« 「遅ぇーし少ないし」:公明党は〈所得制限ナシ〉 | トップページ | 日本の『玄関で靴を脱ぐ習慣』とコロナ »

武漢ウイルスは安全保障問題だ

2020年04月15日
(武漢ウイルスは安全保障問題だ)


https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200415/0001.html


・アメリカの診立ては以下だ。


〈支那が世界中に新型コロナを撒(ま)き散らした後に、多くの感染国に医療チームと大量のマスクを送る『マスク外交』をするのも気に食わない。『マスク外交』の後ろにある支那の覇権意欲を警戒している。『放火犯が消火チームを演じている』と揶揄(やゆ)する米学者もいる〉・・・


・これぞ「正鵠を射ている診立て」ではないか?日本は何度も騙され、未だに甘い夢を見ている『日中友好』の旗を降ろせ。支那に在る工場を、全て国内回帰させよ。


・記事の括りにある、「日本は米国やヨーロッパの自由民主主義陣営とともに中国の『マスク外交』を批判することが、長期的に日本の安全保障に役に立つと考えるべきである」・・・に激しく同意するものである。


・産経スペシャル・[正論] から、記事を以下。


・「【[正論] 武漢ウイルスは安全保障問題だ 平和安全保障研究所理事長・西原正】産経スペシャル 2020.4.15」


・「現在、世界180カ国以上で猛威を振るう中国武漢市発の新型コロナウイルスは、190万人を超す感染者と10万人を超す死者を出し、感染の加速は多くの国で医療崩壊を発生させようとしている」


・「〔トランプ米大統領〕は『自分は戦時大統領だ』と言い、〔マクロン仏大統領〕はテレビ演説で『我々は(新型コロナウイルスと)戦争状態にある』と述べた。日本も遅ればせながら『緊急事態宣言』を発令した。国家安全保障の目的は国民の安全である。新型コロナは感染力、致死力において国家安全保障にとっての一大脅威である」


≪初めての緊急事態宣言≫


・「〔安倍晋三内閣〕が発令した宣言は第二次世界大戦後の日本で初めてであり、宣言の発令には躊躇(ちゅうちょ)があったようだ。東京、大阪などの大都市で新型コロナの感染拡大が急速に進んでいる時、後手になった感じは否めない。日本医師会はすでに4月1日に『感染爆発が起こってからでは遅い』と、医療崩壊を懸念し、『医療危機的状況宣言』を出していたし、〔小池百合子都知事〕も早期の宣言を要請していた」


・「しかしこの宣言は、<感染患者の収容施設に関する項目> を除いては強制力のないもので、『国民の協力を要請』する形になっている。これで目指す成果を得ることができればよいのだが、不安を伴う。きわめて日本的な優しい緊急事態宣言である」


・「しかもこの宣言の基になった『改正新型インフルエンザ等対策特別措置法』は恒久的なものではない。東日本大震災で苦い経験をしたように、内閣が緊急事態を発令できる権限を現憲法(第73条)に追加しておくべきである」


・「日本の新型コロナ対策が甘いことは海外でも知られている。自由を尊重する民主主義国日本が緊急事態には自由を一時期放棄してでも切迫する安全保障問題を迅速に処理する能力を示すことが、日本が国際社会で指導力を発揮することに繋(つな)がる」


≪日米同盟の戦力低下を抑えよ≫


・「日本の国防という点で懸念されるのは、感染拡大によって日米の戦闘能力に支障をきたしたり、日本の安全が脅かされたりすることである。米韓は両軍から新型コロナの感染者が出て、3月に予定していた合同演習を中止した。韓国軍は9000人の兵員を自主隔離したといわれる。さらにインド太平洋地域に配備されている米海軍の原子力空母4隻から感染者が出た。うち1隻では感染者を含む約4000人の乗組員がグアムで下船させられたという」


・「そうしたことを受けて、在日米軍司令部が4月6日、関東地域を対象に公衆衛生緊急事態宣言を出したのは必要な動きであった。感染拡大は、在日米軍および自衛隊にも起こりうることで、日米は常に所定の戦力の維持に努めなければならない。日米同盟の戦力が低下すれば、中国がその『空白』を狙って西太平洋で無遠慮に振る舞い、尖閣諸島、台湾、南シナ海などでの立場を強めようとするであろう」


・「新型コロナの感染拡大は、これまでも悪化していた米中関係を今後一層悪化し、日本の対米、対中外交を複雑にさせそうである。それは、新型コロナの発症に関する陰謀説から『マスク外交』に至る相互不信の深化にある」


・「米国の〔オブライエン大統領補佐官〕が3月11日、『中国が新型コロナの発症を隠蔽(いんぺい)していたがために、世界の対応が2カ月遅れ、被害が増大した』と非難した。新型コロナは武漢市の市場のコウモリからヒトに伝染したことになっているが、<米国は市場近くの感染症関連の研究所から病菌が漏れたとの疑念> を持っているようだ。これに対して中国は、米軍が病原体を持ち込んだと、根拠を示さずに反論して、関係を悪化させた」


≪米中関係悪化にどう対処≫


・「さらに米国は、中国が武漢での感染者や死者の数字を過少に公表していると非難している。米国は、中国が世界中に新型コロナを撒(ま)き散らした後に、多くの感染国に医療チームと大量のマスクを送る『マスク外交』をするのも気に食わない。『マスク外交』の後ろにある中国の覇権意欲を警戒している。『放火犯が消火チームを演じている』と揶揄(やゆ)する米学者もいる」


・「中国の新型コロナ発症に関する国際的責任と併せて国内的責任も重要である。新型コロナの発症公表が遅れたこと、および米中対立が激化したことは、中国共産党内で反習近平の権力闘争を生むかもしれない。その結果、習国家主席の訪日が瓦解(がかい)するかもしれない」


・「今後米中関係が悪化する予測のなかで、日本が中国との友好を選択し、習主席の訪日の実現を目指すのは、日米同盟にとって望ましいことだろうか。新型コロナの発症で情勢が変わった。日本は米国とともに、中国に対して武漢で実際に何が起きたのかを明確にさせるべきである」


・「さらに言えば、日本は米国やヨーロッパの自由民主主義陣営とともに中国の『マスク外交』を批判することが、長期的に日本の安全保障に役に立つと考えるべきである。(にしはら まさし)」・・・

« 「遅ぇーし少ないし」:公明党は〈所得制限ナシ〉 | トップページ | 日本の『玄関で靴を脱ぐ習慣』とコロナ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「遅ぇーし少ないし」:公明党は〈所得制限ナシ〉 | トップページ | 日本の『玄関で靴を脱ぐ習慣』とコロナ »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト