« (今年はマスコミの崩壊が現実化する:門田隆将氏) | トップページ | (さぁ始まるか?アメリカVs.イラン本格戦争) »

(早いモン勝ちの世界か?:深海レアアース採取)

2020年01月04日
(早いモン勝ちの世界か?:深海レアアース採取)


https://special.sankei.com/f/politics/article/20200104/0001.html


・「海底探査技術は軍事技術への転用が可能だ。〔中国〕が周辺海域の海底鉱物の権益確保に本腰を入れれば、日本の安全保障に直結すると判断し、政府は計画を1年以上早めた」・・・のならば、〔チャイナ〕は軍艦を出してでも日本を妨害するのではないか?


・同盟国盟主:〔アメリカ〕の安全保障にも関わることだから、横須賀在日米軍基地から原子力空母:【ロナルド・レーガン】にでも出動して貰って、日本の〔地球深部探査船【ちきゅう】〕の実験作業をガードして貰うべきではなかろうか?


・敵は支那人だ、何を仕掛けて来るかも知れない。交戦権を持たない海自の護衛艦なんざ役立たずだし、海保の巡視艇も〔水鉄砲〕が撃てるだけだ。ここは大仰に見えるが、『在日米軍』が一番頼りになる。又「法外なカネ」を毟られるが、この際は止むを得ない!


・産経スペシャル から、記事を以下。


・「【南鳥島深海レアアース採取急ぐ 中国に先行、1年前倒し】産経スペシャル 2020.1.4」


・「地球深部探査船【ちきゅう】を用いて南鳥島(東京都小笠原村)周辺の深海底から『レアアース(希土類)』を採取する実証試験について、政府が着手する時期を1年以上前倒しし、令和3年度の初めから行うことが分かった」


・「中国が昨年7月、南鳥島付近の公海で海底鉱物の排他的探査権を取得したことを踏まえた。今後、中国がハイテク製品に欠かせないレアアースの海底採取を本格化させる前に、回収技術の実用化に向けた対応を急ぐ」


・「南鳥島周辺の水深5000メートル超の海底では、電気自動車のモーターなど高性能磁性材料に使われる元素を相当量含むレアアース泥が確認されている。実証試験は、内閣府の『戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)』の一環として行われ、政府は令和元年度補正予算案に21億円を計上した」


・「まずは、国立研究開発法人『海洋研究開発機構(JAMSTEC)』の【ちきゅう】から水深3000メートル程度の地点を実験台とし、海底まで鋼製パイプを降ろし、底面の圧力を上昇させて泥を引き揚げる」


・「【ちきゅう】は海底の下を7000メートルまで掘ることができる世界最高の能力を持っている。将来、水深6000メートルからのレアアース泥の回収技術を確立し、産業化に必要な検証データの提供を目指す」


・「政府は当初、令和4年末に実証試験を始める予定だった。しかし、中国が昨年7月、『国際海底機構(ISA)』と西太平洋の約7万平方キロの公海で、マンガンなどの海底鉱物資源の探査契約を締結。探査対象には南鳥島から南東約500キロの日本の排他的経済水域(EEZ)の縁に沿う海域も含まれている」


・「深い海底から鉱物を回収する技術は世界で確立していないが、海底探査技術は軍事技術への転用が可能だ。中国が周辺海域の海底鉱物の権益確保に本腰を入れれば、日本の安全保障に直結すると判断し、政府は計画を1年以上早めた。責任者を務める『石油資源開発』の〔石井正一顧問〕は『中国に海底資源の回収技術で特許を取得されれば、安定した資源確保が脅かされかねない』と強調する」・・・



『レアアース』: 31鉱種あるレアメタルの一種で、17種類の元素(希土類)の総称。ハイブリッド車や電気自動車などの強力な磁石や発光ダイオード(LED)の蛍光材料といった最先端技術に使われる。


・中国や米国、豪州に陸上鉱床が分布するが、放射性元素が含まれて開発が難しく、海底からの採取が注目されている。東大などの研究チームは平成30年、南鳥島周辺に世界の消費量の数百年分に相当する1600万トン超が存在すると発表した。(奥原慎平)


《南鳥島の位置》

Photo_20200104233901

« (今年はマスコミの崩壊が現実化する:門田隆将氏) | トップページ | (さぁ始まるか?アメリカVs.イラン本格戦争) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (今年はマスコミの崩壊が現実化する:門田隆将氏) | トップページ | (さぁ始まるか?アメリカVs.イラン本格戦争) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト