« (昔はもっと国会議員を捕まえていた!) | トップページ | (中東派遣『妥協の産物』 米イラン配慮に腐心 『生煮え感』否めず) »

(ロシア、極超音速ミサイル〔アバンガルド〕実戦配備 あらゆる防衛網突破可能に)

2019年12月28日
(ロシア、極超音速ミサイル〔アバンガルド〕実戦配備 あらゆる防衛網突破可能に)


https://news.google.com/articles/CBMiQWh0dHBzOi8vd3d3Lm5ld3N3ZWVramFwYW4uanAvc3Rvcmllcy93b3JsZC8yMDE5LzEyL3Bvc3QtOTIwMzgucGhw0gFFaHR0cHM6Ly93d3cubmV3c3dlZWtqYXBhbi5qcC9hbXAvc3Rvcmllcy93b3JsZC8yMDE5LzEyL3Bvc3QtOTIwMzgucGhw?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・グライダー型ミサイルは、「弧を描いた着弾点」が計算出来ないので、迎撃は困難とされる。今や『北』まで持っているという。日本の〔専守防衛〕とか、アメリカに押し付けられた〔地上イージス〕が、如何に噴飯モノかが知れる。


・ただミサイルは通常「鈍足」なので、「飛行中に撃墜」という発想が生まれるが、今回のロシアの〔アバンガルド〕ミサイルは、グライダー式ながら『極超音速ミサイル』だという。アメリカの『THAAD』を嘲笑っているかのようだ。


・しっかしま、無敵・慢心の陰には、必ず「弱点」が潜む。陸や海からの迎撃が無理でも、「宇宙からの迎撃」は残されている。『アメリカ宇宙軍』は、例えば「直系50cm・長さ10m」程のステンレス棒を1万本宇宙に打ち上げて静止させ、米大陸をガードする〔鉄のカーテン〕を創るのではないか?


・このステンレス棒はインテリジェンス機能搭載で、地上局からの指令で何十本単位で発進落下出来、アバンガルドミサイル目掛けて空から落下する。軍事ド素人の爺のこの私でも、これ位は思い付くから、アメリカの「大陸バリア」が完成すれば、当然同盟国・日本にも売りつけに来る。


・日本列島が「宇宙バリア」でガードされる日は近いだろうが、はて、それまで日本の経済は大丈夫だろうか?私には二進(ニッチ)も三進(サッチ)も行かなくなっていると思えて仕方ないのだが。


・GOOGLEニュース から、ニューズウィークジャパン の記事を以下。


・「【ロシア、極超音速ミサイル〔アバンガルド〕実戦配備 あらゆる防衛網突破可能に】ニューズウィークジャパン 2019年12月28日(土)10時44分」


・「ロシア国防省は27日、最新鋭の極超音速ミサイル〔アバンガルド〕を初めて実戦配備したと発表した。アバンガルドは核搭載可能なグライダー型のミサイル兵器で、米国を含むあらゆるミサイル防衛(MD)システムの突破が可能という」


・「国防省は声明で、〔ショイグ国防相〕がアバンガルドの実戦配備を〔プーチン大統領〕に報告したと明らかにした。配備先は不明」


・「プーチン大統領は24日、アバンガルドが既存もしくは将来のあらゆるミサイル防衛システムを突破し得るとした上で『世界の国々がロシアに追従しようと必死だ。どの国も極超音速兵器を保有していないし、ましてや極超音速の大陸間弾道ミサイル(ICBM)兵器などロシアにしかない』と述べた」


・「米国防総省は声明で、アバンガルドの性能に関するロシア側の主張を『特性化しない』とした」・・・

« (昔はもっと国会議員を捕まえていた!) | トップページ | (中東派遣『妥協の産物』 米イラン配慮に腐心 『生煮え感』否めず) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (昔はもっと国会議員を捕まえていた!) | トップページ | (中東派遣『妥協の産物』 米イラン配慮に腐心 『生煮え感』否めず) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト