« (日本のリーダー論:[産経抄]) | トップページ | (キャンペーンを張り、高額な懸賞金で日本中の科学者を奮い立たせろ!) »

(外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味)

2020年02月29日
(外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味)


https://news.nifty.com/topics/gendai/200229394915/


・【2020東京五輪&パラ五輪】が決まった時、〔滝川クリステル〕の「お・も・て・な・し」も良かったが、世界に向けて「福島は制御されている。私が保証する」と大嘘を吐いた〔安倍ちゃん〕には驚愕した。同時に「一国のリーダーは、これくらいの大嘘も平然と吐けなきゃならんのか?」と感心した記憶がある。


・私は今回の『新型コロナウィルス肺炎』パンデミック前から、「安倍ちゃんのヤル気の無さ、目力の無さ、心ここに在らずのような落ち着きの無さ、まるで精が抜けたような迫力の無さ」が気になっていた。そして『新型コロナウィルス肺炎』である。


・読者の皆様はお気づきだろうか?安倍ちゃんは背広姿のママである。少なくとも陣頭指揮を執るならば、閣僚は全員〔作業服〕〔ジャンバー〕が常識だろう。執拗なコリアンの攻撃も功を奏したのだろうが、「日本は危ない、日本は嘘吐き、日本は信用出来ない」が世界中に蔓延してしまったと思う。


・打つ手は1つしか無い。【2021東京五輪&パラ五輪】・・・つまりアスリートのコンディションの限界=『1年延長策』だ。世界中の科学者が必死に挑戦するだろうが、日本はなんとか「世界で一番早くワクチンを製造して量産」しなければならない。アスリートにとっては「半年延長」が有難かろうが、ここは一番「国のため」1年の猶予が欲しいものだ。


・ニフティニュース から、日刊ゲンダイDIGITAL の記事を以下。


・「【外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味 “拙いコロナ対応”に強まる不信感】日刊ゲンダイDIGITAL 2020年02月29日 09時26分」


■また嘘をつくのか。


・「新型コロナウイルスの感染拡大により、スポーツイベントが次々に中止や延期、無観客試合になることが発表されている。最も気になるのが5カ月後に迫った【東京五輪(7月24日~8月9日)】だ。25日のAP通信によれば、『国際オリンピック委員会(IOC)』の〔ディック・パウンド委員〕(77=カナダ)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪の開催可否の判断は“5月下旬が期限になる”との考えを示した」


・「2002年から03年に流行し、800人以上の死者を出した『重症急性呼吸器症候群(SARS)』は、発症例報告から終息宣言までに〔約8カ月〕を要した。それを参考にすれば、今回の新型ウイルスの終息宣言が出るのは“今年8月”という見方もある。感染の拡大は7月に収まっても、五輪を開催するか、中止にするかの判断はギリギリまで待てない。パウンド委員の言う『5月末』でも遅いぐらいだ」


・「スポーツライターの〔津田俊樹氏〕はこう言う。


〈仮に5月末に終息宣言が出たとしましょう。IOCと話し合い、組織委員会が世界に向けて『五輪は予定通り行います』と発信しても、どれだけの国が来日するでしょうか。
<クルーズ船の長期隔離>、<下船後の公共交通機関の帰宅許可>、<検査体制も韓国よりはるかに劣っていること>が露呈した。“新型ウイルスに対する政府対応はすべてにおいてスピード感がなく”、それは国内だけでなく世界からも厳しい目が向けられている」


・「例えば25日のロイター通信は、


〈新型ウイルス対応策の陣頭指揮を執っていない安倍首相はどこにいるのか?〉


と批判している。熱や咳が出て『もしかして……』と思う人も、今は(PCR)検査を受けることができない。国民は不安を募らせ、重篤患者は毎日のように命を落としている。医療崩壊していると言っても過言ではない国です。自国民さえ守れない国が、外国人の安全を保証できるわけがない。そんな国が『世界の皆さん、安心して日本に来てください』と言っても、誰が信用できますか〉


■東京五輪招致でも世界に向けて「ウソ」


・「安倍首相には『前科』がある。東京五輪招致の際、原発事故の汚染水の問題が解決していない最中に、『福島は制御しています。私が保証します』と世界に向けて平然と嘘をついた」


・「今回も国民が未曽有の危機に直面しているのに正面から向き合わず、〔加藤厚労大臣〕に丸投げだ。こんな首相なら五輪開催を強行するため、終息宣言の『前倒し』までやりかねないのではないか」


・「ビジネス評論家の〔菅野宏三氏〕もこう語る。


〈東京五輪の経済効果は30兆円ともいわれている。中止になった時の影響を考えると恐ろしくなる。政治家の危機感は私の比ではないはずです。ところが、『新型コロナウイルス感染症対策本部会議』を〔小泉進次郎環境相〕、〔森雅子法相〕、〔萩生田光一文科相〕らが後援会の新年会などで欠席した。危機的状況にある日本で、政治家はどう動いているのか世界は見ています。今回の杜撰な対応で日本という国に対する考えを改めた国や人は多いのではないか〉


■広がるウイルスの危険と日本への不信感


・「政治家だけでない。東京五輪・パラリンピック組織委員会の〔武藤敏郎事務総長〕(76)は2月に入り、海外メディアが東京五輪の中止などに言及するようになると、『大会は予定通り』と語った。


〈それを英デイリーテレグラフ紙は、『子供のようだ=childlike』と報じた。私は根拠もなく、単にやる、やると言っている『駄々っ子』と読んだ。東京五輪の開催については世界が懸念している。ならば、『予定通りやります』ではなく、『新型コロナウイルスの感染は今も広がっています。心配するアスリートは世界にたくさんいるでしょう。組織委員会は選手の安全のためにこんなことを考えています』と具体策を示さなければ何の意味もない〉


〈1980年のモスクワ五輪は東西冷戦下で、政治的な問題から日本は米国に追随してボイコットした。今回は仮に開催が決まったとしても日本に対する不信感からボイコットする国が出てくるのではないか・(前出・津田氏)〉


・「2月19、21日に行われる予定だった西武対台湾・統一の交流試合は、新型コロナウイルスの影響を理由に先方から『中止したい』と、“ドタキャン”された。サッカーU―23日本代表と親善試合(3月27日京都)が組まれていた南アフリカの協会も同じ理由で対戦を拒否、選手の派遣を取りやめる意向を示している」


・「女子サッカーU―20の日本代表対ドイツ戦(埼玉)も中止が決定。『危ない、信用できない』というレッテルを貼られた国なら、この流れは東京五輪まで続くだろう」・・・

« (日本のリーダー論:[産経抄]) | トップページ | (キャンペーンを張り、高額な懸賞金で日本中の科学者を奮い立たせろ!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (日本のリーダー論:[産経抄]) | トップページ | (キャンペーンを張り、高額な懸賞金で日本中の科学者を奮い立たせろ!) »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト