« (『線虫検診』と『AI検診』:どっちが早くて正確か?) | トップページ | (「70代でお仕舞い」の人生かも?) »

(〔習近平〕、拉致問題解決に暗躍して貰おう)

2019年12月19日
(〔習近平〕、拉致問題解決に暗躍して貰おう)

https://www.sankei.com/politics/news/191218/plt1912180024-n1.html


・アレもコレもの〈チャイナへの要望〉は、「努力したい」の一言で片付けられる下策だ。〈南シナ海・人工島〉問題は、『日米を含む自由主義陣営の共通課題』であり、尖閣への〈チャイナ公船侵攻問題〉は、『日米安保』の範疇である。


・令和初の国賓だった〔トランプ〕は、日本の後見役としてソレナリに活躍してくれている。令和2の国賓である〔習近平〕には、『北による日本人拉致問題の解決』に絞り、暗躍して貰ったらどうか?勿論「人攫いの『北』」が、タダでは返すまい。


・@10億円、100人で1000億円で買い戻せば良いではないか?今の『北』にとっては、100兆円の価値の「ディール」になるではないか?「『北』の非核化」などは夢物語だ。日本からのカネが、『北』の核増強に使われようが、「勘定科目の違う話」だ。ソレはソレ、コレはコレである。


・「『北』による拉致被害問題」解決に、習近平を手駒に使う。裏の話だが、立派な「国賓としての活躍」ではないか?使える手は、何でも使ってみよう。習近平だって、乗ってくれる筈だ。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【河野氏、習氏国賓来日へ『相応努力してもらわなければ』 防衛相として10年ぶり訪中】産経ニュース 2019.12.18 22:27」


・「【北京=田中一世】〔河野太郎防衛相〕は18日午後(日本時間同)、日本の防衛相として10年ぶりに中国を訪問し、〔魏鳳和国務委員兼国防相〕と会談した」


・「河野氏は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での中国公船の航行や航空機の飛行に『強い懸念を持っている』と述べ、軍事的挑発を続ける中国側に自制を求めた」


・「また、来春の〔習近平国家主席〕の国賓来日に向け『良好な(来日の)環境をつくっていく必要がある。中国側に相当努力をしてもらわなければいけないことがある』と伝え、懸念の解消に向けて前向きに取り組むよう促した」


・「中国が南シナ海で人工島を建設し軍事拠点化を進めている問題にも言及し、非軍事化を図ることが重要だとの考えを伝えた」


・「魏氏は『両国間の防衛分野における交流の絶えざる発展を推進したい』と強調。両氏は、来年中の魏氏の来日に向け調整を進める方針で一致した。北朝鮮の核開発を念頭に、朝鮮半島の非核化に向けた連携推進も確認した。 河野氏は、中国共産党中央軍事委員会の〔許其亮副主席〕とも会談した」・・・


《中国の魏鳳和国務委員兼国防相(右)と握手する河野防衛相=18日、北京(防衛省提供・共同)》

Photo_20191219101101

« (『線虫検診』と『AI検診』:どっちが早くて正確か?) | トップページ | (「70代でお仕舞い」の人生かも?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (『線虫検診』と『AI検診』:どっちが早くて正確か?) | トップページ | (「70代でお仕舞い」の人生かも?) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト