« (WHO、日韓など4カ国「最大の懸念」) | トップページ | (ぜんそく薬で症状改善 クルーズ船乗客3人快方へ) »

(IOC理事会始まる、理事会の対応に注目:「1年延期してワクチンを待つしかないだろう?」)

2020年03月03日
(IOC理事会始まる、理事会の対応に注目:「1年延期してワクチンを待つしかないだろう?」)


https://www.sankei.com/world/news/200303/wor2003030026-n1.html


・感染性疫病のパンデミックなのだ。人間の「集う」という行動が禁じられているのだ。IOCのお歴々がいくら雁首を揃えようが、妙案など有る筈もない。


・アスリートの身になれば、「半年延期」でも辛いだろう。しっかしま、(1)対応ワクチンを作り、(2)これを量産化するしか「集えない」ではないか?それにはギリギリ「1年延期して、ワクチン開発と量産に没頭する」しか手は無いだろう。


・しかもそれが「日本の手」で成し遂げられるのが何より望ましい。それには〔科学者の世界に、キャンペーンを張る」しかない。毎度同じことを書くが、(1)ワクチン開発者には10億円の報奨金、(2)チームなら100億円もいいだろう。(3)そしてそれを量産化してくれる製薬会社には、1000億円の助成金だ!科学者の顔を「札びら」で叩け!日本は今、『亡国の淵』に立たされているのだ。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【ローザンヌ(スイス)=板東和正】『国際オリンピック委員会(IOC)』は3日、スイスのローザンヌで理事会を開始した。4日まで。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7月24日開幕の東京五輪への影響について協議する見通し」


・「バッハ会長は冒頭で『東京五輪成功に向けた準備のための理事会』と語り、予定通り実施する方針を改めて示した。4日の審議終了後にバッハ会長が記者会見する予定」


・「スポーツ界では延期や中止が相次ぎ、一部のIOC委員からは<東京五輪の中止や延期>の可能性も指摘されている。IOCの対応が注目される」


・「AP通信は2月25日、IOCの〔パウンド委員〕(カナダ)が5月下旬に新型コロナウイルスの感染拡大で開催不可能と判断された場合、中止の可能性が高いとの見方を示したと報じた。IOCはパウンド氏の発言を『公式見解でない』とした」


・「オーストラリアの地元紙は、準備状況を監督するIOC調整委員会の〔コーツ委員長〕も五輪開催の可否を判断する期限が5月との認識を示し、開催が認められない可能性を示唆した」・・・

« (WHO、日韓など4カ国「最大の懸念」) | トップページ | (ぜんそく薬で症状改善 クルーズ船乗客3人快方へ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (WHO、日韓など4カ国「最大の懸念」) | トップページ | (ぜんそく薬で症状改善 クルーズ船乗客3人快方へ) »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト