« (世界中で日本にだけ対抗した『南』・中央日報[社説]) | トップページ | (悲劇と喜劇は背中合わせ:支那で6階建てホテル倒壊 新型肺炎の隔離施設か) »

(つい先だってまで『桜を見る会』追及に血道をあげていた野党だ)

2020年03月07日
(つい先だってまで『桜を見る会』追及に血道をあげていた野党だ)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20200307/0001.html


・先ず訊きたい。「習近平氏国賓招聘に、面と向かって反対した政党」は有ったのか?私の記憶では、「無かったような気」がする。今その支那は「犯人捜し?」に躍起である。哀れまたアフリカの弱小国が選ばれて、「たまたま武漢市民が旅行中に感染して帰国してしまったのだ」という『物語』が作られる。


・だから今回でもWHOを使って、『武漢肺炎』という名を冠せられることに抵抗している。構うこたぁ無い!ネットの世界では武漢肺炎をアタリマエに使って世界中に蔓延させれば良い。


・習近平も来日するのが怖くなったのだろう。真の愛国者なら、「私は訪日して感染した!」と言えばいいのに、そんな度胸も無さそうだ。勿論『日本の政治家』に有る訳もないし。


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風] 新型肺炎 政府、国会は緊迫感持て】産経スペシャル 2020.3.7」


・「敵国に対する国防策は政府で熱心に研究されているだろうが、と〔物理学者、随筆家の寺田寅彦〕は『天災と国防』(昭和9年)でいう。続けて『大天災に対する国防策は政府の何処(どこ)で誰が研究し如何(いか)なる施設を準備しているかはなはだ心もとない』」


・「▼先週のイベント自粛や休校の要請、今週末の中国、韓国からの入国制限と、安倍晋三首相は矢継ぎ早に新型コロナウイルス対策を打ち出した。できることは徹底的にやるべきだが、<いかんせんスピードが遅い>。米国は14日以内に中国に滞在した外国人の入国を認めない措置を早々に取っている」


・「▼今になって野党は政府の対応の遅れを批判しているが、五十歩百歩である。今週になってようやく国会で新型肺炎の議論が熱を帯び、党首会談も行われた。しかし災厄の兆しが見えても、<野党の多くは『桜を見る会』に血道を上げていたではないか。政府も国会も国政の優先課題を自覚してもらいたい。緊迫感をもっと持て」・・・

« (世界中で日本にだけ対抗した『南』・中央日報[社説]) | トップページ | (悲劇と喜劇は背中合わせ:支那で6階建てホテル倒壊 新型肺炎の隔離施設か) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (世界中で日本にだけ対抗した『南』・中央日報[社説]) | トップページ | (悲劇と喜劇は背中合わせ:支那で6階建てホテル倒壊 新型肺炎の隔離施設か) »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト