼駒沢大の〔西修名誉教授〕(比較憲法学)は新著『憲法9条を正しく知ろう』で、衆参両院に設置された憲法審に費やされた予算が全く生かされていないと嘆いている。審査会がめったに開かれないので、仕事の機会が与えられない衆参事務局の人件費だけでこれまで〔16億2千万円〕がかかっていると」


・「▼『日本維新の会』の〔馬場伸幸幹事長〕の今年1月の衆院予算委員会での次の質問も紹介されている。『全然、議論しない。仕事をしないのに海外視察だけ行っている。一人200万円もの大金を使って。私からいえば慰安旅行ですよ、これ』」


・「▼視察しても審議はしないのだから、成果は反映させようがない。野党は、〔安倍晋三首相〕主催の『桜を見る会』に5千万円もかけたのはけしからんと追及してきたが、はるかに多額の血税を平気でどぶに捨てるようなまねをしている」・・・

« WHOテドロス氏 事務局長の任に堪えない 更迭せよ | トップページ | 米は『南』の提案を拒否=米韓防衛費分担金交渉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« WHOテドロス氏 事務局長の任に堪えない 更迭せよ | トップページ | 米は『南』の提案を拒否=米韓防衛費分担金交渉 »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト