« (赤穂浪士を売るには、〔中山安兵衛〕中心のアニメで展開) | トップページ | (日米安保改定60年:その1) »

(美誠4強 カットマンをたった21分で攻略)

2020年01月18日
(美誠4強 カットマンをたった21分で攻略)


https://news.livedoor.com/topics/detail/17681981/


・私は〔伊藤美誠選手〕のファンである。仇名は〔マンマル月夜〕、そりゃ美人度では〔石川佳純選手〕が圧倒的だが、マンマル月夜は『決戦時』のオデコと『リラックス時』の前髪、つまり『オン・オフ』の差が極端で可愛い。


・日本では当分この『マンマル月夜時代』が続くのだろうが、〔荻村伊智朗氏〕が広めるまで何も娯楽の無かった支那大陸は、今や『卓球王国』であり、日本勢を寄せ付けないばかりか『反日教育』で「卓球は元々の国技」位に思っている。


・我らもそうだが、このマンマル月夜自身が「日本こそ卓球王国であることを示す!」と思っているだろう。頑張れ!


・ライブドアトピックス から、デイリースポーツ の記事を以下。


・「【美誠4強 カットマンをたった21分で攻略…14歳・小塩お手上げ『歯が立たない』】デイリースポーツ 2020年1月18日 10時50分」


■「卓球・全日本選手権」(18日、丸善インテックアリーナ大阪)


・「女子シングルス準々決勝が行われ、3連覇を狙う〔伊藤美誠〕(19)=スターツ=は、19年世界ジュニア選手権銀メダルの〔小塩遥菜〕(14)=エリートアカデミー=に11-4、11-3、11-3、11-3のストレートで圧勝し、4強入りを決めた」


・「日本女子のエースが、快進撃で勝ち上がってきた中学2年のカットマンを完膚なきまでにたたきのめした。変幻自在のサーブで崩しながら、強烈なスマッシュをたたき込み、相手の土俵であるラリーに持ち込ませずに次々とポイントを奪った」


・「試合時間はわずか21分。4ゲーム先取の7ゲーム制で、守備型であるカットマンの試合は1時間に及ぶこともザラだが“瞬殺”で攻略し、史上初となる3年連続3冠に前進した」


・「伊藤への初挑戦で玉砕した小塩は『全く歯が立たなかった。変化のあるカットをしていこうと思ったが、自分のしたいことを全くさせてもらえなかった』とお手上げ状態。過去に練習で戦ったことがあったものの、『(試合では)ボールの速さの幅がすごく広い。サーブは練習では手加減してくれていたが、取りにくくて、全然分からなかった』と脱帽していた」・・・


《前髪下してリラックス美誠ちゃん》

Photo_20200118200601

« (赤穂浪士を売るには、〔中山安兵衛〕中心のアニメで展開) | トップページ | (日米安保改定60年:その1) »

コメント

伊藤美誠選手のマンマル月夜を見る度にあの朝青龍を思い出します。 美誠ちゃんも朝青龍に負けず劣らず気が強そうなので更なる高みを目指して頑張って貰いたいものです。 なお、朝青龍は日本チャンピオンだったが、美誠ちゃんは世界第3位なのでもう既に追い越しているかも知れませんが・・・。  冴えちゃんより

冴えちゃん様、

コメント、有難うございました。『凄み』の話ですね。
私も〔白鵬〕には、あの〔大鵬〕に似た相撲勘の良さを感じますが、『凄み』では
〔朝青龍〕が唯一無二ではないか?と思っています。確かに〔マンマル月夜〕の
〔美誠ちゃん〕の卓球には『凄み』を感じます。

今望むのは、「朝青龍にモンゴル大統領になって欲しい」ことです。あの草原の
大地には、何か『無限の可能性が有る』のではと。

支那に先手を打たれないように、日本はもっと「かつての満州への夢」をモンゴルに
観るべきでしょう。それには朝青龍にモンゴル大統領になって貰うのが一番!彼は
実業家で、サーカス小屋を持っていたり、野心満々のようですよ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (赤穂浪士を売るには、〔中山安兵衛〕中心のアニメで展開) | トップページ | (日米安保改定60年:その1) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト