« (アマゾンねぇ?) | トップページ | (対応遅いWHO,裏に『支那』との癒着か?:小宮山洋子) »

(『日本の恥』は壊してしまえ!:東京五輪&パラ五輪以降)

2020年01月31日
(『日本の恥』は壊してしまえ!:東京五輪&パラ五輪以降)


https://news.livedoor.com/topics/detail/17745523/


・『新国立競技場』建設元請けの『大成建設』が、甘い甘いジュースだとすれば、そのぶっといストローを咥えているのは〔森喜朗〕だ。ハナから新国立競技場建設には[胡散臭さ]が付き纏っている。浅草の『浅草文化観光センター』を造った〔隈研吾氏〕に白羽の矢が立ったのも仰天だった。


・「敗戦後の大都会の焼け跡に、無数に在ったバラック!」・・・もうその景色を見た人もどんどん減っているが、ナニ、浅草に堂々と立っているあのイメージだ。


・2020東京五輪&パラ五輪終了後、この新国立競技場の維持・運営費が、〔年間24億円とも30億円〕とも言われているが、「壊してしまえ!」の提言は、今のところ私だけのようだ。


・支那の最初の新幹線。衝突して高架橋からドサドサ落ちたが、当局は当初、「埋めろ!」の指示だった。私も大笑いした組だったが、今となれば支那人の気持ちが解る。


・神宮外苑に急遽建てた『日本の恥』なのだ。解体して跡形も無くすれば、再び神宮外苑の風は心地よく、「ここに日本の恥が在った記憶」も、50年もすれば消える。それよか世界は『支那発・新型コロナウィルス肺炎』で大騒ぎだ。パンデミック(大流行)ともなれば長引く。東京五輪、出来るんかいな?


・ライブドアトピックス から、日刊SPA! の記事を以下。


・「【新国立競技場の残念な真実。観にくい座席、作業員の過労死も…】日刊SPA! 2020年1月31日 8時54分」


◆酷評の嵐が吹き荒れる『新国立競技場』は、本当にひどいのか


・「昨年12月21日、まばゆい光に照らされ、神宮の杜で新国立競技場のオープニングイベントが開催されたのである。嵐が歌い、〔ウサイン・ボルト〕がトラックを駆けるなど華々しいスタートを切った新国立競技場だが、その裏で一人の若者が犠牲となったことを忘れてはならない」


・「17年3月2日、新国立競技場の地盤改良工事に従事していた当時23歳の若者が突如失踪。約1か月後『身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした』というメモとともに、長野県の山中で自殺しているのが発見された。遺族の代理人を務め、労災認定に尽力した〔川人博弁護士〕は、当時の労働状況をこう語る。


〈被害者は入社1年目で’16年12月半ばから約2か月半、工事に従事しました。その間は深夜0時に自宅に帰り、朝5時には家を出るという状況でした〉・・・」


・「ご存じの通り、新国立競技場は総工費の膨張で旧計画が白紙撤回され、約1年2か月遅れの着工となった。さらに、被害者が従事した地盤改良工事は最も基礎となる工程であったことから作業日程は極めて厳しいものだったという。現場では、こうした長時間労働が蔓延していた。


〈東京労働局が調査したところ、競技場の工事に参加する約80社で労働基準法違反がありました。夏には熱中症も出ていた可能性があり、ほかに犠牲者が出てもなんらおかしくない状態でした。隠蔽されているだけで、被害者はいるのかもしれませんが……〉


川人弁護士は、異常な労働をさせていた元請けである『大成建設』や発注元の『日本スポーツ振興センター(JSC)』に対応を迫った。


〈初めはゼネコン側も『下請けの責任』と他人事のようなひどい対応でした。ただ途中からメディアにも取り上げられたからなのか、トーンが変わり、労働環境はその後改善されたと聞いています。しかし、組織委員会やJSCから遺族に対して直接的な謝罪はありません。そもそも無理な工程で始めた彼らの責任は大きいと思います」


・現在も新国立競技場は細々とした作業は続いている。従事している30代の作業員はこう話す。


〈今は仕上げの段階なので切羽詰まったスケジュールはないです。残業はダメと言われていますが、そもそも残業がない。ただ、土台や基礎工事のときは殺気立っていたという話は聞いていますね〉


オリンピックを控え、新国立競技場の完成に浮かれているが、過酷な労働の犠牲の上にあったことを忘れてはならない」


◆欠陥と欠点だらけのスタジアム環境


・「新国立競技場のスポーツでのこけら落としは元日の『サッカー天皇杯決勝戦』。完成後、初のスポーツ試合ということで注目が集まったが、蓋を開けてみれば酷評の嵐だった。ネットでは『座席の通路が狭く途中退席はかなり困難』という声も多い。実際に観戦したサポーターの男性は呆れ顔だ。


〈サッカー界では観にくいと悪評高い日産スタジアムよりは観やすいけど『新しく造ってこのレベル?』って思いましたね。トイレも少ないし、通路は狭い。設計した人に『お前、一度もスタジアムなんか行ったことねえだろ!』って言いたくなるレベルです〉・・・」


・「世界のスタジアムを巡り、天皇杯も観戦したスポーツライターの〔杉山茂樹氏〕も出来の悪さを嘆く。


〈サッカー、ラグビーともに満員と発表されましたが5万7000人どまり。観客席に割り当てられる実際の数は6万人を割り込むでしょう。ナショナルスタジアムにしては小さいですね〉


杉山氏によるとワールドカップなどの世界的なスポーツイベントを開催する場合、メインスタジアムに求められる収容人数は〔7万~8万人〕が最低ラインとされているという。そのため、新国立競技場は世界的なスポーツイベントに対して、汎用性が低いという。


〈仮に日本でサッカーのワールドカップを開催しても、決勝戦の開催は収容人数的にはNGです。新国立競技場は客席が3層式なので収容人数は稼げるはずでした。2階席、3階席をひさしのようにせり出せば、あと1万席は確保できたでしょう。3層式のメリットを生かしきれていないんです〉


◆屋根の影がグラウンドに…試合に影響も!?


・「〔隈研吾氏〕設計の新国立競技場は『杜のスタジアム』と題され、木をふんだんに取り入れていることが強調されている。木材と鉄骨のハイブリット構造の屋根がその最たるものだが、杉山氏は『国立競技場のよさが消えている』と話す。


〈かつての国立競技場は、神宮の杜の外気とスタジアム内の“交流感”が魅力でした。空がよく見えて、外苑の空気が吹き抜けていくのがよかった。それが『杜のスタジアム』だと思いますが、新国立は木製の屋根の圧迫感がすごすぎて、それがシャットアウトされています。屋根の存在感が強すぎる。また、その屋根によって影もできやすい構造なので、時間帯によっては試合が観にくくなると思います〉


屋根だけではなく、座席もやはりひどいと杉山氏は嘆く。


〈細かいことを言うようですが、座席の色が深緑や白ばかりで辛気くさい。世界の大きなスタジアムの座席の色は、選手や観客の気持ちをハッピーにさせるようにオレンジなどポップな配色です。でも、新国立はかしこまってしまう印象で、観客のテンションや選手たちのプレーにも影響するのではないでしょうか〉


◆座ったら最後!試合終了まで出られない狭さ


さらに一般の観客からも指摘があった座席の狭さにも言及した。


〈座席の幅は決定的に情けない。膝の15cm先に手すりがくるので移動ができません。外国人の方だとなおさら狭いでしょう。わざわざ日本まで来て、高いチケット代まで払ってこれか……と思いますよ〉


杉山氏は次のように総括する。


〈日本の経済規模なら、世界中からトップクラスのスタジアムと称賛されるスタジアムを造らなきゃいけないのですが、収容人数や構造、デザインなどどれも中途半端。なにも考えないで造ってしまったなという印象です。隈研吾さんは昔の国立のよさや、スタジアムのことをわからないまま設計したと思わざるを得ません〉


こうして残念すぎるスタジアムとして完成してしまった新国立競技場だが、前出の川人弁護士は今の気持ちをこう語る。

「過労死が起きたことを考えると複雑です。風化させないためにも個人的には無名労働者の慰霊碑があって然るべきだとは思いますね」


・「世界に恥をさらすオリンピックになる可能性は高い」(取材・文/沼澤典史・野中ツトム(清談社) 佐藤永記 写真/朝日新聞社 ※週刊SPA!1月28日発売号より」・・・


▽【川人 博氏】 過労死をめぐる訴訟や「過労死110番」の活動、北朝鮮による拉致問題などに取り組む。電通の社員で、長時間労働の末15年に自殺した高橋まつりさんの遺族の代理人も務めた。


▽【杉山茂樹氏】 スポーツライター。W杯は’82年のスペイン大会以降、10大会連続で現地取材を行う。世界中のスタジアムで観戦した経験でスタジアム評論家としても活動する。


《私が“浅草の恥”と決めつけている『浅草文化観光センター』》

Photo_20200131164501

« (アマゾンねぇ?) | トップページ | (対応遅いWHO,裏に『支那』との癒着か?:小宮山洋子) »

コメント

リオデジャネイロのファヴェイラ「貧民窟」以下です。首相官邸も貧乏臭いデスネー

藤城孝久さま、

国際的には既に巨匠だった丹下健三氏の大屋根を、ぶち抜くように屹立した太陽の塔!私が
28歳だった大阪万博。丁度半世紀前の日本には、見果てぬ夢が在りました。今の日本は
ショボクレて、ワビ・サビの世界に舞い戻ろうとしています。

どう見てもバラック小屋の建築家を、分かりもしないのに取り立てたりして、新国立競技場は
日本の恥の権化です。五輪が終わったら、即刻ぶち壊すべきでしょう。モッタイナイの世界では
ないのです。毎年毎年、維持管理費をかけながら朽ちて行くのです。

ご指摘の通り、首相官邸もオンナジ趣味です。日除けスダレなんざ、外国人からすれば意味
不明です。バラックとオンナジ感覚です。貧乏くさい代表格です。せめて日本武道館くらいの
威圧感が必要でしょう!

冴えちゃんです。
私も隈研吾の作品は大嫌いです。 特に写真の浅草文化観光センターは放火したくなるぐらい醜いですね。 多分彼は一級建築士になる頭はあっても美的センスは生まれつき持ち合わせていないのでしょう。 まるで手先の不器用な外科医のようです。

冴えちゃん様、

浅草の件、ホントに誰か放火してくれないかと思うほど醜悪ですね。
江戸の誉れを言い募る東京人(特に浅草の江戸っ子ら)がよく承知
しましたよね。

私は新国立競技場の聖火は、昔のモノを使って国民のウケを狙うと
読んでいます。セレモニーだけは移動式で競技場のど真ん中に
設置し、聖火が点火されたあとは競技場外設置だと思います。

読売巨人軍が当初、東京ドームのネクストとして話を進めていたよう
ですが、余りの出来の悪さに断ったようですよ。正に日本の恥です。
大会が終わったらぶっ壊す!世界のど肝を抜くような奇策を考えないと
日本はもう、転落の一途でしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (アマゾンねぇ?) | トップページ | (対応遅いWHO,裏に『支那』との癒着か?:小宮山洋子) »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト