« (今日の【大阪市立大学病院】のご報告:渋々の〔手術決定〕) | トップページ | (〔習近平〕国賓招請中止の「ネタ」が増えたではないか) »

(国会議員のノーセンスが、日本を滅ぼす)

2020年01月27日
(国会議員のノーセンスが、日本を滅ぼす)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200127/0001.html


・何度も言う。「国家の第一義は、『国民の生命と財産を守る』」ことに在る。国家の中には〔官僚〕も〔国立大の教授〕も含まれようが、テッペンは〔政府〕であり〔国会議員〕だろう。それが「馬鹿ばっかり」だったら、日本はもう「国家の体(てい)」を成していない。


・産経スペシャル・【〔産経抄〕1月27日】 から、記事を以下。


・「【〔産経抄〕1月27日】産経スペシャル 2020.1.27」


・「給料日の金曜夜、新橋で一杯引っかけ、ちょっと気が大きくなってタクシーに乗った。しばらくして真っ赤っ赤な東京タワーが目に飛び込んできた。あれ!? 酔っ払い過ぎてどこかの国に占領された近未来のTOKYOに、迷い込んでしまったか」


・「▼びっくりして眺めていると、親切な運転手さんが『春節前夜に、中国からの観光客を歓迎するため真っ赤にライトアップしているそうですよ』と教えてくれた。『公明党』の〔山口那津男代表〕も点灯式にかけつけ言祝(ことほ)いだというが、そんな悠長なことをしている場合か。今年の春節はいつもとは違うのだ」


・「▼中国・武漢発の新型肺炎は、加速度的に死者と重症者が増え、収束の気配さえ見えない。中国政府の強い要請を受け、中国からの団体旅行は今日から全面的に中止された。武漢市内は車の運転さえ禁止され、完全な『封鎖都市』と化した」


・「▼NHK国際放送が、中国に都合の悪いニュースを流すと、すぐ画面が真っ黒になるほど情報隠蔽(いんぺい)を得意とするあの国が、ここまでやるのは大変な事態が起きている証拠だ。中国全土への渡航自粛を勧告してもおかしくないにもかかわらず、日本政府の対応は鈍すぎた」


・「▼米国やフランス、韓国などは武漢に取り残された自国民を救出するためチャーター機やバスを用意した。ようやく26日に〔安倍晋三首相〕が希望者全員を帰国させる方針を示したが」


・「▼政府の動きの鈍さが、<今春の〔習近平国家主席〕来日を慮(おもんぱか)ってのこと>なら本末転倒だ。第一、安倍首相に『迷惑をかけてすまない』と電話一本してこない人物を国賓で呼ぶ必要はさらさらない。この緊急事態に、国会ではサクラがどうした、こうしたとのんびりした議論ばかり。議員の諸君、ボーっと生きてんじゃねーよ!」・・・

« (今日の【大阪市立大学病院】のご報告:渋々の〔手術決定〕) | トップページ | (〔習近平〕国賓招請中止の「ネタ」が増えたではないか) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (今日の【大阪市立大学病院】のご報告:渋々の〔手術決定〕) | トップページ | (〔習近平〕国賓招請中止の「ネタ」が増えたではないか) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト