« (いっそ「在日米軍」を日本の傭兵に!) | トップページ | ([主張]死刑判決の破棄 裁判員の意義を問い直せ) »

(恩知らずの野蛮人共め!:中村医師銃撃・死亡)

2019年12月04日
(恩知らずの野蛮人共め!:中村医師銃撃・死亡)


https://www.sankei.com/world/news/191204/wor1912040021-n1.html


・温厚そうな写真を見て「あれ?」と思った。テレビで活動を観て感動を与えてくださった方だ。医師なのに『医療支援』では飽き足らず、「テロの根っ子は貧困。誰もが農業で暮らしが立てられたら」と独学で『灌漑事業』を勉強し、大河から水を引き、荒野を緑化して畑にして行く壮大なドキュメンタリーをテレビ(NHKだったろう)がやった。


・清貧に甘んじ徳に生きる・・・物静かだが崇高なお姿だった。こんなお方を殺すなんて、やっぱり野蛮人共なのだ。つくづく「徳に生きる空しさ」を感じさせる。無念でしょうが、天高くお昇りください。また必ず再放送されますから、必ず観させて戴きます。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【〔中村哲医師〕が死亡 アフガン東部で銃撃】産経ニュース 2019.12.4 16:48」


・「【シンガポール=森浩】アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードで4日、現地で医療支援などの活動を続ける日本人医師、〔中村哲さん〕(73)らが乗った車が武装勢力に襲撃された。ロイター通信などによると、中村さんは右胸に銃弾を受け、撃たれた直後は意識があったが、運ばれた病院で死亡した」


・「地元警察によると、同乗していたボディーガードと運転手らアフガン人5人も死亡した。銃撃現場には中村医師以外に日本人はいなかった。犯行声明は出ていないが、イスラム原理主義勢力〔タリバン〕は関与を否定している」


・「中村さんはアフガン支援を行う非政府組織『ペシャワール会』(福岡市)の現地代表で、長年にわたる〔医療支援〕や〔灌漑(かんがい)事業の指導〕などで、2018年にはアフガン政府から勲章を授与された。今年10月には名誉市民権も授与された」・・・


《日本人医師の中村哲さん》

Photo_20191204202101

« (いっそ「在日米軍」を日本の傭兵に!) | トップページ | ([主張]死刑判決の破棄 裁判員の意義を問い直せ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (いっそ「在日米軍」を日本の傭兵に!) | トップページ | ([主張]死刑判決の破棄 裁判員の意義を問い直せ) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト