« (「オリンピック『完全な形で実施』とは『1年延期』と同義語) | トップページ | (日本は「国を挙げ誠心誠意努めた」:『ダイヤモンド・プリンセス号』) »

(〔高度医療システム〕と〔国民皆保険制度〕:日本が新型肺炎に強かった理由)

2020年03月17日
(〔高度医療システム〕と〔国民皆保険制度〕:日本が新型肺炎に強かった理由)


https://news.google.com/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vd3d3Lm5ld3N3ZWVramFwYW4uanAvb2JhdGEvMjAyMC8wMy9wb3N0LTQ1LnBocNIBOmh0dHBzOi8vd3d3Lm5ld3N3ZWVramFwYW4uanAvYW1wL29iYXRhLzIwMjAvMDMvcG9zdC00NS5waHA?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・良い記事である。焼餅を焼いて〔孫正義〕や愛知県の国賊:〔大村秀章知事〕が「PCR検査を拡大して」日本の高度医療制度崩壊を企んでいるが、多くの国民は日本の〔高度医療システム〕を信頼し、〔国民皆保険制度〕を支持し、『休校』にも耐え『集会中止』にも我慢して、正に〔国民一体〕で疫病と闘っているのだ。


・あとは世界に「ザマミサラセ!」とケツを捲れるのは『ワクチンの開発と量産』であるが、マスク不足で騒いでいるようじゃ、これは無理か?しっかしま、ダメモトで最後の最後まで喰らいついてみるべきだ。頑張れ!学者・研究者と製薬会社開発担当諸君!


・GOOGLEニュース から、ニューズウィーク日本版・〔小幡 績氏〕 の記事を以下。


・「【コラム 転機の日本経済 [日本が新型肺炎に強かった理由]】小幡 績 2020年03月16日(月)14時55分」


<新型コロナウイルスがヨーロッパにまで拡大した今、振り返ってみると、被害を最小限で食い止めたのは日本だった。何がよかったのか>


・「日本政府のこれまでの新型肺炎対応に関しては、『ダイヤモンド・プリンセス号』の頃は、世界中の批判が殺到したが、現在、世界を見渡してみると、新型肺炎の潜在的なリスクに対して、被害を最小限で食い止めているのは、日本だといえる」


・「これが政府の対応の成果なのか、国民性を含む社会の力なのか、要因分析は客観的にはできないが、一つだけ感想を述べたい。<やはり、日本の全体的な医療の水準が高い> ということがあるのではないか。そして、貧富の差の影響が、受けられる医療の質に対して影響する度合いが、相対的には世界的に非常に低いことが大きいのではないか(かつての社会主義国は除く。かつての社会主義国の唯一よいところは、経済水準に比して教育と医療の平均的な水準が西側諸国に比べて高いということだった)」


■恵まれた公的医療保険制度


・「日本で貧困が進んでいるといわれているが、それは相対的な貧困率というデータの罠で、


〈超富裕層が少なく〉、

〈中間層の上の方が厚く〉、

〈極貧層は少ないが〉、

〈低所得者層がそれなりに厚い〉


ということによるものだ。したがって、貧困と言ったときの実際の生活水準が、極貧に近い諸外国の貧困層に比べてかなりましなのである。これが疫病の広がりを防ぐ背景の一つであるとおもわれる」


・「そして何より、<公的な医療保険制度>が、様々な問題があるとはいえ、世界的には非常に受診者にとっては恵まれていることが最大の要因だ。とりわけ所得の低い層(公的保険料を払っていれば)においては、世界的には非常に恵まれているからだ」


・「北欧などの小国かつほとんどの国民が豊かであるような国と比べて劣っているところをあげつらうのは間違いで、もう一度、日本の公的医療制度の良い点を見直すべきである。最大の問題は財政的な持続性であるが、これは別の機会に議論しよう」


・「公的医療の問題について現れているのは、違法あるいはグレーゾーンの移民と社会の関係である。欧州では、21世紀、常にこの問題に悩まされているが、今回の意外な欧州での新型肺炎危機に対する恐怖感、不安感は、これが大きいのではないか」


・「つまり、社会が分断されており、移民およびそれに類する人々が社会の中では実質的に分離されているために、医療の問題や社会的な包容力の問題もあり、社会的に保守的でいられる人々の外で問題が広がり、もともと相互に理解、信頼がないから、外で感染が広がれば大きな恐怖感を持つし、それに対して、現場レベルの感覚がなく、合理的かつ草の根の丁寧な対応ができず、感染も広がるし、それに対する反応も当初無反応、一旦認知されるとヒステリックなまでの拒絶反応ということになっているのではないか≦


・「英国の一部(多く?)で支持されている、<むしろ先に感染率を上げておいたほうが社会としての免疫力が高まる> という考え方は、植民地の疫病に対する政策を見ているようで、合理的な可能性もあるが、発想として、やはり異文化を感じる」


・「議論している人々は、自分たちのまわりは、衛生管理が行き届いているし、感染を避ける余裕もあるから、相対的に感染率が低く、また感染しても、きちんとした医療が受けられるから、死にはしないから安全という背景があるのではないかと勘ぐってしまう。日本政府の対応に対して建設的な批判、提言をすると同時に、日本社会の総合的な力、構造について、もう一度考えてみたいとおもう」・・・


« (「オリンピック『完全な形で実施』とは『1年延期』と同義語) | トップページ | (日本は「国を挙げ誠心誠意努めた」:『ダイヤモンド・プリンセス号』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「オリンピック『完全な形で実施』とは『1年延期』と同義語) | トップページ | (日本は「国を挙げ誠心誠意努めた」:『ダイヤモンド・プリンセス号』) »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト