« この国難に、政治は何をやっているのか! | トップページ | 「ギリギリ持ち堪えている」そうで、今日も『緊急事態宣言』は出ない! »

どんな名前にしようが『南』の勝手。スワップに応じないのも日本の勝手!

2020年03月31日
(どんな名前にしようが『南』の勝手。スワップに応じないのも日本の勝手!)


https://www.sankei.com/world/news/200330/wor2003300021-n1.html


・泥酔者なのか精神異常者なのか、日本は「相手にしない」がいい。みんな独立国なのだから勝手だ。ただ日本にも勝手が有る。欲の皮が突っ張りまた一儲けを企む『日韓友好議員連盟』が何を言おうが無視することだ。日本とのスワップ失敗で、『南』は再び <IMF管理下国> になるだけだ。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【韓国製診断キット名を『独島』に 32万人超が請願に賛同】産経ニュース 2020.3.30 16:54」


・「【ソウル=桜井紀雄】新型コロナウイルスに感染したかを検査するための〔韓国製診断キット〕の名称を韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)の韓国名である『独島(トクト)』にしてほしいとの請願が、韓国大統領府のホームページに寄せられ、30日現在32万人を超える賛同が寄せられている」


・「請願は25日に掲載され、『世界各国でわが国を新型コロナを克服した模範事例と認識』されているとした上で、感染者が急増する米国の〔トランプ大統領〕が韓国の〔文在寅(ムン・ジェイン)大統領〕に電話会談で診断キットなどの支援を要請したことを指摘」


・「キットを『独島』という名称で輸出すれば、『地球を守る守護神として独島のステータスを大きく高めるのに役立つ』と主張している。(解説:日本から火事場泥棒した島が、何が『地球を守る守護神』なものか!)


・「韓国では一時、感染が急拡大したものの、6時間以内に感染を判定できる診断キットを生かした迅速な検査で押さえ込みに一定程度成功したと評価されている。韓国政府によると、100カ国以上からキットなど防疫物資の輸出や支援の要請があるといい、文政権は『他国の模範ケースであり、世界的な標準になる』などと自画自賛してきた」


。「請願の賛同が30日以内に20万人を超えると、政府が公式に回答する規定だ。文氏の熱烈な支持者らが賛同したとみられるが、国際共助が大事な防疫分野に日本との領土紛争を持ち出して冷や水を浴びせた形だ」・・・


(解説)平成29年2月8日に、〔科学技術振興機構(JST)〕・〔日本板硝子株式会社〕・〔産業技術総合研究所〕が、「モバイル遺伝子検査機の開発に成功~現場に持ち込み、細菌やウイルスを約10分で検出~」と発表しているのは意図的に無視するのか?

■ポイントは以下3点である。

(1)遺伝子検査機(リアルタイムPCR装置)の超小型化・軽量化に成功した。

(2)遺伝子検査の所要時間を従来の約1時間から約10分へ短縮できた。

(3)バッテリー駆動で場所を問わず遺伝子検査が可能。

・差別用語だが、『南』の〔文政権支持者〕は、「空き盲」で「勝手ツンボ」なのか?既に勝負の付いた相撲に、因縁を付けているに過ぎない愚かさよ。

« この国難に、政治は何をやっているのか! | トップページ | 「ギリギリ持ち堪えている」そうで、今日も『緊急事態宣言』は出ない! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この国難に、政治は何をやっているのか! | トップページ | 「ギリギリ持ち堪えている」そうで、今日も『緊急事態宣言』は出ない! »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト