« (アメリカとイランの『プロレスごっこ』) | トップページ | (海自P3C哨戒機・2機が、中東へ出発) »

(「誤爆でした」で通るのかイラン:旅客機の撃墜)

2020年01月11日
(「誤爆でした」で通るのかイラン:旅客機の撃墜)


https://www.sankei.com/world/news/200111/wor2001110029-n1.html


・人を刺して「手が滑りました」、人を撃って「誤射でした」では通らない世間である。ところが国になると「誤爆でした」が通るのか?イランは最初、「我らではない、アメリカの言い掛かりだ」と強弁していたが、イラン軍ミサイルの破片など「動かぬ証拠」が出て来たのだろう。


・となれば、〔安倍ちゃん〕が〔ハメネィ師〕と面談しているタイミングで、日本向けのタンカーが襲撃され、夜陰に紛れて『イラン革命防衛隊』が魚雷の破片などを回収していた〔アメリカの映像〕も説得力が有る。朝鮮半島と同じで、中東も〔嘘が平気な国〕なのか。


・気の毒なのはミサイル攻撃された〈乗員乗客176人全員が犠牲となった〉ウクライナ国際航空のボーイング737-800型機である。ウクライナはイランを許さないだろなぁ。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【イランが旅客機の撃墜認める 『誤射』と声明】産経ニュース 2020.1.11 12:57」


・「【中東支局】ウクライナの旅客機が8日にイランの首都テヘランの空港を離陸直後に墜落した原因について、イランは11日、『誤って撃墜した』と声明を出した。AP通信が伝えた。声明は『人的ミス』により撃墜したとしている」


・「墜落したのはウクライナ国際航空のボーイング737-800型機で、乗員乗客176人全員が犠牲となった」・・・

« (アメリカとイランの『プロレスごっこ』) | トップページ | (海自P3C哨戒機・2機が、中東へ出発) »

コメント

冴えちゃんです。
イランのミサイル攻撃の際、TVでは「16発のミサイルが打たれた。 そのうち14発の着弾が確認された」と言っていたが、私は残りの2発はどうしたのか?ととっさに思った。 ところが、そのことについての報道がまったく無く、おかしいなと思っていたが、なんのことはない、発射直後に民間機を誤爆していたとは! まったくもって近代兵器は恐ろしいものです。

なお、逃亡犯ゴーンについて。 私は彼を POOR GHOSN (哀れなゴーン)と呼んでいます。 マスコミがあまり騒がないように願っています。

冴えちゃん様、

コメント、有難うございました。全くもってケシカラン話ですが、旅客機の乗員に
アメリカ人は居なかったのでしょうね。アメリカ人が10人ほども犠牲になっていれば、
再選しか頭に無いトランプが、こんなに大人しい筈がありませんから.。
これでイランの観光業もペケですね。

冴えちゃん様、

追加コメントです。〔カルロス・ゴーン〕に対し、哀愁を帯びた「哀れな」は如何な
ものでしょうか?『男の背中』は〔鶴田浩二〕アニィで終わっています。

私は〔トンズラ・ゴーン〕1本で通しますよ。

織伊様
私の「哀れな」は「落ちぶれた」と言う意味で、「トンズラゴーン」とどっこいどっこいです。 冴えちゃん

冴えちゃん様、

あはは、失礼しました。日本語なら『うらぶれゴーン』ですね。
それにしても日産自動車、大丈夫なのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (アメリカとイランの『プロレスごっこ』) | トップページ | (海自P3C哨戒機・2機が、中東へ出発) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト