« (何が何でも「有効ワクチンの開発と量産」だろうが?) | トップページ | (“隔離ホテル”倒壊で20人死亡 原因は違法改築) »

(支那人は「どこからどこまで」嘘に塗れた民族)

2020年03月10日
(支那人は「どこからどこまで」嘘に塗れた民族)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200310/0001.html


・支那は『武漢ウィルス』の発生にシラを切り、最近は「武漢の旅行者が、どこかから持ち帰った」という〔被害者〕を装い始めている。アメリカの攻撃は胸スカである。


〈武漢にある細菌化学兵器が漏れ出した可能性が大である〉

〈発生源の地名を冠した『武漢ウィルス』『武漢肺炎』の何処が悪い?〉・・・


・世界中に蔓延が止まらないのに、何故か支那本土内だけは、「蔓延に急ブレーキがかかり始めている」のも怪しい。「どこからどこまで」嘘に塗れた民族である。


・産経スペシャル・【[産経抄]3月10日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄]3月10日】産経スペシャル 2020.3.10」


・「感染の拡大が続く新型コロナウイルスとよく比較されるのは、2002年に中国・広東省で発生し、全世界で700人以上の死者を出した『重症急性呼吸器症候群(SARS)』である。中国当局による〔情報隠蔽(いんぺい)〕が、大流行の要因の一つとなった」


・「▼中国本土以外でとりわけ被害の大きかったのが、台湾である。『中国が発生源なのに、SARSでは元凶がどこなのかわからない。『中国肺炎』とすべきだ』。与党・民進党の〔蔡同栄・立法委員〕は、改名を訴えていた」


・「▼当時の悲惨な経験が見事に生かされたといえる。中国・武漢で新型ウイルスの発生が報じられると、<台湾政府はすぐに防疫体制をとった。早くも2月上旬には、中国本土住民の入境を禁止している。ようやく昨日から中国と韓国からの入国制限が始まった日本>とは、大違いである」


・「▼WHOが決めた新型コロナウイルスの正式な名称は、『COVID19』である。やはりコロナウイルスによる感染症に、中東呼吸器症候群(MERS)の名がつけられたとき、中東諸国の反発を招いた。以来、感染症の名称に地名が用いられることはなくなった」


・「▼にもかかわらず、〔マイク・ポンペオ米国務長官〕は、記者会見などで、『武漢ウイルス』や『武漢コロナウイルス』との呼び名を使い続けている。中国政府の反発も意に介しない。SARSの発生時と同じく、今回も中国は必要な情報を提供しなかった。そのために米国でも感染者が増え続けている、とのいら立ちが背景にあるようだ」


・「▼確かに、新型コロナウイルスを押さえ込むために、各国は足並みをそろえて英知を結集しなければならない。<だからといって、発生源をあいまいにして被害者を装う>、中国の欺瞞(ぎまん)が許されるわけではない」・・・

« (何が何でも「有効ワクチンの開発と量産」だろうが?) | トップページ | (“隔離ホテル”倒壊で20人死亡 原因は違法改築) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (何が何でも「有効ワクチンの開発と量産」だろうが?) | トップページ | (“隔離ホテル”倒壊で20人死亡 原因は違法改築) »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト