« (金与正(妹)が『南』文政権を非難) | トップページ | (『SNS騒乱罪』など新たに立法する必要性) »

(GEの中興の祖:〔ジャック・ウェルチ氏〕逝く。84歳)

2020年03月04日
(GEの中興の祖:〔ジャック・ウェルチ氏〕逝く。84歳)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200304/0001.html


・「90歳は鼻歌」と嘯いていた私にも、昨年の秋からこの春にかけて『5がん6バトル』を闘うにあたり、〔余命予測〕が為された。「80歳は無理だ」という。今年5月、私は78歳になる。ってことは「頑張ってあと2年」「80歳の坂に達したら」儲けもの・・・ということになる。


・ブロガーを続けているお蔭で、脳も臨機応変・軽妙なままだ。『国会図書館に収蔵される書籍』をあと2冊書き残すには、丁度良い寿命なのか?と腹は括れている。


・(1)初版本:【生還へのフォアボール】は既に『殿堂入り?』しているので、(2)姉妹編:【心に陽だまり】(がん連戦と山頭火)、(3)本名で書く:【誰が言ったかオリベッティ・マフィア】(昭和を駆け抜けたセールスマン群像)の追加編だ。文章は散在しながらでもコンピュータに残っているので、『編集三昧』の2年になろう。勝算は有る。


・金を追い求め。やがてその金に追われるのが正常な方々だが、「書籍をこさえて、それを国家の最高機能の図書館に残す」という、いかにもテメェ勝手な〔変な奴〕が居てもいいだろう。金に縁が無かった私の、せめての生き様である。


・産経スペシャル・【[産経抄]3月4日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄]3月4日】産経スペシャル 2020.3.4」


・「中東レバノンに逃亡中の〔カルロス・ゴーン被告〕が、『日産自動車』の再建に社長として取り組んでいた時、よく引き合いに出されたのが、『米ゼネラル・エレクトリック(GE)』の〔ジャック・ウェルチ会長〕である。人員と部品の調達コストの削減を図ったゴーン被告は、『コストカッター』と呼ばれていた」


・「▼ウェルチ氏の異名は、『ニュートロン・ジャック』である。会長に就任した1980年代前半、建物を破壊することなく、人間だけ排除する中性子(ニュートロン)爆弾の開発が話題になっていた。それほど苛烈なリストラを断行したことで知られる」


・「▼発明王エジソンの創業した会社を前身とするGEは、総合電機メーカーとして発展してきた。ウェルチ氏は、『選択と集中』を合言葉に金融会社やテレビ局、保険会社を買収して経営の多角化を進めた。20年間で売上高を5・2倍、最終利益を8・4倍として、『世紀の経営者』とたたえられた。もっともウェルチ氏の会長退任後、GEは金融事業から撤退し、路線を大きく修正している」


・「▼ウェルチ氏は、日経新聞の『私の履歴書』にも登場して半生を語っている。65歳でGEを引退してからは2番目の妻と、『一緒にゆっくりできる時間が増えるのを期待している』と結んでいた」 


・「▼ところが翌年には、離婚協議に入り、妻が裁判所に提出した書類が騒動を引き起こす。月額家賃約1000万円のマンションやジェット機など特別待遇をGEから受けていた事実が発覚して、厳しい批判を受けた」


・「▼3番目の妻となった〔スージーさん〕は、経営専門雑誌の編集長だった。共著で出したビジネス書はベストセラーとなる。履歴書の第2章も波瀾(はらん)万丈だったウェルチ氏の訃報が届いた。84歳だった」・・・

« (金与正(妹)が『南』文政権を非難) | トップページ | (『SNS騒乱罪』など新たに立法する必要性) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (金与正(妹)が『南』文政権を非難) | トップページ | (『SNS騒乱罪』など新たに立法する必要性) »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト