« (LLBean騒動・眼鏡騒動・テレビ騒動) | トップページ | (米国務省、日本に弾道ミサイル警告した北朝鮮に『挑発はやめろ』) »

(子供への命名)

2019年12月03日
(子供への命名)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20191202/0001.html


・「たたり」という字が有る。正式には「出カンムリ」に「示」だが、一見「山カンムリ」に「宗」にも見える。親に「崇=たかし」と命名されたその坊やは、旅の僧に「タタリに近い名は止めた方がいい」と言われ改名したが、「親が付けてくれた名前」に拘って【山宗(やまそう)】という会社を興して成功する。


・親しくよく呑んだが、先日私の夢枕に立ったので、彼の会社のホームページを見たら、彼は『金無垢の胸像』になって会社正面に居た。彼は精一杯生きたんだ!そして親を思う一念が、彼を成功させたと思っている。


・名付けは、殆どが父親の仕事だ。私も二人の子の命名の時には頑張った覚えがある。読書量が多かったのが災いした記憶が有る。次から次へとナンボでも名が浮かぶが、『画数』の吉凶というハードルが在るので難儀した。私にはその『画数』も『手相』も無縁で、58歳から『5がん6バトル』を闘っていることを考えれば〔茶番〕ではあるが。


・しっかしま、この世に生を受ける子に、願いを込めて「精一杯良い名を送る」のは親の務めである。だが「精一杯良い名を送った父親」は放られて、若い男を咥え込む若い母親の配下にいる「子ら」の名前が哀れだ。虐待される子らにキラキラネームが多いのも切ない。


・産経スペシャル・[浪速風] から、きじを以下。


・「【[浪速風]令和に思う『今年の漢字』と子供の名前】産経スペシャル 2019.12.2】


・「やはり〔和〕ではないか。師走の恒例、今年の漢字である。ベタ過ぎるかもしれないが、令和元年だ。きっと〔令〕も〔和〕も上位に入るはず…と思っていたら、親御さんにはどちらも不人気だったそうだ。『明治安田生命保険』が今年生まれた赤ちゃんの名前ランキングを発表した」


・「▼人気の1位はというと、男の子は〔蓮〕、女の子は〔凛〕で、主な読み方は『れん』と『りん』だった。〔令和〕の漢字を使った名前はいずれもトップ10には入らず、昭和の〔昭子さん〕や平成の〔翔平君」の時代とは、さま変わりしている」


・「▼いやいや、ちょっと待て。男の子の2位に入った『新(あらた)』は、昨年の15位から大躍進したらしい。新しい時代に迎えた新たな命への喜びが、そこに込められていると思いたい。同じ日に公表された『犯罪白書』では、児童虐待の検挙件数が15年で6・5倍に増えたという。名前を付けたその日の思いを忘れてほしくない、と願うばかりだ」・・・

« (LLBean騒動・眼鏡騒動・テレビ騒動) | トップページ | (米国務省、日本に弾道ミサイル警告した北朝鮮に『挑発はやめろ』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (LLBean騒動・眼鏡騒動・テレビ騒動) | トップページ | (米国務省、日本に弾道ミサイル警告した北朝鮮に『挑発はやめろ』) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト