« (どっち向いて言っているのか?:中央日報) | トップページ | (少量の酒でもがんのリスクが5%増加 1日ワイン1杯程度でも) »

(トランプよ、腹を括る時ではないのか?)

2019年12月09日
(トランプよ、腹を括る時ではないのか?)


https://news.google.com/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vaGVhZGxpbmVzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hsP2E9MjAxOTEyMDktMDAwMDAwNjMtcmV1dC1rctIBAA?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・〔トランプ〕は「トンチャンリ大統領だった!」と言っても過言では無い。〔金正恩〕の「東倉里(トンチャンリ)の核施設は、破壊・撤去した」という嘘を、「嘘と知りつつ」最大限に喧伝して来たからだ。


・『北』は今回、「それは真っ赤な嘘だった!」と自ら証明し、トランプを「老いぼれ呼ばわり」している。トランプは未だ腹が括れてないのか「『北』は賢明だから、敵対行為には奔らないだろう」などと悠長なことを言っている。


・トランプに「誉め殺し」されても、『北』は年が越せないのだ。かと言って、トランプに「年末・年始資金を呉れ」とも言えない。当然〔核〕を手放す気など更々無い。ハナから無かったのだ。ここは一番、やっぱり〔核弾頭ナシ〕の中距離ミサイルを、在日米軍基地の〔岩国〕〔佐世保〕辺りに撃ち込むしか、トランプの目は覚めないのではないか?


・大日本帝国は、「1年程アメリカと派手に戦って、〔ソ連〕に仲裁を頼もう」などと甘い見通しで真珠湾を叩いたがアテが外れ、3年8ヶ月余の地獄を見た。そう言う意味では『北』は賢明だ。仲裁役は〔チャイナ〕と〔ロシア〕の2大国がアテに出来る。両国とも“競って”仲介役にシャシャリ出るだろう。


・だから「核は使わない」と私は読むのだ。日本のアホ野党も、ミサイルが飛んで来たら『花見騒ぎ』どころではない。国民も『憲法改正』に目覚めるだろう。意外に〔安倍ちゃん〕もソレを待っているのかも知れない。


・GOOGLEニュース から、ロイター の記事を以下。


・「【北朝鮮がトランプ米大統領発言に警告、『金委員長が評価変更も』】ロイター 12/9(月) 18:53配信」


・「[ソウル 9日 ロイター] - 北朝鮮の〔金英哲朝鮮労働党副委員長〕は9日、〔トランプ米大統領+が『不適切で危険な』発言を続ければ、〔金正恩朝鮮労働党委員長〕は同大統領に対する評価を変える可能性があると述べた。また同大統領を『イライラした老人』と表現した」


・「北朝鮮国営の『朝鮮中央通信(KCNA)』によると、金英哲氏は声明文で、非核化協議で米国のスタンス軟化のために設定した〔年末の期限〕を米国は無視していると指摘。『われわれが失うものはこれ以上何もない』とした」


・「北朝鮮は8日、東倉里の西海衛星発射場で『非常に重要な』実験に成功したと発表した。これに対し、トランプ米大統領は、敵対的な行為を再開すれば金正恩朝鮮労働党委員長は『すべて』を失う恐れがあると警告し、非核化の必要性を強調した」・・・

« (どっち向いて言っているのか?:中央日報) | トップページ | (少量の酒でもがんのリスクが5%増加 1日ワイン1杯程度でも) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (どっち向いて言っているのか?:中央日報) | トップページ | (少量の酒でもがんのリスクが5%増加 1日ワイン1杯程度でも) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト