« (五輪強行は「大きな誤り」 元イタリア五輪委会長) | トップページ | (『高野連』は『高体連』に入っていなかった!) »

(どうなっちゃんたんだ?イタリア:医療崩壊は人災だぞ!)

2020年03月20日
(どうなっちゃんたんだ?イタリア:医療崩壊は人災だぞ!)


https://www.sankei.com/world/news/200320/wor2003200048-n1.html


・〔鳩山ルーピィ〕(もう殆どコリアン)が「日本も『南』を見習ってPCR検査の積極拡大を!」と、余計なことを言っているが、イタリアは正に「『南』を見習った」のかも知れない。医療制度の完全崩壊だ。


・全ての道はローマに続き、医学に始まってあらゆる学問はローマ発祥である。男性はハンサム、女性は「顔の半分が目」のような美形が多く、お人好しで人懐っこい私が大好きな民族だ。


・特に『北部ロンバルディア州』に感染発症者や死者が集中しているのは、何かの集いで〔支那〕に集団旅行でもしたのではないか?好きな人々(民族)だけに、記事を読んでもテレビを観ても〔切なさ〕が募る。


・私の〔先輩〕はイタリアからの女子留学生と恋に堕ち、大学も留年して燃えたが、悲しい別れがやって来た。彼が37歳10か月になるまで再来日を待ちかねた〔リディア・オリリアさん〕は生きてお見えなのだろうか?


・先輩は私が53歳、ご自分が55歳の折に亡くなってしまわれたが、あの世で逢えたのだろうか?せめて恋人だった方のお名前だけは、私が憶えておいてあげようと・・・あぁ無情!


・産経ニュース から、『死者世界最多のイタリア 『医療崩壊』で患者の選別も』 の悲惨な記事を以下。


・「【死者世界最多のイタリア 『医療崩壊』で患者の選別も】産経ニュース 2020.3.20 18:23」


・「【パリ=三井美奈】新型コロナウイルス感染による死者が〔3405人〕と世界最多となったイタリア。国内で最も感染が深刻な『北部ロンバルディア州』では病院がパンク状態になり、集中治療室では『患者の選別』が行われている実態が現地報道で明らかになった」


・「感染の『震源地』となった同州『ベルガモの総合病院』の医師は欧州メディアの取材に『病床がいっぱいで患者を断っている。院内の別の場所で人工呼吸器を装着して待機させ、移送させる。周囲の病院は同じ状態で、遠くに受け入れ先を探すしかない』と語った。患者への付き添いは認められておらず、家族の看取りがないまま亡くなる患者も多い」


・「同州の別の医師は、『倫理上、正しいかどうかは別として、蘇生(そせい)措置は生存の可能性が高い患者を優先している』と述べ、対象患者を選ばざるを得ない状態だと認めた。ある看護師は『人工呼吸器をだれに装着するか決めねばならない。80~95歳で(肺など)呼吸器に問題がある患者なら、措置はしない。3つ以上の中枢器官に疾患があれば、致死率100%ということだ』と述べた」


・「通常、看護師1人の担当患者は6人だが、現在は12~14人に対応しているという。『私たちは見捨てられている』と悲鳴をあげる看護師もいる。医療用手袋やマスクも不足し、医師の死者も相次ぐ。ベルガモの葬儀場では1日に25体前後の火葬が可能だが、今週はその倍以上の棺が運び込まれているという。棺を別の地域に移送するため19日、軍用トラック十数台が出動。兵士が移送作業を行った」・・・

« (五輪強行は「大きな誤り」 元イタリア五輪委会長) | トップページ | (『高野連』は『高体連』に入っていなかった!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (五輪強行は「大きな誤り」 元イタリア五輪委会長) | トップページ | (『高野連』は『高体連』に入っていなかった!) »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト