« (始まったアンチ反日の日韓連携) | トップページ | (弘中弁護士に懲戒請求 ゴーン被告逃亡「故意か重過失」) »

(『がんばれ!!タブチくん!!』おめでとう!:NPB野球殿堂入り)

2020年01月16日
(『がんばれ!!タブチくん!!』おめでとう!:NPB野球殿堂入り)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200116/0001.html


・〔手塚治虫先生〕の世界観は別格として、私は【がんばれ!!タブチくん!!】を描いた漫画家の〔いしいひさいち氏〕は天才だと思っている。兎に角おもしろかったが、何を描かれても怒らなかった〔田淵幸一氏〕に<ぼんぼん><育ちの良さ><おおらかさ>をいつも感じていた。


・あの<虹のアーチ>のような美しいホームランは空前絶後、いかにも<ボンボンちゃんのホームラン>と言える長閑(のどか)なアーチだった。「俺が俺が」の世界だが、『田淵幸一氏の野球殿堂入り』には、みんな大喝采なのではないか?


・チラリと〔故・村山実投手〕の引退試合の言葉=「涙でサインが見えへんから、投げる球は一つや」・・・もいいなぁ。我らは〔長嶋〕〔王〕だけでなく、〔村山〕〔田淵〕も見て来られたんだ!何という<戦後復興時代>の幸せか!


・産経スペシャル・【[産経抄]1月16日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄]1月16日】産経スペシャル 2020.1.16」


・「米大リーグ、『カブス』の〔ダルビッシュ有投手〕にとって、2017年のワールドシリーズの記憶は、悪夢としかいいようがないだろう。当時、『ドジャース』に所属していたダルビッシュ投手は、『アストロズ』との第3戦に先発し、1回2/3で4失点を喫し降板する」


・「▼満を持して臨んだ第7戦でもやはり1回2/3で5点を失い、アストロズによる初制覇の引き立て役に甘んじた。もっとも、めった打ちにされたのは、配球がすべて相手バッターに筒抜けだったからかもしれない」


・「▼大リーグ機構は、アストロズが<ビデオカメラ>を使って、<ドジャースの捕手のサインを盗んでいたと断定>した。〔ルノー・ゼネラルマネジャー〕と〔ヒンチ監督〕は、球団から解任された」


・「▼さらに当時コーチとして主導的な役割を果たした、『レッドソックス』の〔コーラ監督〕の解任も発表された。大リーグを揺るがす、大スキャンダルに発展しそうな雲行きである。サイン盗み問題は、高校野球でも疑惑が持ち上がったように、日本球界も人ごとではない」


・「▼とはいえ、この人だけは無縁だったのではないか。今年<野球殿堂入り>を果たした〔田淵幸一さん-(73)である。強打の捕手として活躍した田淵さんは、サインを見られても気にしなかった。『投手の球に力があれば、そう打たれるものじゃない』という大らかさである」


・「▼阪神に入団して1年目、エースの〔村山実投手〕は、田淵さんの出したサインと全く違う球を投げてきた。田淵さんが不満をぶつけるとこんな答えが返ってきた。『二塁走者がお前のサインを盗んで打者に伝えとるんや。これがプロの世界や』」


・「その村山投手の引退試合で、田淵さんは尊敬する先輩から名言を引き出している。『涙でサインが見えへんから、投げる球は一つや』」・・・


《昨日<野球殿堂入り>が決まった田淵幸一さん》

Photo_20200116160301

« (始まったアンチ反日の日韓連携) | トップページ | (弘中弁護士に懲戒請求 ゴーン被告逃亡「故意か重過失」) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (始まったアンチ反日の日韓連携) | トップページ | (弘中弁護士に懲戒請求 ゴーン被告逃亡「故意か重過失」) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト